2005年05月

2005年05月21日

ストレス発散!

≪ペット関連の人気ブログはここをクリック!≫

健康のためには歩くことが大切・・・犬も同じかもしれないですよね。 わが家のモモは1日に何歩くらい歩いているのだろう? モモと散歩をしながら考えてしまいました。

散歩は15〜20分くらい、途中で草のにおいを嗅いだりしてちょっと寄り道。 ちっちゃな体でチョコチョコと歩いてたまに走って、散歩以外には小さな庭でダッシュしたり部屋の中で走り回ったり。

毎日けっこうな運動量、雨の日は体を休める休養日?になっています。 モモは足腰がしっかりしていて筋肉も十分発達しているので見た目よりも体重が・・・ でも健康な証拠!

モモは雨の日が嫌いらしく、散歩に行けないので窓からボーっと外を眺めていることがあります。 そんな日はおもちゃで遊んでストレス発散! 咥えるのにちょうど良い大きさのおもちゃを選び、振り回してテニスボールを弾く。 転がったテニスボールを一生懸命追いかけるの繰り返し。

自分なりのストレス発散法があるようです。


◇◆ モモの成長記はこちらのHPからどうぞ! ◆◇


≪ペット関連の人気ブログはここをクリック!≫

wanderlandwan at 02:16日記、活動報告 この記事をクリップ!

2005年05月20日

モモの近況

3fab5dd5.jpg≪ペット関連の人気ブログはここをクリック!≫

最近のモモはちょっぴり食欲が低下気味・・・。 暑さのせいなのかいつもの気まぐれなのか、元気は相変わらずなのですが。

去年の夏は暑さのせいで被毛がスカスカになっていましたが今年はどうだろう? なんとなくボリュームがなくなってきたような感じもします。 今年はサマーカットでもしてあげようかな。

そんなモモも5回目の夏を向かえ暑さ対策は自分なりに考えているような感じ。 最初に向かえた夏はモモが生後6ヶ月頃、サークルの外で遊ぶ時間が多く今思うと一番の反抗期だった時期。 家の中の涼しい場所を見つけてその場所でくつろぎ、上目づかいでこちらを見ていたのを思い出されます。

暑い時期は涼しくなるのを待って散歩をせがんできます。 季節に合わせて自分の生活のペースも変えている、そんなモモも毎日大の字になって熟睡していますzzz



◇◆ モモの成長記はこちらのHPからどうぞ! ◆◇


≪ペット関連の人気ブログはここをクリック!≫

wanderlandwan at 00:02日記、活動報告 この記事をクリップ!

2005年05月19日

命あるもの

4a91c4de.jpg
人気ブログ大集合!!

「子犬を買い取ってもらえますか?」

またまたこのようなお問い合わせが増えてきました。 子犬を生ませたのは良いが飼い主さんが見つからない、ペットショップに買い取りを依頼したらタダ同然の価格を提示された・・・

当店はこのような買い取り依頼はお断りをさせていただいております。 みなさまはどう思われますか? ブリーダーの基準って何なのでしょう?

犬種のスタンダードを意識し、血筋や親の組み合わせを考えプロ意識をもって繁殖を行っているブリーダー、高く売れるのではと考え愛犬に子犬を生ませるブリーダー?

安易な買い取りや子犬情報の募集を行なっているネット業者、とくに基準がなく誰でも気軽に子犬情報を掲載できるネット掲示板。 そしてペットショップが仕入れを行うオークション(競り市)へ代行して子犬を連れて行く業者。 誰でもブリーダになれる環境が日本は整ってしまっているのかもしれません。

最近は子犬の価格差が非常に大きくなっているように思います。 それはなぜだろう・・・?

プロ(子犬販売や繁殖に携わる人)は子犬をシビアに見ます。 それは業者専用のオークション(競り市)でも同じ、価格には理由があるのです。

大量仕入れ、大量販売、安いですよ!がウリのペットショップ、こだわって信頼(実績)のあるブリーダーからしか子犬を仕入れないペットショップ。 同じ陳列販売でも価格は全く違います。 それはネットでも同じ、どのような基準でブリーダーと接し子犬情報を収集しているかで全く違ってしまいます。

子犬販売ではなく他の物販店も同じですよね。 お店のコンセプト、仕入れの基準で価格や品揃えが全く違ってくる。 興味あるもの(例えば自分の趣味)で考えると良いのかもしれません。 価格だけでなくいろいろな要素を含めて見比べるのではないでしょうか。

「子犬を買い取ってもらえますか?」というお問い合わせが来るたびにいろいろなことを考えてしまいます。



◇◆ 子犬情報はこちらのHPからどうぞ! ◆◇


人気ブログ大集合!!









wanderlandwan at 01:36犬関連の記事 この記事をクリップ!

2005年05月18日

動物保険は必用・・・?

1b66e5a5.jpg人気blogランキング!!

動物保険は必用かどうか・・・。

子犬の時期は環境変化やストレスによる体調変化、成長後はどちらかというと病気よりケガ、歳をとってからは子犬の時期と違った体調変化と病気。 何もなければ掛け捨ての保険となってしまいますが、やはり加入していると安心だと思います。

昔と違い動物医療も進歩し、今まではわからなかった病気のサインなどもわかるようになっているといいます。 

子犬を迎えたときは環境に慣れるまでは不安定、ちょっとしたストレスで体調を崩してしまうことがあります。 この体調変化は病気とは違いストレス性の場合がほとんど、人間も知らない場所に連れて行かれて知らない人たちに囲まれて生活すると緊張などから体調を崩してしまう場合がありますよね。

当店でも動物保険の資料をお届けしております。 加入するかどうかは飼い主様の考え次第、資料請求後の勧誘等はありませんのでお気軽に資料請求をご利用くださいネ!

◇◆ 保険資料請求はこちらのHPからどうぞ! ◆◇


人気blogランキングに参加中です!!












wanderlandwan at 16:32犬関連の記事 この記事をクリップ!

2005年05月16日

子犬情報を更新しました

人気blogランキングに参加中です!!

子犬情報を更新しました。

チワワ、ダックス、キャバリア、シュナウザー、パピヨンetc まだ目が開いてきたばかりの子犬もおりますが、みんな順調に成長中です。

注意して見ていただきたい部分は体(胴回り)、みんな子犬らしくコロコロ丸々としています。 子犬の時期は痩せていてはいけません、丸々しているくらいが良いのです。

可愛らしい姿をぜひごらんくださいネ!

◇◆ 子犬情報はこちらからどうぞ! ◆◇


人気blogランキングに参加中です!!







wanderlandwan at 23:34子犬の情報 この記事をクリップ!

2005年05月15日

子犬情報、そして家族が増えた日

31931b1a.jpg人気blogランキングに参加中です!!

4月末頃に生まれた子犬たちの目が開き、動きも出てきました。 休み明け頃に情報を掲載予定です。

多くのお問い合わせをいただいておりましたM・シュナウザーの情報も掲載予定。 その他、パピヨン・ダックス・チワワ・キャバリアetc、もう少しお待ちくださいネ!

子犬見学終了後にご予約をいただいていたボストン・テリアの男の子をお届け。 子犬画像でご予約をいただいていたので飼い主さまと子犬は初対面、第一声が「ちっちゃくてカワイイ!」。 

用意していただいたサークルに子犬を入れると嬉しそうにサークル内の探検開始! いろいろな説明の間にフードをふやかしていただき、ちょうど良くなったところでサークルの中に入れていただくと・・・待ってましたと言わんばかりにぺロッと食べてしまい、その食欲を見て飼い主さまも安心。 その後も用意していただいたベッドやおもちゃを嬉しそうにガジガジとイタズラ開始。

丸々しっかりした体つきと無邪気で天真爛漫の様子にみんなで笑顔になってしまいました。 この仕事をしていて一番嬉しい瞬間、それが飼い主さまの笑顔と嬉しそうな子犬の姿を見たときです。

あの男の子はなんて名前になるのかな・・・?


人気blogランキングに参加中です!!

◇◆ こだわる子犬の専門店 Wan-der-land ◆◇


携帯電話で愛犬の様子を確認できるなんて・・・!

  ↓   ↓   ↓





wanderlandwan at 01:29子犬の情報 この記事をクリップ!

2005年05月14日

子犬さがし・・・5

人気blogランキングに参加中です!!


数回にわたって私の考える子犬のさがしかたをご紹介させていただきましたが、大切なのは「子犬を迎えるということはその子犬の一生に責任を持つ」ということです。

「犬を飼うと自由が少なくなる」、「旅行にいけなくなる」などマイナスなことを考えてしまうようなら犬を飼うことをあきらめてください。 飼い主の都合で飼育を放棄されてしまった犬が毎年増加している事実を忘れないでください。

犬は自分で飼い主を決めることが出来ません、与えられた環境で精一杯生きて行くのです。 母犬から早い時期に離され、兄弟や仲間と遊び触れ合うことを知らずに陳列ケースに入れられてしまう多くの子犬たち。 ブリーダーやショップの責任と同じくらい「子犬を見にショップへ行く人たち」にも責任があると思います。 

深夜営業や通りから見えるガラス張りの陳列室、連休などに会場を借りてのイベント販売に集められた子犬たち。 子犬の気持ちを考えたことはありますか?

某TV番組でスケルトンハウスの中で生活する企画がありましたが、常に見られてゆっくりできない環境は精神的に悪影響を及ぼしてしまいます。

このブログを読んで、当店のHPを見て、子犬の陳列販売店に関して疑問を持ってくれる人たちが増えることを望みます。


人気blogランキングに参加中です!!

◇◆ こだわる子犬の専門店 Wan-der-land ◆◇


携帯電話で愛犬の様子を確認できるなんて・・・!

  ↓   ↓   ↓





wanderlandwan at 01:34犬関連の記事 この記事をクリップ!

2005年05月13日

子犬さがし・・・4

d744ecf0.jpg人気blogランキングに参加中です!!

子犬のさがしかた・・・4回目は購入方法。

購入方法は何を優先するかで変わってきます。 住まいの近くで便利にさがすならペットショップ(陳列販売店)、ノビノビ育った子犬、迎えるまでの生活環境を重視するならブリーダーから(直譲販売店も含む)、できるだけ安く(できれば無料)という希望であれば個人売買・・・ それぞれ注意する点があります。

1つ覚えていていただきたいのが子犬を迎える生後日数。 いろいろな考えかたがありますが、小型犬の場合の50日未満は注意が必要。 最近は生後50日未満の子犬たちがあたりまえのように陳列販売させていますが、生後30〜50日頃はとても不安定な時期。 

もし私が生後50日未満で小型犬を渡されたらとても慎重になるでしょう。 そして、渡されるまでの離乳や親離れ、社会化訓練などのことを考えるととても不安になると思います。

ブリーダー(繁殖者)にとっては早い時期に子犬を渡してしまうことは不安定な時期の飼育を回避できるのでとっても楽。 でも子犬にとってはとても過酷・・・。

あわてずに離乳、親離れ、社会化を行ない子犬の成長の様子を見ながら渡してもらえる時期を決めてくれるなら安心、陳列販売店であれば50日未満の小型犬がいたとすれば私はその時点で×!

ネットで購入する場合は出来る限り子犬見学をすること、子犬見学完全拒否のネット業者は注意しましょう。 そして画像で決定する場合も必ず電話で子犬に関して質問すること、いろいろな質問をすることで子犬を迎ええた後のフォローの参考にもなります。

人気blogランキングに参加中です!!

◇◆ こだわる子犬の専門店 Wan-der-land ◆◇






wanderlandwan at 02:53犬関連の記事 この記事をクリップ!

2005年05月12日

子犬さがし・・・3

b9380325.jpg子犬のさがしかた・・・3回目は毛色や柄、そして顔つきや体型。

人間と同じように犬もそれぞれ個性があります。 同じような毛色に見えても微妙に違う、顔つきや体型は兄弟でも違う。

「親犬を見なさい」という子犬探しの参考書やネット情報が多いらしく、子犬をしっかりと見ないかたも増えています。 悪質な販売店、ブリーダーは「親として見せるための成犬」が存在し、お客様を安心させてしまうのです。

好みの毛色、柄をしっかりと決めること。 人気の毛色、稀少毛色、きれいで整った柄などは価格が高くなる要素になります。 逆に数の多いスタンダードカラーや特徴的な柄(片パンチなどの人気の柄を除く)は同じ犬種でも価格が低めの場合が多くなります。

ミスカラーなどは健康状態にはほとんど関係ないので、「個性的」と考えれば問題はありません。 日本では整った柄が人気ですが、アメリカ等では個性的な柄が人気だそうです。

体型も理想(犬種のスタンダード)に近いと価格が高くなる傾向があります。 胴の長さや足の長さを気にしたことがありますか? 

いずれにしても全く同じ子犬というのは存在しないので、ここでも「可愛い」と感じた子犬を迎えることが大切。 

そのためには子犬を迎える準備ができているかどうかが重要です! 迎える準備とは環境よりも「気持ち」のこと。 サークル等の環境は用意しようと思えばすぐに準備可能ですが、気持ちの準備が整っていないといくら理想の子犬が見つかったとしても迎えることは出来ません。 「理想の子犬が見つかったらすぐにでも連れて帰りたい」くらいの気持ちが必要!!

話はそれてしまいますが子犬探しは気持ちの準備が整ってから始めてください。 「とりあえず子犬を見に行こう」気軽にショップに見に行ける日本独特の文化 “子犬の陳列販売” 、どれだけ多くの子犬たちが早い時期に親兄弟と無理矢理離されて過酷な環境での生活をしているか考えたことがありますか?

時間に余裕があれば最寄り空港の貨物受け取り所を視察するとわかります。 各地から送られてきた子犬たちを業者が車に詰め込む姿、ショップに連れて聞かれるのかそれとも競り市(オークション)に連れて行かれるのか・・・。


◇◆ こだわる子犬の専門店 Wan-der-land ◆◇

人気blogランキングへ







wanderlandwan at 01:58犬関連の記事 この記事をクリップ!

2005年05月11日

子犬さがし・・・2

子犬のさがしかた・・・2回目は性別。

以前もお伝えしましたが、「メスのほうが飼いやすいですよ」という飼育書やネットの情報が多いようでお問い合わせいただく7〜8割のかたがメスを希望。 本当にメスが飼いやすいの?

性別による飼いやすさというよりそれぞれの特徴を理解することが重要! 間違った先入観を捨てることが大切かもしれません。

オスが敬遠される原因の多くが足を上げてオシッコをすること、そしてマーキングの心配。 ご存知ですか? 最近はオシッコのときに足を上げないオスが増えていることを・・・。

家族として迎えられた子犬は縄張り意識がなく育つためか、家の中では安心しきっているためか、家の中では足を上げなかったり全く足をあげないというオスが急増中です。 

また、トイレのシツケを失敗していることとマーキングを勘違いしてしまっているケースも多いようです。

将来子犬を生ませたいという希望があればメスを迎えるほうが良いと思いますが、とくにそのような希望が無い場合は性別にこだわらずに「可愛い」と思った子犬を迎えることが大切だと思います。

とくに「メスを迎えて避妊手術を・・・」とお考えの場合はメリットとデメリットをしっかり認識することが重要。 営業上手な動物病院は「手術費用による利益」のために避妊手術のメリットばかりを説明するようですがデメリットもあるのです。

ブリーダーさんの愛犬は意外とオスが多い・・・ その理由を知ると考えかたが変わってしまうかも・・・


◇◆ こだわる子犬の専門店 Wan-der-land ◆◇







wanderlandwan at 01:59犬関連の記事 この記事をクリップ!
子犬の広場へようこそ!



<< 店長のお店 >>
ブリーダー直譲子犬販売
“ ワンダーランド ”
↓  ↓  ↓



アンケートにご協力ください♪
↓  ↓  ↓

リンク集




ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」


あなたを犬に例えると?
↓  ↓  ↓
犬診断(いぬのきもち)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


モモ&モカも参加中です♪♪♪
  ↓  ↓  ↓
deco_blog_with2_net-5

コメントをご紹介♪
愛犬を登録しよう!



以前の記事
子犬の広場モバイル
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)