2006年01月

2006年01月30日

子犬情報(キャバリア)

6e9fddf6.jpg以前から根強い人気があったキャバリア。 最近はテレビの影響もあってかお問い合わせいただく件数が非常に増えてきました。

今回、情報を掲載した子犬たちはブレンハイム(画像)、ルビー、トライ。 それぞれ特徴がある8頭の子犬たちです。

明るい性格で飼い主さんが大好き、攻撃性がほとんどなくのんびりと犬と付き合いたいというかたたちにも人気の犬種。

子犬の時期はとってもヤンチャ・・・

温厚な性格で知られるキャバリアも子犬の時期はとっても活発。 飼い主さんと遊びたくて突進してきたり、手やズボンの裾を噛んできたりととにかくヤンチャ。 おもちゃを咥えて狂ったように振り回したり・・・。

ゆっくりのんびりと散歩・・・

成長してお散歩にもなれると飼い主さんのペースに合わせて歩いてくれる、とにかく飼い主さんに誉められたり一緒に行動することが大好き。

そんなキャバリアも広い場所では本当に楽しそうに足り回るんです。 走り回っている姿を見てくれている飼い主さんの笑顔が嬉しいのかもしれないですよね。



キャバリアは飼い主さんに、環境に合わせて生活することが本当に苦にならない犬種なのかもしれません。
これからキャバリアの子犬を迎えるかたは子犬の時期のパワフルさにビックリしないようにしてくださいネ!




wanderlandwan at 03:21コメント(0)子犬の情報 この記事をクリップ!

2006年01月29日

もうすぐ掲載

ad5b4a85.jpgキャバリアをお探しのかたへ・・・。 埼玉幸手犬舎の最新キャバリア情報をもうすぐ(明日までには)掲載する予定です。

画像は掲載予定のルビー、その他にもブレンハイム、トライが生まれています。 まだ完全に目が開いていない状態ですが、毛色の感じや柄の感じはわかっていただけると思います。

キャバリア以外にもプードル、ダックスフンド等の最新情報、画像を掲載予定。 もう少しお待ちくださいネ!



wanderlandwan at 21:33コメント(0)子犬の情報 この記事をクリップ!

2006年01月28日

頑張れ男の子

f50e6769.jpg子犬を探している多くのかたはメスを希望、当店への問合せもメスの希望が6〜7割くらい。 なぜだろう・・・?

性別以外の条件が同じであれば価格もメスのほうが高いというのが現状。 出生数に対して希望する人の数が多く、特に人気の小型室内犬の場合は5〜10万円くらい差がでてしまう場合も珍しくありません。

子犬見学やお問い合わせいただいたときにお客様と話をしていると下記の理由が多いようです。

「メスのほうが飼いやすい」という情報が多い・・・

これはとっても安易な情報だと思います。 飼いやすさに差はなく、それぞれ性別による特徴を理解してあげることが大切!

メスの場合はオスには無い婦人科系の病気の可能性もあることも忘れないように・・・。

マーキングが心配・・・

これはトイレを覚えていないことと混同してしまっている場合も多いと思います。 1歳頃まではなかなか落ち着かないヤンチャな時期なのでトイレを覚えていてもわざと違うところでオシッコをしたり、遊びに夢中で間に合わなかったり忘れてしまったり・・・。

昔とは犬の飼いかたも変わり、犬も家の中では他の犬に自分の存在をアピールしたり縄張りを示す必要がありません。 お腹を出して大の字で寝ていたりする犬が増えているのもその証拠、家の中は犬にとって安心してくつろげる快適な場所なのです。

オシッコのとき足をあげるのが嫌・・・

これを否定されてもオス犬は・・・。 でも最近は足を上げないでオシッコをするオスも急増中です。 家の中では足を上げないけれど散歩に出ると足をあげたり、あとは子犬の時期の教えかたで足を上げなくなるオスも多いようです。

早い時期に去勢をすると足を上げない場合も多いという統計も、やはり生活環境が変わってきていることが影響していると思います。 

人間の男も座って・・・っていう人が増えているなんて話もありますよね。



「将来子犬を生ませたい」という希望がなければあまり性別にこだわらなくても良いと思います。 理想の毛色や柄で可愛いと感じた子犬を迎えてください。

オスは甘えん坊で飼い主さん大好き! なんです(^−^)



2006年01月27日

子犬情報(チワワ)

541e1baf.jpg画像は現在HPに掲載中のブラック&タン。 チワワはどんな毛色でも良く、親犬とは全く違う毛色が生まれたり、兄弟みんな違う毛色の場合も多くあります。

毛質も兄弟の中でロングとスムースがいたりと親のキャリー(遺伝子)でいろいろな子犬が生まれる可能性があります。 毛質の判断が難しいケースも稀にあり、成長の様子を見て判断しなければいけない場合もあります。

ロングも被毛の感じは様々で個性があります。 ロング・チワワはもともとスムース・チワワにパピヨンの血をいれて改良された犬種なのでどことなくパピヨンっぽい雰囲気が残っているように感じることも・・・。

チワワを迎えたときの注意点は・・・?

食事の与えかたに注意が必要、シツケばかりを気にして食事の与えかたを間違ってしまうと大変です。 遊び食いをしたりする場合もあるのでまずは食べることを優先した育てかたが重要です。

低血糖をおこしてしまうケースもあるので環境に慣れるまでは予防してあげるのも大切です。 当店ではチワワに限らず子犬お渡し時に低血糖を予防する簡単な方法をご説明させていただいております。

基本的には明るく元気で活発ですが、環境に慣れるまで少し時間のかかる子犬もいます。 迎えたときの子犬の様子を見て、その子犬にあわせた迎えかたをしてあげるのも大切!

最近は低血糖症の判断ができない動物病院も多いようで、すぐに伝染病の診断をされてしまうケースが急増中です。 低血糖症に気付かないで検査ばっかり、その検査の時間内も子犬の状態は悪くなっているのに・・・。

最初の対応が子犬の命に大きくかかわってしまう! 

子犬を迎えた後もしっかりと連絡がとれてアドバイスがもらえる販売店・ブリーダー選びが大切かもしれません。



wanderlandwan at 17:01コメント(0)子犬の情報 この記事をクリップ!

2006年01月26日

子犬情報(ポメラニアン)

b957c9b1.jpg画像はクリームのポメラニアン。 まだポメラニアンらしくないので「なに犬?」って感じですよね・・・。

今回掲載したポメラニアンはホワイト、クリーム、オレンジとみんな毛色が違う、それぞれ個性があって良い感じです。

父犬は愛犬誌に登場している有名なホワイト・ポメラニアン(JKCチャンピオン)の子供、子犬たちにとって祖父犬になります。 良い血筋を受け継いでいるので成長が楽しみ!

生後35〜40日頃から被毛がモコモコしてきてポメラニアンっぽくなってきます、動きが活発になるのもその頃。

私がポメラニアンの子犬を見るときのポイントは顔の詰まり具合と胴の長さ、そして毛量です。 顔は好みがありますが、胴が詰まって毛量が多いと成長後のバランスが良く丸々モコモコして可愛らしい感じになります。

幸手犬舎で生まれるポメラニアンたちは毛量(被毛の密度)が多く良い感じ、顔の感じや胴の詰まり具合も良! 血筋や親の組み合わせを考えるのは「犬種のスタンダード(理想の姿)」を意識しているからです。

ポメラニアンの性格は・・・?

明るくて活発、遊びが大好き! 「うるさい」というイメージを持っているかたも多いようですが、特別うるさいわけではありません。 ちょっと臆病で気の小さいところもポメラニアンの特徴、はしゃぎすぎて怒られると「シュン」となってしまう姿も可愛らしいんです。

悪いことをしたら思いっきり怒る、そして「シュン」として反省していたら少し時間をおいて遊んであげる。 怒りっぱなしはポメラニアンにはかわいそう、反省しているようであれば遊んであげながら心のケアをしてあげることが大切。

賢いので飼い主さんに怒られたこと、誉められたことでいろいろなことを学習して行きます。 体全身で嬉しさを表現してくれる姿も可愛いですよ! 



wanderlandwan at 01:32コメント(0)子犬の情報 この記事をクリップ!

2006年01月25日

新しい家族!

9c27caa7.jpg昨年末に新しく追加した「家族が増えた日」ページでは子犬をお届けしたときの様子をご紹介させていただいております。

当店では犬舎での子犬のお渡し以外に、飼い主さんのもとまで子犬のお届けもさせていただいております。 お届けが難し地区もあるのですが・・・(申し訳ございません)

お届けしたときにサークル内の間取りをアドバイスさせていただいたり、疑問や質問にお答えをさせていただいております。

お届けしたときの子犬を見ているととっても嬉しそう! サークルに入ったときは数秒だけ固まってしまうのですが、気がつくとおもちゃやなどに興味を示し行動を開始するんです。

自分専用に用意してくれたおもちゃやベッド(ハウス)、ブリーダーのもとでは仲間との共同生活だったので自分専用というよりは共同のものがほとんど。 そして子犬見学で会って以来の飼い主さんとの再会に少々興奮気味。

最近は寒さ防止の意味もあって「テント型?のハウスがサークル内にあると良いですよ」とアドバイスをさせていただいているのですが、夜鳴き防止の効果も期待できそう!

ハウスの中で寝るのは落ち着くようで寂しさ防止の効果もある感じがします。 また、起きるとハウスから出てきておしっこをするのでサークル内でのトイレの覚えも良くなります。

難しい飼育説明書を読むよりも、子犬が安心して落ち着けるスペースをつくってあげることが大切。 そして疑問や不安はすぐに子犬を購入した(譲ってもらった)ところに聞いてしまうのがいちばん!

市販の飼育書などはとくに一般的な当り障りのない内容、理想的な内容ばかりで必ずあてはまるとは限りません。 また、自分で調べるとどんどん悪い方向へ考えてしまう傾向が多いようです。

子犬が迎えるまでに育った環境によって対応も変わることがあります。 迎える前までブリーダーのもとで生活していたのか、それとも生体市場等を経由してショップで生活していたのかで対応や子犬自身の受け止めかたも違います。

成長期の子犬ってとってもデリケートなんですよ!



2006年01月24日

優雅なスピッツ

1c5c9f4e.jpg画像は今回HPに掲載したスピッツの画像です。 やっと目が開いてきた時期なのでまだスピッツらしくはないのですが・・・。

「キャンキャンうるさい!」という昔のイメージが残っていてかわいそうな犬種かも。 今のスピッツは特別うるさい犬種ではありません。

モモと散歩をしているとたまにスピッツと出会います。 遠くから見ると純白の被毛がとってもきれいで上品、飼い主さんとゆっくりと散歩している様子は優雅な感じ。

近寄るとスピッツはドンと構えているのですが、モモのほうが遊びたくて吠えてしまう・・・。 「だからポメラニアンはうるさいって思われるんだぞ!」とモモに言い聞かせることも。

私もそうですが、愛犬のワガママは飼い主さんの問題。 甘やかしてしまうとどこまでも調子にのってしまいます。

犬って飼い主さんの反応を見ながら学習して行く・・・ 頭が良いですよね!



wanderlandwan at 14:19コメント(0)子犬の情報 この記事をクリップ!

2006年01月22日

一緒に楽しむ

2debcd54.jpg犬って飼い主さんと一緒に行動したり、遊んだりすることって本当に嬉しいんだと思います。 我が家のモモも「散歩」や「お外で遊ぶ」の声を聞くと体全体を震わせてシッポを思いっきり振って玄関の前で待ち構えます。

画像は吉田そらちゃん(チワワ・スムース)。 HPでもご紹介させていただいておりますが、ららぽーとで写真がしばらくの間飾られていたりモデル犬のタマゴ。

なんにでも興味津々でちょっとお転婆だということですが、飼い主さんと一緒にいろいろなことを楽しんでいるようです。

お渡しした後に一時体調を崩してしまった時期があり心配しましたが、元気成長したそらちゃんのモデルデビューが待ち遠しいです。

目がクリッとして可愛らしいちっちゃなそらちゃんはどんなモデルっぷりを披露してくれるのかな?



2006年01月21日

久しぶりの勉強会

8d35d9b7.jpg今日は雪の影響で予定していた子犬見学、子犬のお届けの日程変更をさせていただきました。 お客様にはご理解、ご協力をいただきまして本当にありがとうございます。

いつもはなかなか時間が合わない仕事仲間と久々に会い、近況や情報交換などのちょっとした勉強会を行ってきました。

いろいろな話の中で多くの時間を費やしたのは動物病院に関して、ある地区に集中する事例に関しての内容がほとんど。

最近はあきらかに営業を意識した、通院させることを前提とした診察が増えているように感じます。 これは集まったの人間ほとんどが同意見・・・。

子犬の時期は急成長期で体もまだまだ不安定、体がしっかりしてくると治癒力や免疫力も強くなって行きますが子犬の時期に完全を求めるのは難しい話し。

人間も同じですよね。 以前、医師や病院関係者と飲みながらいろいろな話をしたのですが、深夜も診療している小児科には急な発熱など昼夜を問わずに多くの子供達がやってくるといいます。
薬も大人とは違って負担の少ないもので症状を緩和させたりするということです。

「人間と犬を一緒に考えるなんて不謹慎だ!」というかたもいらっしゃると思いますが、子育てと子犬のシツケも共通するところが多くあると思います。

多くの子犬を診たり、繁殖経験があったり、ブリーダーから信頼されている獣医師は子犬の時期の不安定さやケアの方法をわかりやすく飼い主さんに説明してくれます。 また、子犬の時期の虫下しやケアに強い薬を使えないので定期的なチェックで発見された場合は負担の少ない薬で治癒させることを不安にならないように話してくれます。

我が家の愛犬モモも最初のワクチン接種のときに「膝蓋骨脱臼の危険があります。 定期的に診察しながら様子を見て治療しましょう」と言われました。 このとき私は今の仕事を始める前だったのでかなり不安になりましたが・・・。

その後、有名な獣医師にこの話をしたところ「子犬の時期は骨も成長、10段階の危険度があればどんなに健康な子犬も危険度3前後。 ロボットではないんだから完璧な子犬なんていないんだよ!」と説明されました。

現在のモモは全く問題なく元気いっぱい! 気になっていた吐きそうなシグサも、「ポメラニアンは犬種の特徴として気管支が細いのでその関係か、胃酸の関係でそのようなシグサを見せるときもある」と説明を受けたので気にならなくなりました。

考えてみれば私自身も朝の歯磨きの時に吐きそうになることがあるし・・・。

動物病院も乱立状態、病院を維持して行くには通院回数を増やして治療費を少しでも多く使ってもらうことになる。 表には出せない動物病院情報は本当にすごいです!!


気をつけてくださいね。



2006年01月19日

ヨークシャー・テリアって・・・

9b40d233.jpg当店でもお届け頭数の多い安定した人気犬種のヨークシャー・テリア。

詰まった顔、少し鼻の長い顔・・・ 似ているようでそれぞれ特徴があります。 基準とされている体重は3kg以内とされている場合が多いのですが、大きさもさまざま。

2kg未満の本当に小さい場合もあれば5kg前後のしっかりタイプの場合もあります。 あくまで大きさの基準はドッグショーなどでのこと、元気がいちばんだと思います。

毛色の変化にも個体差があり、兄弟でも微妙に違うことがあります。 子犬の時期に何となくの予想はできますが、絶対の断定は難しい感じ。

性格は明るくて活発、マイペースで頑固な一面もあります。 懐っこくて飼い主さんと遊ぶのが大好きですが、意外と1人遊びも好きな犬種。

おもちゃで一生懸命遊んで自分の世界に入っている姿も可愛らしいです。 「1人で遊んでいるんだから邪魔しないでよ!」とでも言っているような感じのときもあったりして・・・。

どの犬種もそうですが、子犬の時期は丸々していて体がしっかりしていることが大切! 上から見て頭の幅と体の幅を比べるのが良いかも。 あまりにも体の線が細くて頭ばかり大きい場合は食事制限をしている可能性も大。

体重ばかりを気にして、「体重の軽い子犬は小ぶり」と思ってしまっているかたたちにアピールできるように成長期に食事制限をして体重を軽く見せているショップやブリーダーも多くいます。

本当に小ぶりな子犬は小さくても体はしっかりしていて丸々、見た目以上に体重がある場合がほとんど。 子犬を見るときは体重ではなく体つきを見ることが大切!

数字に惑わされないでくださいネ!




wanderlandwan at 04:46コメント(0)子犬の情報 この記事をクリップ!
子犬の広場へようこそ!



<< 店長のお店 >>
ブリーダー直譲子犬販売
“ ワンダーランド ”
↓  ↓  ↓



アンケートにご協力ください♪
↓  ↓  ↓

リンク集




ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」


あなたを犬に例えると?
↓  ↓  ↓
犬診断(いぬのきもち)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


モモ&モカも参加中です♪♪♪
  ↓  ↓  ↓
deco_blog_with2_net-5

コメントをご紹介♪
愛犬を登録しよう!



以前の記事
子犬の広場モバイル
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)