2006年07月

2006年07月31日

安心いただけるように

夏休みに入って子犬へのお問い合わせが増えてきたような感じがします。

当店の場合はすぐにお渡しができる子犬がほとんどいないのでないので、お渡しはお盆が過ぎた頃。 夏休み後半は子犬と一緒って感じだと思います。

今日は久しぶりにすどう犬ネコ病院に行って院長先生と話をしてきました。

なにげない雑談がほとんどですが、やはり最後には仕事の話になってしまう。 最近のペット業界の話やどのようなケースで来院する飼い主さんが多いのかとか・・・。

また、疑問に思うことやペットのトラブル対処法などを質問したりして自分の知識を高めるようにも心がけています。

子犬を販売することよりも、お渡しした後のアドバイスに差が出る子犬販売業界。

みなさまに安心して子犬を迎えていただけるようにと思う毎日です。 これは本当に本音!

私自身も子犬を迎えた頃は本当にブリーダーさんに助けられた経験があるからです。

 



2006年07月30日

オーバーやアンダー

噛み合せがずれている場合オーバーやアンダーという表現をします。

0730-11上の歯が大きく出ているとオーバー、下の歯が出ているとアンダー。 見た目でわかる場合もありますが、ほとんどわからない場合もあります。

健康状態には関係ないし生活上の問題も無い、でもドッグショーなどの審査基準ではマイナスポイント。

少し前は弱アンダーでも大丈夫だった犬種もあったのですが、最近はあまりにも気にしすぎる風潮のため顔(鼻)が伸びてきた犬種などもあります。

0730-22また、オーバーやアンダーに理由をつけて通院させる動物病院もあるようで、最近は神経質になりすぎているようにも感じます。

子犬の時期に矯正をしてなおしたり、いろいろな方法でなおす場合もあるようですが気にならなければ自然のままでも大丈夫。

気にするかどうかは飼い主さんの気持ち次第。

画像のダックスフンドとプードルも噛み合せがオーバーとアンダー。 でもすくすく元気に育っています。

弱オーバーや弱アンダーは歯の生え変わりでなおってしまう場合もあります。

 



2006年07月29日

可愛いでしょ!

0729-11それぞれ個性的でかわいらしいチワワ・ロング。

小さくても食欲旺盛で体は丸々、写っているブリーダーさんの手と比べていただけると大きさが想像いただけると思います。

子犬の時期は丸々としているくらいが理想、ショップのように食事制限などをしてしまうと見えないところに影響が出てしまうこともあります。

0729-22もう少ししたら徐々に成犬の体型に変化して行きます。 耳が立ってくるともっと可愛くなりそう!

とっても懐っこくてシッポふりふり、他の画像もぜひごらんくださいネ!

 

 



wanderlandwan at 21:38コメント(0)子犬の情報 この記事をクリップ!

2006年07月28日

バーニーズ・マウンテンドッグって・・・

とってもお問い合わせが多いのですが、都心での出生はほとんど確認できない犬種のバーニーズ・マウンテンドッグ。

0727-22確認できた出生を掲載しましたのでお探しのかたはぜひごらんくださいネ!

子犬の時期のバーニーズって丸々していてとっても可愛らしいです。 まるでヌイグルミのような感じ・・・

当店でお届けしたバーニーズたちのほとんどは室内で生活しているようです。 デ〜ンと寝転がっている姿がとっても可愛いと飼い主さんたちもBIGサイズの家族に大満足。

楽しそうにシッポを振りながら散歩している姿は優雅ですよね。

 

 



wanderlandwan at 18:28コメント(0)子犬の情報 この記事をクリップ!

暑さ対策

最近のモモのお気に入りの場所はテーブルの下。 涼しいのかデレ〜とした格好でのんびりくつろいでいる時間が多くあります。

0727-11一緒に遊んでいても満足するとテーブルの下へ。 「モモ!」と呼んでも「なに?」って感じでこちらを見るだけ・・・。

最近子犬を迎えたり、この夏に子犬を向かえる飼い主さんに注意してもらいたいこと!

成長期の子犬と成犬とでは少し暑さ対策が違います。

それは子犬のお腹が冷えないように注意すること。 暑いだろうとクールボードなどを用意して子犬がその上で休んでしまうとお腹が冷えて体調を崩してしまうことがあります。

フローリングや冷えた床も同じ。 成長期で体が不安定な時期はちょっとしたことで体調を崩してしまうことがあります。

エアコンなどの風が直接あたるのも良くありません。 成長期にあわせた暑さ対策をしてあげることが子犬にとって大切、間違った暑さ対策は要注意です!

 



2006年07月27日

旅立ちの日

我が家のモモと同じ名前のももちゃんとお迎えに行ったトラオちゃんも一緒に記念撮影。

出発のときは「どこに連れて行くの?」という表情で見ていたももちゃん。 ちょっとさみしい瞬間ですが、トラオちゃんの旅立ちを感じてくれていたと思います。

0726-11トラオちゃんも出発のときは少し不安そうでしたが数分すると落ち着きバスケットの中でくつろいでいるような感じ。

飼い主さんものとへ到着するまでの数時間ときどき話しかけたりしながら様子を見ていたのですが、車酔いをすることも無くとっても落ち着いた様子。 でも寝るわけでもなくジッとしていました。

様子が変わったのは飼い主さんのもとへ到着する15分くらい前。 急にソワソワし始めて落ち着かない様子。

いつもお届けするときに感じるのですが、子犬は飼い主さんにもうすぐ会えることを感じる能力があるように思います。

親犬や仲間との別れも飼い主さんに迎えられた喜びで忘れてしまう。 犬にとって飼い主さんに迎えられ素敵な名前で呼んでもらえることって最高の幸せなんだと思います。

 

☆お届けのときの様子はこちらです☆

 



2006年07月24日

犬を飼うって・・・

犬を飼うことの楽しさや苦労、そして心構えを解かりやすくまとめてあるページを見つけたのでHPにリンクをすることにしました。

犬を飼うってステキです・・・か(東京都衛生局生活環境部獣医衛生課)

このページでも例えていますが、犬を飼うことって新しく家族が増えること。 自分に子供が、兄弟に末っ子ができたと同じ。

子育ての苦労と同じような苦労が犬を飼うことにはあります。

ぜひぜひ多くのかたに見てもらい、もう一度「犬を飼う」ことについて考えてみていただければと思います。

 

 



2006年07月23日

シャイな一面も可愛らしい

同じ犬種、兄弟や姉妹でも顔つきや体型は微妙に違ってそれぞれ個性があります。 1頭だけ見ると比較できないのでわかりにくいのですが、兄弟や姉妹で見比べるとそれぞれの特徴がわかります。

また、多くの子犬を見ているとそれぞれの子犬の特徴がわかるようになってきます。

0722-11今回掲載したポメラニアンたちもそれぞれ特徴があって可愛らしい、ぜひぜひHPのポメラニアンのページで見くらべてくださいネ!

私自身もポメラニアンの飼い主、明るくてイタズラ好きのところやちょっとシャイな一面が大好きです。

弱いくせに自分を強く見せようとするのもポメラニアンの特徴? 我が家のモモも犬友達と遊んでいるときに自分からちょっかいを出すくせに「ワン」と吠えられると逃げ足が速いこと・・・。

0722-22また、臆病なので物音や雷などにはとっても敏感。 でも雷がなっているときにブルブルふるえながらくっついてきて離れようとしないところは可愛いんですけどネ!

陽気で懐っこくて遊びが大好きなポメラニアンは一緒に生活していて楽しいです。 表情も豊かでとっても癒される犬種だと思います。

 

 



wanderlandwan at 03:44コメント(0)子犬の情報 この記事をクリップ!

2006年07月22日

私だけかな・・・

最近はペットショップ(陳列・展示販売店)で子犬を購入するかたが減少しているようです。

その影響からショップ内で長く生活する子犬たちが急増! また、業者向けのオークション(競り市)にはショップで育った子犬たちが数多く出ている状況らしい・・・

お店で育った子犬をオークションで販売し、新たに子犬を仕入れるペットショップ。 日本独特の子犬の流通・・・ 子犬たちはペットショップを転々としてしまう。

仕事の途中でペットショップを見かけることも多くありますが、いつもこんなことを考えてしまいます。

「本当に購入目的で子犬を見ている人たちは1日に何人いるのだろう?」

言いかたは良くないかもしれませんが、休日の家族サービスなどで訪店している人が多いように感じます。

日本のペットショップは本来の子犬を探す場所から子犬がいるテーマパークに、動物先進国から見ると動物愛護の精神の低い国に見えても仕方がない現状。

都内の某観光名所にあるペットショップ、1日に訪れる人の数は本当に多いと思います。 そんな環境で子犬たちはどんな気持ちで過ごしているんだろう?

ガラスの向こうには人がたくさん。 でも触れることもできないし遊んでもらうこともできない。

眠くなってもガラス越しの視線が気になったり、ガラスをたたかれ遊んでもらえるのかと勘違いをしてしまう。

「子犬たちはどんな気持ちで飼い主さんが現れるのを待っているんだろう?」って思ってしまうのは私だけ・・・

 

 



2006年07月21日

多様化する生活スタイルに合わせた子犬の飼いかた

ライブドアのトピックスでも紹介されていたようにペットを取り巻く環境が人間化しているということを感じます。

同時に多様化する生活スタイルに合わせたペットの飼いかたも重要、市販されている飼育書やマニュアルどうりの飼育説明はあまり参考にならない現状。

理想ばかりが書かれていたりしますが、現実はそうそううまくいきません。 やはり経験からのアドバイスを聞ける環境がとっても大切。

子犬販売業者の中にも犬を飼った経験が無い人がたくさんいます。 ペットブームで多くの情報が氾濫していますが、良い情報を見極めることが重要!

ネットで子犬を探す場合もメールではなく電話でいろいろ聞いて質問して販売者の知識や経験を確認することが大切です。

子犬を迎えてから出てくる多くの疑問を気軽に質問できる販売店(販売者)、緊急時には時間を問わずに連絡の取れる販売店(販売者)をオススメします!

 

人間化するペットビジネス



子犬の広場へようこそ!



<< 店長のお店 >>
ブリーダー直譲子犬販売
“ ワンダーランド ”
↓  ↓  ↓



アンケートにご協力ください♪
↓  ↓  ↓

リンク集




ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」


あなたを犬に例えると?
↓  ↓  ↓
犬診断(いぬのきもち)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


モモ&モカも参加中です♪♪♪
  ↓  ↓  ↓
deco_blog_with2_net-5

コメントをご紹介♪
愛犬を登録しよう!



以前の記事
子犬の広場モバイル
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)