2006年10月

2006年10月31日

1人暮らし、共働きでも大丈夫

1人暮らしでも共働きでも犬を飼える。

よく「子犬を留守番させるといけない」という意見を聞きますがそれは間違い。

逆に飼い主さんの留守中にゆっくりと眠ることができるので子犬のためには良いのです。

食事は?

犬に昼食はありません。 出かける前と帰宅後に食事を与えれば大丈夫、心配であれば出かける前に多めにあげたり工夫をすれば良いのです。

子犬の時期は1日に5〜6回食事を与えなければいけないんじゃないの?

いえいえ、1日に何回も食事を与えなければいけない状態で子犬を渡してしまうペットショップやブリーダーは不親切というかちょっとオススメできません。

1030-11「1人暮らしや共働きでは犬を飼えない」というのはつくられたイメージ、世の中には全く問題なく愛犬と暮らしている飼い主さんが多くいます。

市販の飼育書は理想が書かれているものが多く、現代の多様化する生活スタイルを無視しているのが現状。

また、ネットの情報も信頼性の薄いものが多くあります。

ペットショップの店員さんやネットの子犬販売店の責任者で犬を飼っていない(飼ったことがない)人が多くいることをご存知ですか?

私もビックリしたのですが・・・

自分の生活スタイルに合ったアドバイスをもらえること、子犬を迎えた後も気軽に質問ができること。

この条件を満たす販売店(販売者)を見つけてくださいネ!

 



wanderlandwan at 23:56犬関連の記事 この記事をクリップ!

2006年10月30日

ジャック・ラッセル・テリアって・・・

ジャック・ラッセル・テリアの毛質はスムース、ラフ、ブロークンと別けられます。

1029-11でも、はっきりとした基準があるわけではなく血統書などに表記されるわけでもありません。

また予想が難しいところもあり、スムースかと思っていたら成長後に伸びてきたなんてこともあります。

ジャック・ラッセル・テリア自体も日本ではまだまだ歴史の浅い犬種。

今はパーソン・ラッセル・テリアと別けられていますが、数年前までは足の長いタイプもジャック・ラッセル・テリアとされ、パーソン系といわれていた時期もあります。

1029-22今回掲載した子犬はスムースではなく被毛が伸びるタイプ。

元気で運動量が豊富なジャック・ラッセル・テリア、ジャンプ力もあり体もガッシリ!

パワフルな動きにビックリしない心構えをお忘れなく・・・!!

  



wanderlandwan at 02:10子犬の情報 この記事をクリップ!

2006年10月28日

良かった!

足に怪我をしてしまったホワイトのトイ・プードル君の飼い主さんが決まりました。

以前に同じ犬舎で生まれたアプリコットのトイ・プードル君を迎えていただいた飼い主さん。

子犬たちにはみんな幸せになってもらいたいと思うのですが、幼い時に怪我などをしてしまった子犬に関しては本当に強く思ってしまいます。

ブリーダーさんの経営するサロンへ定期的にトリミングに来ていただいているという事なので成長の様子も聞けるし安心。

今回掲載予定のアプリコットのトイ・プードル君にも大切に可愛がっていただける飼い主さんが現れることを祈ってしまいます・・・

 



wanderlandwan at 23:56日記、活動報告 この記事をクリップ!

2006年10月27日

コンパクトなシェルティ

シェルティって「大きい」って思っているかたも多いのでは・・・

1025-11今回掲載したシェルティは小ぶりな感じ。 コーギーやキャバリアよりも小さいくらい、体長はミニチュア・ダックスフンドくらいの大きさかもしれません。

室内でも十分飼える大きさ、運動も大好きなので散歩や遊びも一緒に楽しめます。

最近はドッグランなどの施設も増えてきているので、休日などは遊びを満喫できる素敵なパートナーに!

1025-22「ミニコリー」と言われるようにコリー系のシェルティは訓練性も高くとっても頭の良い犬種です。 聴導犬としても活躍するシェルティ。

今回掲載した子犬たちのパパはアメリカチャンピオン。 本場アメリカでタイトルをとった優秀なシェルティ。

今年の初めに日本にやって来たのですが、この父犬の子供たちが今後ドッグショーなどにどんどん出てくることが予想されます。

のんびりとした散歩から本格的な競技まで、飼い主さんと楽しく過ごすことが大好きなシェルティはどんな環境にも馴染む高い順応性もあります。

ふさふさした被毛と姿勢良く歩く姿はとっても優雅!

 



wanderlandwan at 03:31子犬の情報 この記事をクリップ!

2006年10月24日

悲しいけれど・・・

ご予約いただいていた子犬をお渡しできなくなることが稀にあります。

本当に申し訳なく、本当に辛い連絡をしなくてはなりません。

体調が急に崩れてしまったりしたときなどは獣医師などと相談し、お渡しするべきか犬舎で過ごさせるかの判断が必要となります。

子犬の時期はとても不安定、急成長する時期でもあるのでとても難しい判断をしなくてはいけないこともあります。

みんな元気に育ち、飼い主さんのもとへ旅立ってほしい・・・

でも悲しい現実もあるということお伝えしなければとブログで取り上げました。

 



wanderlandwan at 23:55日記、活動報告 この記事をクリップ!

2006年10月23日

子犬の時期はパワフル!

キャバリアのイメージはブレンハイム(白と茶の柄)という人が多いと思います。 その次にトライカラー。

今回掲載したブラック&タンとルビーはまだまだ稀少な毛色。

1023-11先日、私の最寄り駅付近でルビーのキャバリアと出会いましたが・・・ 

遠くから見たときは「何の犬種かな?」と思い、近づくにしたがって「キャバリアだ!」とわかりました。

日にあたってキラキラしている感じはとっても優雅なかんじ、飼い主さんとのんびり散歩を楽しんでいるようでした。

1023-22ブラック&タンはルビー以上に少ないかも。 幸田來未さんの愛犬もたしかブラック&タンのキャバリアだったような・・・

プロモーションビデオかなにかに出演していましたよね・・・?

テレビかなにかで見たときに「ブラック&タンのキャバリアを飼っているんだ〜」と思った記憶があるのですが。 間違っていたらゴメンナサイ。。。

子犬の時期のキャバリアってとってもパワフル! 先日お届けしたニコ君もそうでした o(^−^)o

「本当に温厚な犬種なの?」と疑ってしまうくらい。 飼い主さんと一緒にいること、一生懸命遊ぶことが本当に大好き!

食欲も旺盛でとっても飼いやすい、初めて犬を飼うかたへもオススメできる犬種です。

心疾患を心配する人も多いようですが、「統計的に日本人は○○癌が多い」というのに近い感じ。 キャバリアだから特別にということはありません。

抜け毛を気にするかどうかも飼い主さん次第。 抜け毛もキャバリアだけのことではないからです。

クリッとした大きな目、愛らしい表情、キャバリアの魅力ってもっともっとたくさんあると思います。 しぐさや飼い主さんベッタリになる性格も魅力の1つだと思います。

 



wanderlandwan at 18:11子犬の情報 この記事をクリップ!

2006年10月22日

育ての親

我が家のモモは12月の末で6歳、人間に例えると約40歳。 早いな〜・・・

モモが我が家に来たのは生後2ヶ月頃、人間に例えると約3歳。 まだ「ワン」とも言えないで「ク〜ン」とか「キャン」とか言っていた。

1021-11最近のモモは行動にメリハリが出てきたように感じます。 相変わらずお転婆だし、遊びが大好きなのですが・・・。

変わったな〜と感じることの1つが1人でのんびりと過ごしている時間が増えたこと。 窓から外を見てボーっとしていたり、窓を開けてあげると風を受けて気持ち良さそうにしています。

天気の良い日は日向ぼっこをしていて、気持ち良さそうに居眠りzzz

1021-22子犬の時期ってイタズラやシツケで本当に苦労します。 でも、成長して落ち着いてくると子犬の時期の出来事が懐かしくなる。

目を離したちょっとした瞬間にゴミ箱をひっくり返して中のものを咥えて逃げ出したり、アイロン台に飛び乗ったと思った次の瞬間に飛び降り着地に失敗して後ろ足を引きずったり・・・。

犬のいる生活って多くの苦労がありますが、それ以上の楽しさがあると思います。

モモにとって私は「育ての親」。 大嫌いな雷が鳴っていたり怖いときにはふるえて私から離れようとしない。

私はモモにとって信頼できる「親」でいるために頑張らなくてはと思ってしまいます。

 



wanderlandwan at 22:36モモ&モカの成長記 この記事をクリップ!

2006年10月20日

飼いやすい犬種って・・・

「飼いやすい犬種は?」というご質問を多くいただきます。 私の個人的な考えは「飼いやすい犬種」よりも「飼いたい犬種を迎えること」が大切だと思います。

飼いやすさの基準って難しい。 私は飼いにくい犬種って基本的には無いと思います。

1019-11例えばトイ・プードルとパグはどちらが飼いやすいか・・・。

どちらも飼いやすいです。 でも、キャラクターが違うし特徴も違う。

私がモモを迎えた理由はポメラニアンが好きだから! 人によっては「キャンキャンうるさい犬種」と言われてしまうこともありますが決してそんなことはありません。

季節の変わり目などの抜け毛も気になりません。

それはなぜ・・・? モモが、ポメラニアンが好きだからです!!

 

ポメラニアンとパピヨンとヨーキーの仲良しがいたとして・・・

弱虫なのに強がるのはポメラニアン、逃げ足もいちばん速い。

イタズラを仕掛けて怒られるのはパピヨン、ちょっと気が強い一面も。

この中ではわりとマイペースなのがヨーキー、でも怒るといちばん強いかも・・・。

これは私が見た個人的なイメージですが、家族として迎えるとどの犬種も飼いやすい。 「本当に飼いたい犬種は何だろう」が子犬探しで一番重要なことだと思います。

 



wanderlandwan at 02:57犬関連の記事 この記事をクリップ!

2006年10月17日

撮影って大変・・・!?

成長期の子犬が無邪気に遊んでいる姿はとっても可愛らしい。

1017-11でも、写真を撮ろうとすると一苦労・・・

画像のパピヨン君も元気いっぱいでなかながジッとしてくれない。 ブリーダーさんにじゃれたりチョコマカと動き回ったり。

デジカメはシャッターのタイミングが少し遅れ気味なので本当に難しい。

1017-33上の画像は本当に一瞬止まったところを撮影に成功。 何十回かシャッターをきりましたがきれいに写ったのはこの2枚。

また、パピヨンはちょっとしたことで耳をねかしてしまうので撮影のコツが必要。 パピヨンだけでなくチワワなども耳をねかせてしまうので苦労します。

子犬の撮影も私の大切な仕事。 プロのカメラマンのようにはいきませんが、もっともっとうまくならなくては!

 



wanderlandwan at 22:26日記、活動報告 この記事をクリップ!

2006年10月15日

幼い日の経験

親離れしてから飼い主さんのもとへ行くまでの生活環境の重要さをブログでもたびたび記載させていただいています。

画像はゴールデン・レトリバーの兄弟が遊んでいる様子。

1015-222頭でプロレスを行なっているような感じ。 上になったり下になったり、噛み付いてみたり噛み付かれたり・・・

でも決してある一線を超えることはありません。

母犬はある時期が来ると子犬と距離をとるようになります。 子犬たちも自分たちで遊び始め、寝るときも重なり合って寝たりするようになります。

この画像の子犬は生後約30日。 早い生後日数で仕入れるペットショップの場合は仕入れてしまう時期。

1015-33

本来は社会性を身につける重要な時期なのにお店に行ってしまったら・・・

ゴールデン・レトリバーではなく小型〜中型犬の場合はもう少し成長が遅い。 でも最近は成長の様子よりも生後日数ばかりを気にして子犬を仕入れるペットショップが多い。

その理由の多くは「幼い子犬のほうがお客様が喜ぶ」から・・・

目をキラキラさせている子犬たち。 子犬たちが楽しそうにじゃれ合って遊ぶ姿は本当に微笑ましい。 飼い主さんのもとへ行く前にこのような経験をさせてあげたいと思うのは私だけでしょうか・・・

 



wanderlandwan at 23:57日記、活動報告 この記事をクリップ!
子犬の広場へようこそ!



<< 店長のお店 >>
ブリーダー直譲子犬販売
“ ワンダーランド ”
↓  ↓  ↓



アンケートにご協力ください♪
↓  ↓  ↓

リンク集




ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」


あなたを犬に例えると?
↓  ↓  ↓
犬診断(いぬのきもち)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


モモ&モカも参加中です♪♪♪
  ↓  ↓  ↓
deco_blog_with2_net-5

コメントをご紹介♪
愛犬を登録しよう!



以前の記事
子犬の広場モバイル
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)