2006年10月

2006年10月13日

旅立ち・・・

今日から来週の前半まで子犬のお渡し、お届けが続きます。

1012-11子犬たちは犬舎で飼い主さんのもとへ行く準備。 もう子犬たちの名前は決まっているのかな?

飼い主さんのもとへ旅立つ子犬たち、犬舎の生活から新しい生活環境に変わることは最初の試練かもしれません。

お届けのときの子犬は犬舎を出発するときは少し不安そうですが、飼い主さんのもとに到着して自分専用の素敵な部屋(サークル)に入ると嬉しさで吹き飛ぶ感じ。

お迎えに来ていただいたときの子犬は飼い主さんに甘え、犬舎を出るときは「幸せになるからね。ブリーダーさんありがとう!」とでも言っている様な感じ。

子犬をお渡しする瞬間は「この仕事をしていて良かった」と思う瞬間でもあります。

 



wanderlandwan at 12:41日記、活動報告 この記事をクリップ!

2006年10月12日

怪我のあと

怪我のあとが残ってしまった画像のトイ・プードル。 「どのような感じなのですか?」というご質問が多いので簡単にご説明させていただきます。

1011-11出生後、母犬が子犬を咥えて自分から離れないようにする事があるのですが、そのときに右後ろ足の指の部分を強く咥えたためか怪我をしたような感じになってしまいました。

歩行や通常の生活には全く問題が無く、小さなときに怪我をしたためか保護するようにまわりの部分が発達しています。

ピョコピョコ飛び跳ねたり、走り回って遊んだり、気にして良く見ないとわからないレベル。

懐っこくて明るくてとっても元気な男の子です!

 



wanderlandwan at 20:54子犬の情報 この記事をクリップ!

2006年10月09日

トラウマ

マルチーズとシー・ズー、根強い人気の犬種ですが、最近は情報量が少なくなっている感じ。

1009-11埼玉県幸手市の犬舎でも久しぶりの出生があり、子犬たちは順調にスクスクと成長しています。

母犬の愛情をたっぷり受けて、兄弟たちと一緒にのびのび生活する。 寝るときはみんなで寄り添って・・・

昨日、トイ・プードルを見学いただいたときもそうでした。 4姉妹をご覧いただいて、しばらくは落ち着かない感じで動き回っていた子犬たちも数分後には寄り添って寝始めました・・・

生後約30日の子犬たちをご覧いただいたのですが、この時期はまだまだ寝る時間が多くて1日のほとんどを寝て過ごします。

1009-22起きて、じゃれ合って、排泄をして、栄養を補給してまた寝る。

生後30日〜50日頃の経験。 この時期の経験は身体的な影響もそうですが精神面での影響もかなり大きい。

ブリーダーのもと(犬舎)から飼い主さんのもとへ行く子犬と、ペットショップ等の環境での生活を経験した子犬では精神面の違いが大きくなってしまう。

イギリスをはじめとする欧米諸国で禁止、もしくは子犬の陳列への月齢の規制がされているのも身体的、精神的影響を考えてのこと。

日本では特に規制がないのでペットショップへ子犬を見に行くこと全ては否定しませんが、購入の目的以外で見に行くことはひかえていただきたい。

ゆっくり寝たい、早く飼い主さんに迎えに来てもらいたい子犬たちにとってガラス越しに見つめている人は落ち着いて寝れなくなったり飼い主さんなのかと勘違いをしてしまう。

これが続くとトラウマとなり人間に対して不信感持ったり無関心になったり、近寄ってくる人になかなか心を開かない子犬になってしまうことも。

生後60日頃の子犬を人間に例えると3歳児くらい。

全寮制で親と離れ、ガラス張りの1人部屋で3歳児が1週間生活したらどうなると思いますか?

食事だけは担当者が持ってきてくれるけど、1日のほとんどが一人ぼっち。 私がもしこの環境で1週間生活したら精神的にまいってしまうと思います・・・

  



wanderlandwan at 16:36犬関連の記事 この記事をクリップ!

2006年10月08日

パーティ・カラーのポメラニアン

「何でこんなに価格が高いの???」

1008-11今回掲載したパーティ・カラーのポメラニアンは正直言って他の毛色よりも価格がかなり高い。

なぜかと言うと条件がとっても良いから!

顔のつくりが良、体の感じも良、柄もバランス良・・・ そして女の子。

毛量も多くてモコモコなので成長したらフワフワのパーティ・カラーのポメラニアンに!

鼻まわりも太いのでお顔も可愛くなりそう。

wanderlandwan at 23:45子犬の情報 この記事をクリップ!

2006年10月07日

犬の現代病・・・

「キシリトールが犬に与える悪影響」をニュースで報道していましたが・・・

報道の中では日本で現在発売されている犬用の食品に関しては大丈夫との事でしたが、重要なのは人間用のキシリトール入りの食品を誤って食べてしまった場合。

キシリトール入りの食品に限らず、人間用に加工されたものを食べさせることはNG!

私がよく例えで話すのがハム。 人間の体でハム一枚を食べた場合と犬が同じ量を食べてしまった場合では体に対する影響が違う。

犬の小さな体で人間が摂取するのと同じ塩分量を摂取してしまうことは好ましくない。

犬用のおやつを選ぶ場合は私たちが食べて「ほとんど味が感じられない薄味」くらいが好ましく、私たちが食べてみて「味を感じられる」ものは好ましくないということを聞いたことがあります。

愛犬の健康管理は飼い主さんの重要な使命。 犬にも現代病が急増しており、その原因の多くが食生活だといわれています。

私はモモの定期検診で知り合いの獣医師に怒られたことがあります。 「おやつというのは人間の考え、犬の世界にはおやつというものは無い。 モモちゃんの健康管理をしっかりとしてあげられるのはあなたなんですよ!」と・・・

血液検査で判明したのですが、モモの喜ぶ姿を見たくてついつい行なっていた行動がモモの健康状態に悪影響を与えていたことに反省しました。

 



wanderlandwan at 02:09犬関連の記事 この記事をクリップ!

2006年10月06日

飼いやすい犬種

イタリアン・グレーハウンドって本当になつっこいこと、そしてとっても飼いやすいこともあらためて実感しています。

1005-11おもちゃでの1人遊びも大好きで、その様子を見ているだけでも癒されてしまう。

体の線は細く見えるけれど食欲も旺盛、フードもペロッと食べてしまうのでとっても安心。

とっても元気で遊びが大好き、なつっこくて遊んでのアピールも多いのですがクンクンないたりしてのアピールはほとんどありません。

どちらかというとジッ〜と見つめてきたり、長い足をバタバタさせてのアピール。

仕事柄多くの犬種を見ていますが、飼いやすさではけっこう上位に来るかもしれません・・・!

 



wanderlandwan at 01:50犬関連の記事 この記事をクリップ!

2006年10月03日

そろそろ寒さ対策

これから子犬を迎える予定があるかたはペット用ヒーターのご用意を!

子犬の時期は自分での体温調整がまだまだ完全ではありません。 親犬や兄弟・仲間と生活しているときは触れ合って、重なり合ってお互いの体温で暖を取ります。

サークルのベッドスペースにペット用ヒーターを敷いてあげることで子犬はヒーターに触れて暖をとり体温の低下を防ぐことができます。

ペット用ヒーターを選ぶときにオススメなのはコードの部分がしっかりと保護されているもの。

安いものの中にはコードが保護されていないものもありますが、イタズラなどからの感電を防ぐ意味でも慎重に選んだほうが良いと思います。

子犬の時期は何でも興味津々、コードを噛んだり咥えて引っ張ったりすることも考えられます。

もう1つ、私が使用しているのは簡単に水洗いができるタイプ。 汚れてもすぐに洗えるので清潔に保つことができます。

子犬の時期はとてもデリケート。 風邪や体温低下で体調を崩さないように注意してあげてくださいね。

 



wanderlandwan at 01:54犬関連の記事 この記事をクリップ!

2006年10月02日

子犬は寝て育つ・・・

子犬はよく寝ます。 犬は成長後も寝ている時間は多く、我が家のモモもマイペースで居眠りをしています。

1001-11「子犬を迎えたら一緒にいてあげなければいけない」というのは間違い。

逆に、サークルなど落ち着ける環境をつくってあげて外出してあげたりするほうが落ち着くのです。

子犬を迎えてサークル越しにジッと見ていたり、フードを食べるか心配でジッと見たりするとかえって落ち着かなくなったりフードを食べなくなってしまうことがあります。

心配だけれども大切なのは「子犬にも一人でリラックスできる時間をつくってあげること」です!!

犬にとって、特に子犬の時期の睡眠ってとても大切なんです。

 



wanderlandwan at 02:55犬関連の記事 この記事をクリップ!

2006年10月01日

犬同士で学ぶこと

社会化期の子犬って本当に無邪気です。 サークル内のものをグシャグシャにして遊んだり、喧嘩したかと思うと重なり合って寝ていたり。

でも、この大切な経験をしないで飼い主さんのもとへ行く子犬たちが本当に多いのが日本。 ペットショップの子犬たちを見て幸せそう、楽しそうに見えますか?

数年前、チワワブームの頃と比べあきらかにペットショップにならべられる子犬の月齢が早くなっている!

0930-11画像は飼い主さんのもとへ行く前のパピヨン。 人間が教えることだけでなく犬同士でふれあって学ぶことも多くあります。

正直なところこの時期のお世話は本当に大変! 天真爛漫でサークルの中で運動会・・・

楽しそうに?子犬同士が喧嘩をしている姿を見たことがありますか?

0930-22早い時期に親犬から離され、兄弟や仲間と遊ぶ経験の無いままペットショップに仕入れられる。

先日、某有名な安売りペットショップで子犬を購入したという飼い主さんから相談の電話をいただきました。

「生後40日のポメラニアンを購入し迎えたがなかなか家に慣れてくれない。 どうしたらよいんですか?」という内容。

そのショップの店員のアドバイスは「この子は親や兄弟と生活した経験が無いから大切に可愛がってあげてください」とのこと。

このアドバイスってなにか無責任ですよね! そしてもう1つ思ったのは・・・

子犬を販売した後のフォローや飼い主さんの生活スタイルに合わせたアドバイスって無いの?

この某有名な安売りペットショップは毎週大量に生体市場で子犬を仕入れているということでも有名。

大量仕入れ、大量販売も良いけれど、子犬を渡した後のフォローもしっかりと行ってもらいたいものです。

なぜ環境省はこのようなことを黙認しているかもかなり疑問です・・・

 



wanderlandwan at 02:23犬関連の記事 この記事をクリップ!
子犬の広場へようこそ!



<< 店長のお店 >>
ブリーダー直譲子犬販売
“ ワンダーランド ”
↓  ↓  ↓



アンケートにご協力ください♪
↓  ↓  ↓

リンク集




ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」


あなたを犬に例えると?
↓  ↓  ↓
犬診断(いぬのきもち)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


モモ&モカも参加中です♪♪♪
  ↓  ↓  ↓
deco_blog_with2_net-5

コメントをご紹介♪
愛犬を登録しよう!



以前の記事
子犬の広場モバイル
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)