2007年01月

2007年01月28日

カニンヘン?ミニチュア?

カニンヘン・ダックスフンドってミニチュア・ダックスフンドがそのまま小さくなったイメージを持っているかたって多いような気がする。

言いかたが難しいが、カニンヘンは顔つきや体型がミニチュアと少し違う感じがあったのだが、血統書発行団体(例えばJKC)などが定める条件をクリアすればミニチュアからカニンヘンへの登録変更が可能なので最近は・・・。

顔つきは精悍?(少しミニチュア・ピンシャーが混じったような)で体型は少し腰高(体長に対する足の長さがミニチュアよりも長め)な感じ。

カニンヘンをさがしているかたに知っていただきたいのは親犬がミニチュアからカニンヘンへ登録変更した場合もあるということ!

例えば、両親犬ともにミニチュアからカニンヘンへ登録変更していた場合はもともとミニチュアの血筋。

生まれてきた子犬はカニンヘンだが、もし繁殖者が両親犬の登録変更をしていなければ小ぶりなミニチュア同士からから生まれたミニチュア・ダックスフンドになる。

お気づきのかたもいると思うが、犬は先祖がえりといって祖父母犬やそれ以前の犬たちの特徴が出ることがある。 必ず親犬のようになるわけではない。

個人的な意見だが、登録はカニンヘンだけれど・・・ というダックスフンドが増え、成長後の大きさのトラブルが多いと聞くのも上記の要因が多いように感じる。

私はお問い合わせがあった時には上記のお話をさせていただき、小ぶりなミニチュアをさがすことを勧めてしまう。

精悍で腰高のイメージにこだわっているのならカニンヘンをさがすのが良いが、大きさだけでカニンヘンをさがしているのなら小ぶりなミニチュアのほうがさがしやすいし価格的にも大きく違ってくる。

どうしても血統書の登録が気になるのであれば成長後に登録変更をすればよい。

カニンヘンを販売しているショップさん・業者さんには申し訳ない気もするが、どうしても伝えたくてブログに書いてしまいました。

あくまで私の個人的な意見なのでお許しください。。。

 



2007年01月25日

2つの顔

私はモモ(ポメラニアン)の飼い主とワンダーランド店長という2つの顔がある。

ブリーダーも同じだと思う。 繁殖者としての顔とそれ以外の顔・・・

それ以外の顔を私は重視してしまう。

それ以外の顔とは素に近い状態で犬に接しているとき。 ブリーダーだけでなく、子犬販売や犬関連の仕事をしている人の中に「犬が好きでもないし嫌いでもない」、「犬にあまり興味がない、仕事として扱っているだけ」という人って意外と多い。

私は今の仕事を始めて驚いたことの1つ。 それまでは「犬に関わる仕事をしている人たちはみんな犬が好きなんだ」と大きな勘違いをしていた。

犬業界の表と裏。 どの業界も同じだと思うけれど、知らなければよかったという事も多くある。

「考えが甘い」とよく言われてしまうけれど、「犬が好きな人が生ませ育てた子犬を犬が好きな人に責任を持って販売したい」と思ってしまう。

「犬が好きなら売るんじゃなくて無料譲渡すれば良いじゃん」と言われたこともあるけれど、犬の繁殖って管理をしっかりしたりこだわったりすればするほど経費がかかる。

犬が好きで管理をしっかりして自分なりのこだわりを持って繁殖しているブリーダーのもとで生まれた子犬って安くはない。

安く仕入れてそこそこの値段で売るのであれば生体市場で数千円の子犬を仕入れて販売すればよい。

でもここで仕事の顔・・・ どんなブリーダーでどんな考えで環境で繁殖し、生まれてからの子犬の管理や世話をどのようにしたかは解からない。

自分が安心できないと自信を持って子犬をお渡しすることができないんですよね・・・

 



wanderlandwan at 03:35コメント(1)ブリーダー この記事をクリップ!

2007年01月20日

6歳になって

最近モモ(ポメラニアン)の様子が変わったように感じます。

昨年の12月でモモは6歳。 相変わらずお転婆でお散歩大好きでちょっと内弁慶なのですが、家の中での生活がのんびりしてきた感じ。

少し前まではとにかく走り回ったり何かを伝えようと必死にアピールしていたのですが、最近は何かを伝えるときは近づいてきて前足でチョンチョンと叩いてくる。

ジッと私のほうを見て「モモおいで」という言葉を待っているときもある。 目が合うと冷静に様子を見ているモモの表情とは違ってシッポが「私を呼んでよ」と訴えているように激しく動いているのがとっても微笑ましい。

歳をとって少し甘えん坊になったような気もする。

寝転がっていると私の体にまとわり付いて腕に顎をちょこんと乗せて居眠りをはじめるzzz

以前からあった行動だけれどなんとなく違う。 うまく言葉で説明できないけれど以前よりも甘えているのが感じられる。

犬なんだけれど犬じゃない。 ペットだけれど大切な家族。

我が家のモモはそんな大切な存在です。

モモにとって私は「頼れる親」なのかな・・・?

 



2007年01月15日

犬は生きている

「ダメ犬」という言葉を見たり聞いたりすると嫌な気持ちになる。

昨日も某テレビ番組で「ダメ犬を・・・」というテーマで犬のシツケを取り上げていた。

番組を見て感じたかたも多いと思うのですが、ダメなのは飼い主さんの愛犬への行動や普段の接しかたという場合がほとんど。

犬は飼い主さんを見ていろいろなことを覚える。 飼い主さんと生活しながら日々の暮らしのルールを学んで行く。

犬のシツケ以外でも最近の世の中は何でも他の責任にしてしまうことが多いように感じるし・・・

話がそれてしまいますが、私は「犬は生きている、命あるもの」ということを無視したような問い合わせに対して強い口調で返答してしまうことがある。

「吠えなくて、体臭がなくて、抜け毛がなくて、おとなしい犬種は?」といったような内容の質問が非常に増えている。

先日も犬の体臭と抜け毛のことを過剰に気にした電話での問い合わせに対して、「人間も何日かお風呂に入らないと臭いますよね、抜け毛の全くない人間っていますか?」と返答してしまった。

嫌なお店だなって感じだと思うが、私としては「子犬を本当に可愛がってもらえるのかな?犬が本当に好きなのかな?」などと考えてしまう。

同業者から「とにかくお客様へうまく説明して売ったほうがいいんだよ」と変わり者の目で見られることもある。

でもお渡しした子犬には幸せになってもらいたい、飼育拒否などをされたら子犬がかわいそう・・・。

犬は飼い主を選ぶことはできない。

子犬販売業って子犬の一生を左右してしまう責任があると私は思ってしまうのです。

 



2007年01月11日

難しくはないけれど

ニコ君(キャバリア)とジュリアス君(ゴールデン・レトリバー)の近況を掲載させていただきました。

ニコ君もジュリアス君もとっても良い穏やかな表情で毎日の充実ぶり、幸せな様子が伝わってきます。

最初は飼い主さんも愛犬も新しい生活の始まりに戸惑ったりしますが、一緒に暮らして行くといつの間にか馴染んでしまいます。

子犬を迎えたときに注意しなければいけないことや守らなくてはいけないことはありますが、犬の飼いかたに決まりはありません。

自分の家の生活スタイルやリズムを子犬に見て感じさせて覚えさせるのが大切です。

子犬を迎えたからといっていつもと違う生活をすると、その生活スタイルやリズムを子犬は覚えてしまいます。

当店の場合はブリーダーのもとから子犬をお届けをしていますが、ブリーダーの生活を真似したりする必要はありません。

新しい環境「我が家の生活」をそのまま教えてあげればよいのです。 初めての環境変化に子犬は多少戸惑いますがすぐに慣れてくれます。

ペットショップ(店舗やイベント会場)で子犬を購入した場合は数回目の環境変化になるのでブリーダー直よりもゆっくりと慌てないように。

子犬にとってブリーダーのもとでの生活からショップでの生活に変わり、またまた飼い主さんの生活に変わるわけです。

幼い時期に短期間に生活環境がコロコロ変わってしまうと戸惑ったり混乱してしまうこともあります。

そんな時に慌ててしまうと逆効果・・・

子犬の迎えかたは難しくはないのですが、ブリーダーのもと(生まれた犬舎)からどのようなルート(環境)で迎えた子犬かで微妙に注意するポイントが違ってきます。

 



wanderlandwan at 03:13犬関連の記事 この記事をクリップ!

2007年01月07日

犬の成人式

犬の1歳は人間に例えると18〜20歳くらいになるといわれています。

犬種などによっても成長のスピードは違いますが、1歳が成人式と考えても良いのかなと思います。

体つきもしっかりしてイタズラも落ち着いてくる。

1歳をこえると子犬の時期とは違った成長を感じることができます。

1歳までは日々成長、イタズラやワガママで飼い主さんとの関係を確認したり良いこと悪いことを飼い主さんと暮らしながら学習する期間。

この期間に大切なのは犬との良い関係をつくること!

シツケで犬の責任にする飼い主さんが多いようですが、飼い主さんの行動に問題がある場合が多くあります。

子供が親を見て育つように、犬も飼い主さんを見て育ちいろいろなことを覚えます。

犬との良い関係を築くことが愛犬との楽しい日々につながります。



wanderlandwan at 21:25日記、活動報告 この記事をクリップ!

2007年01月04日

バタバタの年末年始

年末年始は忙しくてほぼ休み無し状態。 そして年末にお渡し予定の子犬をシャンプー中に携帯電話を水の中に落としてしまいメモリーがとんでしまうし電話は壊れるし・・・

年始の子犬のお渡しが昨日で終わり、週末からのお渡し・見学までちょっと小休止。

我が家のモモも年末年始は普段会わない人たちに久々会ったりして大興奮!

みんなに遊んでもらいたくてあっちへチョコチョコ、こっちへチョコチョコと家の中を走り回りみんなに愛嬌を振りまいて、夜は疲れるのか満足そうに大の字になって寝ていましたzzz

モモにとって7回目のお正月、「12月20日生まれなので最初のお正月は生まれた犬舎で母犬に守られて過ごしていたんだろうな〜、生まれて10日なので目も開いていないだろうし」なんて考えながらモモの寝顔を見たりして。

そんなモモも今ではお気に入りのクッションの上でお腹を出して大の字で熟睡、何かのひょうしに急に起き寝ぼけてキョトンとした表情をしながら固まっていることもあります。

モモも年末年始のバタバタからようやく落ち着きを取り戻しているような感じです。

 



wanderlandwan at 17:16日記、活動報告 この記事をクリップ!

2007年01月01日

2007年

あけましておめでとうございます。

今年はいよいよ改正動物愛護法が6月より本格施行。 注意をしないと子犬を購入した人も罰則の対象になってしまいます。

当店のポジションはとくに変わりなく、今まで同様にしっかりとした子犬情報をお届けして行きたいと思います。

昨年末は例年に増して忙しく、ブログの更新もサボってしまう日が・・・

今年はブリーダーさんたちのことや犬舎の様子も伝えて行ければと思っています。



wanderlandwan at 02:04日記、活動報告 この記事をクリップ!
子犬の広場へようこそ!



<< 店長のお店 >>
ブリーダー直譲子犬販売
“ ワンダーランド ”
↓  ↓  ↓



アンケートにご協力ください♪
↓  ↓  ↓

リンク集




ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」


あなたを犬に例えると?
↓  ↓  ↓
犬診断(いぬのきもち)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


モモ&モカも参加中です♪♪♪
  ↓  ↓  ↓
deco_blog_with2_net-5

コメントをご紹介♪
愛犬を登録しよう!



以前の記事
子犬の広場モバイル
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)