2007年02月

2007年02月15日

アメリカでも人気者

HPでも成長をご紹介させていただいているゴールデン・レトリバーのジュリアス君

先月末に飼い主さんと一緒に渡米し、昨日アメリカ到着後の暮らしぶりのご連絡が来ました!

070215-11長旅のストレスも無くとっても元気にしているようで、アメリカでも「日本から来た純血の立派なゴールデン・レトリバー」と有名になってしまったそうです。

欧米のペット先進諸国の人たちは「日本で生まれた」という犬にとっても興味があるのかもしれません。

正直なところ、欧米では最近の日本のペット事情の評判が悪いという話をよく聞きます。

イギリスなどではとても強い関係がないと日本人に繁殖犬を譲ってくれない、最近はイギリスのチャンピオン犬はアメリカを経由して日本に来ているという話も聞いたことがあります。

ジュリアス君は日本にいたときから米国の日本在住の獣医さんから高い評価をされたりと聞いていたので、現地の人たちも骨量があってしっかりして友好的なジュリアス君が気になるんだと思います。

茨城生まれのジュリアス君。 

日本男児?の代表として元気にすごしていることをとても嬉しく思いました。

まだ飼い主さんのもとへ行く前、コロコロしながら兄弟とじゃれ合っていたジュリアス君を見ているだけに、立派に成長してゆく姿を見ていると自分の愛犬のような感覚にもなってしまいます。

 



2007年02月14日

犬と暮らす楽しさ

犬舎に向かう途中に品揃えの良いペットショップがある。

モモ(ポメラニアン)に新しいクッションを買ってあげようと思っていたので帰りによってみた。

モモは顎をのせられることと、最近はフカフカした感じの所で昼寝していることが多いので好みに合うのを購入(画像)。

2007-0214-11サイズはモモにとってちょっと大きめかなと思ったけど・・・

帰宅後にさっそく置いてあげると予想以上に気に入ってくれた様子

フカフカの感触を楽しむように横になってバタバタし、淵の部分に口を突っ込んで一人で遊んでいた。

後ろ足を伸ばし心地よさそうにくつろいでいる様子を見て一安心。

犬を飼うことの楽しみの一つが “愛犬のための買い物” かもしれません。

私もモモのオモチャやグッズを買いに行くのって楽しいし、「モモは気に入ってくれるかな」なんて考えながら家路に向かうときもワクワクする。

やっぱりモモにも好みがあって気に入ってもらえないことも多くある。 興味を示してくれなかったオモチャもたくさんあるし・・・

でも今回の買い物は大成功!

モモの楽しそうに遊び、心地よさそうに寝転んでいる姿が私のパワーになってゆく。 愛犬と暮らすとちょっとした幸せがたくさんあるんですよ!!

 

 



2007年02月12日

ワイアー・ダックスフンドの特徴

今回掲載したミニチュア・ダックスフンド・ワイアー。

ワイアーってロングやスムースとちょっと違った雰囲気があります。

2007-0212-11毛質の違いだけでなく顔つきも少し違う。 ロングやスムースは鼻先が細くなりスッとした感じだがワイアーは鼻先が四角っぽくて、個体差もあるがちょっとたるみがある感じ???

個人的にはテリアっぽい雰囲気があるように感じる。

ちょっと個性的なダックスフンドをお探しのかたは候補の中に入れてみるのも良いかもしれません

今回掲載した子犬たちもそれぞれ特徴がある。

顔つきも微妙に違うので画像で比べていただければと思います。

今回掲載したワイアー・ファックスフンドの子犬たちで解るとおり、同じ両親から生まれてもそれぞれ個性がある。

親ばかり気にするかたが急増しているが、必ずしも親のようになるわけでもない。

先祖がえりで何代か前の祖父母犬の特徴が出ることもある。

子犬をしっかり見ることが子犬探しでは重要!

親の性格を聞かれることも非常に多いが、犬の性格の多くの部分は生活の環境でつくられる。

家族としてペットとして飼われた犬とブリーダーなどのもとで多くの仲間と一緒に団体生活をした犬では単純に比較はできない。

日本は迎えるまでの子犬が生活している環境が軽視されているが本当はとっても重要なこと!

多くの「つくられた情報」に惑わされないでくださいね。。。

 



wanderlandwan at 17:38コメント(2)子犬の情報 この記事をクリップ!

2007年02月09日

飼いやすい犬種は???

「飼いやすい犬種はなんですか?」、「○○○は飼いやすいですか?」などの質問をいただくことが非常に多い。

逆に質問をさせていただくと「カワイイと思う犬種はなんですか?」、「飼ってみたい犬種はなんですか?」。

カワイイと思う犬種、飼ってみたい犬種があなたにとって“飼いやすい犬種”なんです!

犬種によって特徴があるが、同じ犬種でも個体差があり性格も微妙に違う。

自分が好きな犬種を迎えるとイタズラも可愛く感じるが、好みでない犬種を他人の意見で迎えるとちょっとしたイタズラも許せないかもしれない。

人間関係も同じだと思う。

同じ行動でも好きな人なら許せるが、嫌いな人だと許せなくなることってあると思う。

私がポメラニアンを飼っている理由は「ポメラニアンが好きだから!!」。

ダックスフンドが好きな人に聞けば「ダックスが飼いやすいよ」って言うと思うし、パグが好きな人に聞けば「パグが最高」って言うと思う。

ダックスフンドとパグではキャラクターも違うし見た目もぜんぜん違う。

ダックスフンドが好きなのに、他人の意見でパグを飼うのはどうかと思う。

自分の気持ちを大切にして犬種を決めること。

飼いたい犬種が決まったらその犬種の特徴を理解すること。

飼いにくい犬種なんてないです。 ただ、その犬種の特徴を理解したうえで注意したりすることが違ってくるだけです。

 



2007年02月08日

こちらこそ「ありがとう」

昨日はご予約いただいていたポメラニアン君を犬舎でお渡し。

HPの画像でご予約をいただいていたので飼い主さんとポメ君は初対面。

ふわふわでモコモコに成長したポメ君を見た飼い主さんの第一声が「キャ〜!ちっちゃい!!」でした。

電話で成長の様子をお話ししたり、成長画像をお届けしていたのですが想像よりも小さかったみたい。

どうしても画像はアップで子犬を見るため実際よりも大きく感じてしまう。

そして体つきを見て「本当にコロコロしてますね、ショップで見ていた子犬たちと違う」とのこと。

「正直ネットで、画像で予約するって不安でしたがこんなにカワイイポメラニアンに出会えて良かった。 ありがとうございます。」とペロペロと嬉しそうに飼い主さんを舐めるポメ君を抱きながら話していただきました。

子犬をお渡ししたときの飼い主さんの笑顔と飼い主さんに迎えられた子犬の嬉しそうな様子が仕事の励みになっています。

無事に飼い主さんのもとへ旅立ったポメ君。 新しいピカピカの自分専用のお部屋でふかふかの寝心地の良いベッドで今頃は熟睡しているのかなzzz

 



2007年02月06日

とても小さいから・・・

現在掲載中のチワワ(10月19日生)に関して「なぜ直接のお渡し、またはお迎えの可能なかた限定なんですか?」と多くのご質問をいただいています。

その理由は本当に小さく、とても小ぶりな子犬を迎えたときに気をつけなければいけないことを直接お話ししたいということからです。

掲載中の画像はアップの画像なのでなかなか大きさが伝わらないかもしれませんが、生後3ヶ月を過ぎてもミニミニサイズ!

2007−02−06−11明るくて元気いっぱいなのでチョコマカ走り回り仲間とじゃれ合っていますが、同じ月齢の子犬たちよりもぜんぜん小さい。

顔の大きさはテニスボールといい勝負、体の長さは私の足のサイズ以下・・・

食欲は旺盛なのでお腹はポンポコリン。

上からの画像を見ていただくと、「小ぶりですよ!体重は○○○gですよ!」と意図的に食事量を制限した子犬との体つきの違いが解かると思います。

“小ぶりな子犬” と “痩せた子犬” は違います。 大切なのは体重ではなくて体つき!!

私はブリーダーのもとで兄弟や仲間と競争するようにたっぷりフードを食べてコロコロ育っている子犬を普段見ているので、店舗で1人部屋で食事量も制限されたかわいそうな子犬たちの体が貧弱に見えてしまうことが多いんです。。。 

 



wanderlandwan at 18:27コメント(0)子犬の情報 この記事をクリップ!

2007年02月05日

チワックス???

今回掲載したMixはチワワのパパとM・ダックスフンドのママのあいだにできた子犬たち。

「チワックス」と呼ばれることもある組み合わせでかなり可愛い!!

体系はダックスフンドに近くて短足で胴長。 でもダックスフンドに比べると全体を見たときの胴の長さは短め、そして顔つきもチワワが混じってなんともいえない可愛らしさ。

Mixなので血統書の発行はできないが、チワワのパパはカナダチャンピオンの直子と良血統。

純血種同士の1代Mixなので血筋は両親ともにしっかりしていて明確なので、子犬の血統書がなくても気にならないというかたへはオススメです。

でも、迎えた犬を将来親として子犬を・・・ と考えている場合はオススメできません。

気になるかたはぜひHPのオススメ情報をご覧くださいネ!

 



wanderlandwan at 03:31コメント(0)子犬の情報 この記事をクリップ!

2007年02月04日

飼いやすいのはどっち?

「オスとメス、飼いやすいのはどっち?」

正解はどちらともいえない。 それぞれの特徴を理解することが大切!

最近はメスのほうが飼いやすいというイメージが強いらしく、小型室内犬の場合は7割くらいの人がメスを希望する。

価格もメスのほうが高くなる。 飼いやすいから高いのではなく、多くの人がメスを希望するから高いのが理由。

「オスはマーキングするから大変」というのもトイレのしつけが完全でないことと混同しているケースが多い。

最近は安心できる家の中(敷地内)ではオシッコのとき足を上げないが、散歩のときは足を上げてオシッコをするオスが増えている。

安心できる場所(他の知らない犬が入ってこないとわかっている場所)ではマーキングする意味がないんではないかと思う。

つくられた情報と正しい情報がごちゃごちゃになってしまっている現代。

人間の生活スタイルが変わって犬を飼う環境や飼いかたも変化し、犬もそれに適応するように変わってきている部分もある。

スピッツやポメラニアン、シェルティなどは「うるさい」という昔のイメージがいまだに残っていると感じるときがあるが、今の某人気犬種のほうが要求吠えが激しかったりする。

昔のイメージ、作られたイメージに気付くことって難しい。 先入観を捨て性別や犬種は情報に惑わされずに自分の気持ちを優先したほうが良いと思う。

将来子犬を産ませる希望(予定)がないのであれば、性別にこだわらずに“可愛い”と感じた犬を迎えることをお勧めします。

 



2007年02月03日

心配ならば・・・

「犬を飼いたいが子犬の時期の不安定さが心配」、「留守にしたときが心配」という場合は2頭同時に迎えるという考えかたもある。

子犬購入の費用と食費は2頭分となるが、手間や世話は1頭で飼う場合とあまり変わらない。

逆に子犬同士で遊んだり寄り添って寝たりと1頭で知らない場所に移動するよりもストレスが軽減されたり寂しさ防止にもなる。

ペットショップ(店舗での陳列販売)で子犬を購入する予定の場合は生まれた環境・生活環境が違う子犬同士になるのであまりオススメはしないが、同じ犬舎(ブリーダーのもと)で生まれた子犬同士ならば安心できると思う。

兄弟や姉妹でも良いし、同時期に生まれた違う犬種でも良い。

同腹や血筋の近いオスとメスで迎える場合など、子犬を望まない場合は時期を見てオスを去勢してあげると良いと思う。

犬種による相性などもあまり気にしなくて良い。

2頭だと大変になりそうに感じるかたも多いと思うが、1頭よりも安心できることって意外と多いんですよ。。。

 



2007年02月01日

今日から育毛・・・

事務所の整理をしていたら以前の仕事で使用していたファイルが出てきた。

「育毛」に関して美容室や床屋をまわってアドバイスや指導をしていたころのもの。

その頃はまだ「育毛」ということが今ほど注目されていなかったけれど、育毛に対しての考えかたは今注目されているものとかわりがないと思う。

育毛って自宅で簡単にできることもある。 お金をかけて本格的に施術を行うこともできるが、日々の生活の中で無理なく自分でケアできることもたくさんある。

何もしないよりも毎日ケアしたほうが良い。 髪の毛がフサフサの人もその状態を維持するためにもケアって重要。

そして「最近・・・」と感じている人は今進行しているスピードを遅くし、頭皮環境を整えて改善して行く。

ダイエットやスキンケアと同じで「慌てずにゆっくりと」の気持ちも大切。 そして継続することも・・・

良い機会なので「家で出来る簡単育毛ケア」を今日から始めるつもりです!

 

 



子犬の広場へようこそ!



<< 店長のお店 >>
ブリーダー直譲子犬販売
“ ワンダーランド ”
↓  ↓  ↓



アンケートにご協力ください♪
↓  ↓  ↓

リンク集




ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」


あなたを犬に例えると?
↓  ↓  ↓
犬診断(いぬのきもち)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


モモ&モカも参加中です♪♪♪
  ↓  ↓  ↓
deco_blog_with2_net-5

コメントをご紹介♪
愛犬を登録しよう!



以前の記事
子犬の広場モバイル
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)