2007年05月

2007年05月17日

我が家の姫の寝姿

モモには自分の生活リズムがある。 夜は11:00を過ぎてくると就寝モードになる。

070515-11寝る場所は自分のベッドかもう1つ画像の場所。 就寝モードじゃないときはカメラを向けると起き上がって「何してるの〜!」って動き回るのだが・・・

就寝モードに入るとカメラを向けても「ワタシは眠いの。もう寝る時間だよ!」って言ってるようにまったりとしてしまう。

そして寝相は・・・ お腹を出して超〜リラックス!

070515-22最初の画像から10分後。。。

ちょっと体の向きは変わったけど相変わらずの寝姿。 「なんなの?まだワタシと遊んでほしいわけ?」って言っているような目で私を見るけれど起き上がる様子は全くナシ。

寝返りをうったりしながらシックリくる体勢を見つけるとまたまたお眠りzzz

070515-33

そしてさらに10分後。。。

またまた体の方向が微妙に変わったけど相変わらずの姿。

「なんなのよ〜。いい加減にして!眠いんだから!!」って目つきで見られてしまった。

毎日夜はこんな感じです。 

仕事で帰りが遅いときは「お帰り」の挨拶をして少し遊んであげるとモモは就寝モードに入る。

モモは6歳。 いつの頃からか我が家の生活リズムに合わせて自分の生活リズムをしっかりとつくってくれた。

お転婆でワガママだけど無防備に安心しきってくれている姿を見るとついつい甘い飼い主になってしまうんです。。。

 

 



2007年05月15日

愛犬のためにも

愛犬との別れは本当に辛い・・・

私もHPで記載しているようにかつてはペットロスで苦しんだ経験があります。 そして、その経験を踏まえて今の仕事を始めました。

私の場合は自分自身の不注意。 そして最近は交通事故などで愛犬を亡くす飼い主さんも非常に増えています。

愛犬を亡くすということは本当に辛いのですが、そのことで犬を飼うことが嫌になったり犬を避けてしまうことは旅立った愛犬も望んでいないはず。

旅立った愛犬のことを忘れるのではなく「楽しかった日々をいつまでも忘れない」、しかし「悲しみをいつまでも引きずらない」ことが愛犬への供養にもなると思います。

旅立った愛犬は自分のことで大好きだった飼い主さんが悲しんでいる姿は見たくない。 一緒に暮らしていた楽しかったときのことをいつまでも忘れないでいてくれることだけを虹の橋で暮らしながら望んでいるのでは・・・

悲しみが深いということはそれだけ「家族」になっていたということです。

「我が家に来てくれて本当にありがとう!」

この言葉を旅立った愛犬たちは聞きたいんだと私は思っています。

我が家から旅立ったコロ(Mix)、ポケット(ポメラニアン)も今頃は虹の橋で仲間と思う存分遊びまわってくれていると信じています。

飼い主さんたちから愛され虹の橋に来た多くの仲間と一緒に。。。

 

 



wanderlandwan at 19:44コメント(2)ペットロス この記事をクリップ!

2007年05月14日

どこで生まれたの?

連休明け頃からお問い合わせいただいたときに下記の質問をいただくことが増えてきた。

「私は○○に住んでいるのですが近くで△△の子犬は生まれていますか?」

6月から本格施行される動物愛護保護法で子犬の生まれた地区を明記しなければいけなくなる。 店舗に子犬を集める従来のペットショップも例外ではない。

今までは気にしなかった人たちの中に生まれた地区を見て疑問を感じた人が出始めているように思います。

例えば神奈川にあるペットショップの店内で県内で生まれた子犬よりも県外で生まれた子犬たちのほうが多かったり。 それも生後50日未満の・・・

たまに「幼い子犬を長い時間移動させるのはかわいそうだから近くのショップで・・・」というかたがいますが、子犬たちはオークション会場などを経てショップに来ているのです。 それも店頭に出る1週間くらい前には。

子犬は生まれた犬舎を出て飼い主さんのもとに迎えられるのに最低1回は環境変化を経験しなければいけない。

大切なのは初めての環境変化を経験する月齢と目的。

無理なく離乳や基本的な社会化を経験した後の環境変化が望ましいと思いますが・・・

そして、飼い主さんのもとへ行くための移動であれば到着後に安心してゆっくりできるだろうがショップに行くためだけの移動の場合はどうなんだろう?

今回の法改正で少し従来の店舗販売に対する考えかた、ショップを見る目に変化が現れるかもしれない。

もし仕入れた日も明記するようになってしまうと。。。

ショップさんたちの猛反対で陳列・展示の月齢制限も白紙になってしまった国なので難しいと思いますが・・・

そういえば動物取扱責任者の講習で講演していた先生も現在の早すぎる月齢での陳列・展示に対して反対意見を言っていました。 そして今回の法改正では陳列・展示の月齢に関して曖昧な表現をされていることにも・・・

 



2007年05月13日

モモのストライキ

我が家のモモ(ポメラニアン)はドッグフードを食べることを拒否するストライキを定期的におこします。

甘やかしたのが原因なのですが・・・

「モモご飯だよ」とお皿を出すと近寄ってきてにおいを嗅ぎ、次に私の顔を上目づかいに見て「プィ」っと横を見るんです。

我が家の対処法はドッグフードにモモが好きそうなものを少し混ぜて食べさせます。 同じものを続けると飽きてしまうのでローテーションで。(モモのペース・・・甘やかしてしまっています)

あくまでメインはドッグフード。 それでも食べないときはモモとの根競べに突入します。

子犬の時期と違ってある程度成長するとエネルギーを蓄えられるようになります。

1〜2日モモのストライキは続きますがお腹がすくと食べてくれるのです。

子犬の時期はおいしそうにフードを食べてくれていたのに・・・

でもモモが食に対してワガママになった原因は私の甘やかし、飼い主として反省しなければいけない。。。

モモの健康を考えて偏食にならないように気をつけるのは大変ですが、でもそんなワガママなモモの安心しきって大の字になって熟睡している姿を見るとあらためて「家族になったんだな〜」って感じてしまいます。

今日からモモはストライキを開始。。。 根競べに突入です・・・

 

 



2007年05月12日

大丈夫です!

引っ越しなどの環境変化、「愛犬はストレスを感じないだろうか・・・?」

大丈夫です! 大好きな飼い主さんと家族の一員として引っ越すことはストレスになることはほとんど無いと思います。

新しい生活リズムや環境も飼い主さんと一緒ならそのまま受け入れてくれます。

070511-11画像はブルーザー君(チワワ・スムース)ジュリアス君(ゴールデン・レトリバー)。 環境変化を経験しても問題無く元気に過ごしている様子をお知らせいただきました。

犬って環境で表情も豊かになる。 家族として迎えられたときのブルーザー君とジュリアス君の様子を思い出すと懐かしい。

ブルーザー君はちょっと緊張気味・・・。 テント型のハウスに入って様子をうかがっていたような。。。

070511-22ジュリアス君はモゾモゾとサークル内を探検してマイペースだったような。。。

でもすぐに「家族」になってしまうんですよね!

我が家のモモ(ポメラニアン)も自分だけ違う環境に行くとなると不安でストレスを受けてしまうと思いますが、私と一緒に初めての場所に行くのは問題なし。

「一緒にいる」ということが愛犬にとっては一番の安心なんだと思います。 

 

P・S ホームページデザインを変える作業に時間をとられて少しブログをサボってしまいました。。。

 

 



2007年05月04日

飼い主って・・・

先日“犬の飼育拒否”に関しての現状を役所の人から聞いた。

ずっと一緒に生活していた愛犬を簡単に飼育拒否する人たち。 中にはどうしようもない事情がある場合人もいるかもしれないが・・・

「吠えるから」、「思っていた犬種のイメージと違うから」、「言うことを聞いてくれない(理解してくれない)から」、そして「飼い続けるのが大変だから」などの理由。

飼い主って母犬から子犬の飼育を受け継いだ親代わり、迎えられた犬たちにとって飼い主は親同然なんだと思う。

犬を飼っている人たち、これから犬を飼おうと考えている人たちに読んでもらいたいのが

「犬の讃歌」

そして「愛犬を手放そう」と考えている人たちにも読んでもらいたい。

犬を飼うって「犬の一生に責任を持つこと」だと私は思ってしまうのです。。。

 



子犬の広場へようこそ!



<< 店長のお店 >>
ブリーダー直譲子犬販売
“ ワンダーランド ”
↓  ↓  ↓



アンケートにご協力ください♪
↓  ↓  ↓

リンク集




ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」


あなたを犬に例えると?
↓  ↓  ↓
犬診断(いぬのきもち)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


モモ&モカも参加中です♪♪♪
  ↓  ↓  ↓
deco_blog_with2_net-5

コメントをご紹介♪
愛犬を登録しよう!



以前の記事
子犬の広場モバイル
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)