2008年02月

2008年02月16日

ダメ犬なんていない!

たまにテレビで 「ダメ犬の・・・」 って感じで特集があったり番組で取り上げられるけど・・・

私はこの 「ダメ犬」 って表現が嫌い。 だってダメなのは犬じゃなくて “飼い主の接しかた” ってことがほとんどだから!

 

犬は飼い主さんを見て、自分の行動に対しての飼い主さんの対応を感じて多くのことを覚えてゆく。

ワガママやイタズラで試すこともある。 子犬の時期はさまざまな要求吠えをして反応を試すかもしれない。

 

080215-11我が家のモモは 「ダメ犬」 ではない。

私にとってモモはウィンターノーズでピンクになったお鼻とキツネ顔がチャームポイントの “自慢の愛犬” 

一緒に暮らすルールをしっかり覚えてくれて、自分なりのペースで毎日を過ごしてくれている。

調子に乗りすぎて私に怒られることもあるが、モモは私との上下関係を理解してくれているので怒られると 「ごめんなさい」 の反省のポーズをする。

 

「やさしいけど怒るとコワイ」 が犬から見た理想の飼い主なのかもしれません。

そして、一緒にいると楽しくて良いことをすると誉めてくれる・・・

 

犬の問題行動の原因は飼い主さん側にあることが多い。

愛犬の行動に悩んだら、自分の愛犬への接しかたをチェックしてみることが大切かもしれませんよ。。。



2008年02月14日

破壊された???ベッドで・・・

ポメラニアンちゃんとキャバリアちゃんは飼い主さんのもとへ行くまでの残り数日を楽しそうにパワフルに過ごしている。

同じ犬舎で生まれた幼なじみと過ごした日々は良い想い出になってくれると思う。

 

080213-11画像は協力して見事に破壊???したベッドの上で熟睡している様子zzz

この時期は何にでも興味津々。 ベッドだって寝るだけじゃなくて “大きなオモチャ” になってしまう・・・

サークル内の模様替え?なんてあたりまえ!

 

この時期の無邪気な行動を私は大切にしたい。

サークル内(子犬にとっての自分の部屋)ではのびのびと過ごしてもらいたい。

トイレシートをグシャグシャにしたり、ベッドを咥えて動かしてみたり・・・

私は気がついたら整えてあげる、調子に乗りすぎなときは怒る。

 

あまりにも神経質に子犬に接すると子犬も神経質になる。 子犬らしさが失われてしまう・・・

多感な天真爛漫な時期は “子犬らしさ” を失わないように接してあげるとのびのびと育ってくれると私は思います。。。



wanderlandwan at 03:13コメント(0)子犬の情報 この記事をクリップ!

2008年02月12日

子犬の時期は丸々ズッシリ!

子犬の時期は栄養をたっぷり摂って育つのが良い。 丸々とした体形で見た目よりもズッシリとした感じ。

 

080212-11画像のボストン・テリアちゃんはとっても小ぶり。 月齢からした大きさはスムースのチワワ?と思ってしまうくらい・・・。

でも生後60日弱で体重は1kgちょっとあるんです。

健康チェックをしてもらった獣医さんも 「体がしっかりしているね〜!ズッシリくるよ。」 の言葉。

そうなんです! 「小ぶり=体重が軽い」 ではないんです!!

 

大きくても痩せていれば体重は軽い。 子犬の時期は食事を制限すればすぐに体重は軽くなってゆく。

「小さいけど体はしっかりズッシリ」 と 「痩せていて体重が軽い」 の違いを頭に入れて子犬探しをすることって重要だと思いますよ。。。



wanderlandwan at 19:52コメント(0)子犬の情報 この記事をクリップ!

2008年02月11日

リラックスしてzzz

飼い主さんに迎えらるまでの過ごしかたって大切!

画像はもう少しして飼い主さんのもとへ行くポメラニアンちゃんとボストン・テリアちゃん。

 

080211-11同じ時期に同じ犬舎で生まれた仲良し♪

満腹にフードを食べて、楽しそうに遊び、ときには喧嘩のようにじゃれ合ってのびのび過ごしている。

子犬の時期は睡眠時間も多いので十分遊ぶと居眠り開始zzz

ベッドとサークルの隙間で寝始めたポメラニアンちゃんのモコモコの被毛に埋もれるようにボストン・テリアちゃんは居眠り開始zzz

 

 

080211-22ベッドに先にもどって寝ているボストン・テリアちゃんを追いかけるようにベッドに戻り、ペロペロ顔を舐めたポメラニアンちゃん。

ポメラニアンちゃんはボストン・テリアちゃんが熟睡していると感じたのか横のスペースでリラックス開始!

子犬たちの様子を見ていると時間が経つのを忘れてしまう。

無邪気で元気で・・・

 

快適な環境で過ごすことは精神面の成長にも良くて、素直に子犬らしく真っ直ぐに育ってくれるんです。。。



wanderlandwan at 17:40コメント(0)子犬の情報 この記事をクリップ!

2008年02月09日

出会いはタイミングが大切・・・

今では当たり前のように我が家で一緒に暮らしているモモ。

まだ読み終わっていないのですが、メロディ・ママさんから借りた 『犬からの素敵な贈りもの』 を読みはじめて 「神様がモモを我が家に送ってくれたのかも」 と思ったりしてしまいました・・・

ポケットを亡くしたことでなんとなく寂しく重い空気になっていた我が家の雰囲気をモモは一掃してくれた。

モモを迎えたことでポケットと楽しく過ごした時間を良い意味で思い出した。

 

080209-11メロディ・ママさんとメロディちゃんも神様が出会わせてくれたのかもしれない。

メロディ・ママさんからチワワをさがす相談をあと3日遅くされていたらメロディちゃんは他の飼い主さんのもとで違う名前で暮らしていたかも・・・

「犬を飼いたいな〜」 なんてかなり以前から聞いていて、いろいろな話をしていた。 でも、メロディちゃんに出会うまでの数日は本当に急展開!

これが 『運命』 なのかも知れません!

 

 

人との出会いもそうだけど、愛犬との出会いもタイミングが大切ですよね。。。



2008年02月08日

温もりを感じてスクスクと・・・

私たち人間と一緒で犬も触れ合って育つ。 母犬や兄弟、仲間たち、そしてブリーダーさんと触れ合うことで人間との関わりも覚えて行く。

最近は幼齢期の大切な社会化期に十分触れ合って生活できなかった子犬や人間都合による無理な離乳や寂しさからトラウマをもってしまう子犬が急増していると聞く。

 

080207-11画像は生後30日頃のゴールデン・レトリバーたち。

母犬の真似をしてふやかしのフードを食べ始めた。 競争して食べて、みんなで遊びながら社会性を身に付けている。

食べて遊んで眠くなるとみんなで寄り添って睡眠zzz

上に乗ったり乗られたり、みんなの温もりを感じながらスクスクと成長する。

 

無邪気に、元気にを望むならば迎えるまで子犬たちはどんな環境で育っていたかを考える必要があるのではないでしょうか。。。



wanderlandwan at 16:39コメント(0)子犬の情報 この記事をクリップ!

2008年02月06日

珍しい柄のチワワ♪

ブリンドルのチワワって見たことありますか?

チワワってどんな毛色、柄でもOKな犬種なので珍しい毛色や柄の子犬が産まれることがあります。

親犬のキャリー(遺伝子)でいろいろな毛色が生まれるので、必ずしも親犬と同じ毛色になるとは限らない。 また、いろいろな特徴をMixして受け継ぐことも・・・

犬って親だけでなく先代や先々代の特徴が出ることもあるんです。

 

080205-11今回HPに掲載したスムース・チワワは全身がブリンドル。

かなり個性的で好みは分かれるかもしれませんが・・・

まだ生まれて1ヶ月ちょっとなのでキョトンとした表情。 ブリーダーさんの手のひらに余裕で乗ってしまうんですよね。

 

 

080205-22多くのペットショップはそろそろ仕入れてワクチンを接種してしまう月齢ですが、当店のようにブリーダーさんからお渡しする場合はまだまだ母犬とゆっくり過ごしている。

ワクチンだってまだまだ接種する時期ではないし、早すぎるワクチン接種は子犬に負担をかけてしまうしほとんど意味が無い。

母乳をしっかり飲んで育つことで抵抗力や免疫力もしっかりとしてくる。

 

子犬のためにはどちらが良いか???

その答えを出すのは子犬をさがすみなさんかもしれません。。。



wanderlandwan at 03:26コメント(0)子犬の情報 この記事をクリップ!

2008年02月04日

訴えるポーズ♪

昨日は家の中から雪を見ていたモモ。 玄関先で抱っこして雪を見せてあげても 「早く家の中のもどろうよ!」 と訴えかけてくる。

 

080201-22今日は天気も良くなり、モモは外に出てみたい感じ。 画像のように私の足元に来ては 「訴えるポーズ♪」 でジッと見つめてくる。

外に出ると・・・

臆病者のモモは外に出ると残った雪の近くに行っては不思議そうに見つめながら、しばらくすると勇気をふりしぼったように前足で “チョンチョン” 

また周辺を動き回りもどってきて “チョンチョン”

のこ繰り返し。

 

まだ雪に入って遊ぶのは怖いみたい。

ポメラニアンて臆病(慎重)なところも特徴なんですよね。。。 



犬の包茎手術って・・・

これは真面目な話し・・・

オス犬ってみんな包茎。 陰部を舐めている姿を見る飼い主さんも多いと思いますが、尿などが包皮の中に残ることがあるので自分でケアをしているんです。

中には完全包茎のオス犬もいます。 普通に生活している場合はあまり問題は無いのですが、父犬候補の場合はちょっと問題が・・・。

 

知り合いのブリーダーさんのもとで暮らす父犬候補のオス犬君。 そろそろ父犬としてデビューと思っていたらなんとなく交配の時の様子がおかしい。

もしかしたらと獣医さんに行って診てもらうと 「完全包茎君だね」 と判明。 簡単な手術?を受けて無事に父犬デビュー!

 

でも、これが一般の飼い主さんで 「うちの犬は陰部を舐めていることが多くて心配」 と儲け主義の動物病院や経験不足の動物病院に診てもらったら 「大変です!緊急手術が必要です。」 とか 「検査して原因を調べましょう!」 なんて言われてしまうかも・・・。

経験豊かな動物病院やブリーダーさんと知り合っていろいろなことを勉強するってとっても大切!

だって犬はロボットじゃないんだから!

 

検査大好き、手術大好きな動物病院って個人的には信用できない。

検査や手術って動物病院の利益だってことを頭のどこかに入れていると良いかも。

「元気だし日常生活は問題ないのに・・・」 って疑問を感じたら動物病院を変えることも大切。 それと誘導尋問?にひっかからないこと!

「何か気になることはありますか?」 の質問に 「実は・・・」 と答えると、飼い主さんが不安に思っている部分をついてくる。

愛犬が元気ならばこの質問には 「元気で特に気になるところはありません」 と答える。

 

テレビや雑誌に出ていて有名は意外とあてにならない。 私たちの業界では “ブラックリスト” も・・・。

検査や手術で数十万、数百万を平気で請求する動物病院も多い。 飼い主さんが愛犬を心配する気持ちに付け込んで。。。

 



2008年02月03日

パピヨンじゃないんですよ〜♪

もう少ししたら飼い主さんのもとへ行くポメラニアンちゃん。 パーティ柄なので 「パピヨン?」 って間違えてしまう人がいるかもしれないかも。

080203-11私も生まれて間もない頃に犬舎で見たときは・・・

見た瞬間は 「綺麗ながらのパピヨンが生まれたんだ」 と思いましたが、よ〜く見ると何かが違う。

ブリーダーさんに 「もしかしたらポメですか?」 と質問したのを覚えています。

 

生後30日くらいになるとポメラニアンの感じが強くなる。

被毛の感じや顔つき体つきがパピヨンとは違う。

今はモコモコでふわふわの被毛でどこから見てもポメラニアン。

 

よく食べ、よく遊び、よく寝る・・・

子犬がサークルの中で無邪気に跳ね回っている姿って本当に可愛くて、見ているだけでも癒されます. 。゚+.(・∀・)゚+.゚



wanderlandwan at 20:00コメント(0)子犬の情報 この記事をクリップ!
子犬の広場へようこそ!



<< 店長のお店 >>
ブリーダー直譲子犬販売
“ ワンダーランド ”
↓  ↓  ↓



アンケートにご協力ください♪
↓  ↓  ↓

リンク集




ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」


あなたを犬に例えると?
↓  ↓  ↓
犬診断(いぬのきもち)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


モモ&モカも参加中です♪♪♪
  ↓  ↓  ↓
deco_blog_with2_net-5

コメントをご紹介♪
愛犬を登録しよう!



以前の記事
子犬の広場モバイル
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)