2009年07月

2009年07月31日

大切な時期なのに・・・

「このホームセンターで子犬(生体)の販売をしていたんだ・・・」

品揃えが豊富でたまに行っていたホームセンターだったのですが子犬(生体)を販売しているのには今まで全く気付かなかった。

 

ドッグフードが目に入ったのでなんとなくペット用品の売り場へ。 ペット用品だけだと思っていたら壁に設置されたガラス張りのショーケースの中に子犬が。。。

その中に入っていた痩せたパグの姿が印象的。

 

単独の店舗で子犬や子猫を販売しているペットショップはまだ理解できるが、ホームセンターのフロアの一角での販売はどうかと思ってしまう。

健康状態とか親犬のこととか生命保証とかを気にする人は多いけど、日本では子犬たちが育つ環境を気にする人ってまだまだ少ないことを物語っているように感じてしまう。

 

報道関係もこのような販売方法に疑問を投げかけることもない。 動物愛護団体とかはどうなんだろう?

 

規制とかのルールじゃなくて考え方の問題。

「売れるものは何でも!」 の精神が先行して 「子犬や子猫の精神的成長」 や 「幼齢期の育つ環境の大切さ」 は全く考えていないように思う。

 

イギリスをはじめとするペット先進国と言われる国の人たちがこの光景を見たらどう感じるんだろう? 生体の展示・陳列販売に規制をしている国と日本は全く違う。

 

最近はペットショップとテーマパークの区別が無くなってしまっているようにも感じる。

「今日は子犬でも見に行こうか!」

 

夏休みに入ってペットショップはにぎわうのかもしれない。

でも、その中で本当に子犬や子猫を探しに訪店する人はどれくらいいるのだろう?

幼い子犬や子猫が多くいる店舗へ愛犬を連れて入店する飼い主さんも多い。

 

本来であればたくさん食べて丸々した体つきでたっぷり睡眠をとり、愛情を感じて過ごさなければいけない月齢の痩せたパグの姿が何かを訴えているように思えてならなかった。。。

 



2009年07月29日

ボクのお店にようこそ!

ネイルサロンの看板犬 .。゚+.(・∀・)゚+.゚

セブラ君はスタッフの一人として、もしかしたら 「ボクのお店へようこそ!」 って気持ちで迎えているのかも (・∀・)

 

090729-11

 

久しぶりに見たセブラ君はきれいなカフェオレ色に変身! 迎えていただいた頃はまだ毛色が変わり始めた感じだったんですよね・・・。

コロコロして元気いっぱいな優しい可愛らしいお顔の男の子だったセブラ君。

成長したお顔もカワイイ!

 

セブラ君にとってお店でお客様と接することは楽しみの一つなのかもしれませんよね。 ママさんたちと一緒にお客様を迎える。

同じことを一緒に行うって愛犬たちにとって嬉しいことなんだと思うんです。

 

“一緒に”

愛犬が喜ぶキーワードの一つかもしれません。。。



2009年07月26日

元気に成長中!チンチラちゃん♪

今月の1日に生まれたチンチラちゃんたち .。゚+.(・∀・)゚+.゚

 

090725-11

 

犬派か猫派か???

どっちだ! と言われれば私は犬派だけど、猫が嫌いなわけじゃない。

猫も好きなんです♪

 

今回チンチラちゃんが生まれた犬舎のブリーダーも私と同じ。 いやいやそれ以上・・・!

正確には犬舎ではなく猫舎と言わなければいけないのかな???

 

いろいろな猫種の中でもチンチラは私の好きな猫種。

ふさふさの被毛がどこかポメラニアンに通ずるからかな・・・

 

チンチラは性格も温厚なのでのんびりと一緒に過ごしたい人にはオススメ。

程よい距離感で一緒に暮らす。

 

犬と猫とでは少し私たち人間との距離感が違うかもしれない。

でも、一緒に暮らして行くにはどちらも素敵なパートナーであり家族になる。

 

可愛いチンチラちゃん♪

HPに出生情報として掲載するのでもう少しお待ちくださいね。。。



2009年07月23日

のんびり過ごす日々

ここ数日の横浜地区は天気が不安定。

雨が苦手なモモは家の中でのんびり過ごしている。 過ごしやすい気温なのでお昼寝も気持ちよさそう (^∀^)

 

最近モモを見ていてあらためて感じたのは “家族のみんなと暮らしているのが幸せ” って感じてるんじゃないかってこと。

同じ屋根の下で、同じ空間で、一緒に過ごしているのが幸せ。。。

 

何かをしてるわけではなく、近くで寝転んでるだけ。

そんな過ごし方もイイ感じ。

 

家族の入院、手術、退院・・・

モモを見ていると家族の一員として心配し、退院を待ち。 退院して家に帰ってくると心配していたこと、無事に退院して帰ってきてくれたことの嬉しさを全身で表現。

 

“番犬” から “家族” へ

犬にたいする考え方って変わってきたんだってことを身をもって感じたここ数日。

 

モモとのんびり過ごす時間・・・

私にとっても大切な時間なんですよね。。。

 



2009年07月19日

モモの存在

疲れていたり心配事があったりしたときモモはそれを察知して私をケアしてくれる。

モモがいてくれることで精神的にかなり救われている。

 

お転婆でワガママで・・・

そんなモモの存在が我が家の中でとっても大きい!

 

090719-11

 

モモの存在感を再認識するのがトリミングに行っているとき。

私がモモの帰りを待って留守番している状態。

 

早く帰ってこないかな・・・

 

今月は仕事の忙しさ、家族の入院・手術などでちょっとお疲れ気味。

モモは私のことをしっかりケアしてくれてるんですよね。

モモに感謝。。。



2009年07月15日

あっという間の2年

メロディちゃん(チワワ・ロング)が来月2歳の誕生日を迎える♪

ママさんとメロディちゃんが待つ犬舎へ向かったときのことを思い出すと懐かしい。

でも、あれから2年近く経ったなんてちょっと信じられない・・・

 

ママさんとは以前から知り合いだったので 「犬を飼いたいんです」 という希望も知っていた。

犬を飼うことに対しての不安が多くあることも知っていた。

 

そんなママさんの不安を吹き飛ばしちゃったのがコロコロまん丸に育っていたメロディちゃんの画像。 私の言葉よりもずっとママさんの心を動かす力を持っていたんです!

そして忘れないのがご対面の瞬間。

メロディちゃんを見た瞬間にママさんから出た言葉が 「いつ頃迎えられますか? 何を用意すればいいですか?」 でした。

 

ママさんとメロディちゃんが一緒に暮らし始めてからもいろいろあった。 ちょっとした事が心配になったり、お転婆ぶりに苦労したり・・・。

でも、その一つ一つがママさんの犬と暮らすことに対しての成長にもつながり、今では立派なメロディ・ママ♪

 

090715-11

 

メロディちゃんもママさんの愛情をたっぷり受けて素敵なレディに!

 

ママさんの印象的な一言

「まだ2歳だけど、メロディとはずっと昔から一緒に暮らしている感じ」

 

メロディちゃんも同じことを思っているんでしょうね。。。



2009年07月11日

成長に合わせた悩み・・・

小さいけどズッシリ!

ユスティアちゃん(ミニチュア・ピンシャー)の近況をお知らせいただくとともに、ママさんからご相談もいただきました。

 

090711-11

 

なんらかのヒントにしていただければ・・・。

私なりの考えや経験からの事例をお伝えするときに思うことなんです。

 

やっぱり生活の環境やその子の特徴もある。

お伝えしたことをうまく応用して 「うちの子のためにはこれが最善!」 と思えることをしてあげてほしい。 大好きな飼い主さんの決めたことを愛犬たちは喜んで受け入れてくれると思います。

 

ずっと一緒に楽しく暮らしたい!

この気持は愛犬も同じだと思うから。。。



2009年07月09日

丸々とした子犬体型

「今何グラムですか?」

「親の体重は何キロですか?」

このような質問はとても多い。

 

犬の大きさが必ずしも体重で判断できるわけではない。

私たち人間だって同じ。 例えば 「私の体重は体重が60kg」 と言う人を想像してみてください。

???

ただ体重だけで想像できるでしょうか・・・。 身長がわからないとイメージできないんじゃないでしょうか。

体重だけでなく身長や体型(体つき)。

 

画像はもう少ししたら飼い主さんのもとへ行くキャバリアちゃん。 「こんな感じに成長していますよ」 と成長の様子をご連絡させていただいたときの画像。

 

090709-11

 

今日ワクチン接種を行ったときの体重は2、100g。 見た目以上にずっしり!

お尻での検温中も、ワクチン接種のときの診察台の上でも、獣医さんにシッポふりふりで愛嬌バツグン♪ 「体もしっかりして元気だな〜」 という獣医さんの笑顔にシッポを更に激しく動かし 「とっても元気だよ!」 って答えているみたい .。゚+.(・∀・)゚+.゚

 

キャバリアって座りながら嬉しくてシッポをふると床にあたってパタパタと音がする。 このパタパタの音がなんとも心地よい。

 

体重よりも大切なのは体型。

幼児体型って言葉があるように成長に合わせた理想の体型ってあるんですよね。。。



2009年07月05日

ももちゃん仲間

我が家一員であるモモ(ポメラニアン)。

ミクシィでは 『愛犬の名前がもも』 というコミュニティに入っているが、全国ではどれくらいの数のももちゃんが家族のみんなと暮らしているんだろう。。。

 

先日は千葉県で暮らすももちゃん(トイ・プードル)の様子をパパさんからご連絡いただいた。

家族として暮らし始めて約10日。 家の雰囲気に慣れて甘えからくるお転婆がちょっと顔を出し始めたとか (・∀・)

 

昨日は北海道で暮らすももちゃん(キャバリア)の様子をママさんからご連絡いただいた。

迎えに来ていただいた空港で 「ご対面」 をしてから約1ヶ月。

「走り回る素早さと好奇心旺盛なイタズラに苦労してます」 

最近は部屋で遊ぶ時間も増えてワンパクパワーが全開になているとか (゚∀゚)アヒャヒャ

 

「でも毎日が楽しいですよ! 家族ではももの話題で会話が増えたんです。」

ママさんのこの言葉がとっても嬉しく印象的でした。

 

子犬の時期は世話が大変なことがある。

でも、その大変なことも子犬の時期から育てる楽しさなんですよね。

 

全国のワンパク、お転婆なももちゃん。

我が家のモモも子犬の時期はかなりのお転婆さんだったんです .。゚+.(・∀・)゚+.゚

 

 



2009年07月01日

見た目の変化

犬って生まれてから生後3か月くらいまで体が急成長する。

生まれてからの3か月で人間に例えると5歳児くらいまで急激に身体的な成長をする感じ。

 

立ち耳が特徴の犬種も子犬の時期は耳が寝ている場合が多い。

成長のスピードには個体差もあるので立ちが遅い子もいる。

 

飼い主さんのもとに行くまでの期間を一緒に過ごしているシェパードちゃんも数日前まで右耳が折れて寝ていた。 ところが昨日あたりからピンと立ってきた。

090701-11

子犬の中には立ったり寝たりを繰り返す子もいる。

 

 

ところで・・・

「シェパードって本当に飼いやすいな〜!」 って心から思ってしまう。

ブリーダーから 「この子は本当に優秀な血筋だから良い子になるよ!」 っては言われていたが、これほど理解力に優れているとは思わなかった。

 

子犬らしい無邪気さはあるし元気いっぱいだけど、私の行動を覚えてしまったのか次の動きを予想して先に動いている時がある。 それだけではなく細かな驚きがとっても多い。

さすがに警察犬などで活躍している犬種。 親犬たちも現役で活躍しているので血筋の重要さもあらためて実感。。。



子犬の広場へようこそ!



<< 店長のお店 >>
ブリーダー直譲子犬販売
“ ワンダーランド ”
↓  ↓  ↓



アンケートにご協力ください♪
↓  ↓  ↓

リンク集




ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」


あなたを犬に例えると?
↓  ↓  ↓
犬診断(いぬのきもち)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


モモ&モカも参加中です♪♪♪
  ↓  ↓  ↓
deco_blog_with2_net-5

コメントをご紹介♪
愛犬を登録しよう!



以前の記事
子犬の広場モバイル
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)