2009年09月

2009年09月30日

楽しそうだな〜

ゆめちゃん(パグ)の近況 .。゚+.(・∀・)゚+.゚

ゆめちゃん(パグ)


もう2歳になったんだ (・∀・)

迎えに来てくれたパパとママに 「待ってたよ〜!」 と伝えるようにはしゃいでいた姿が思い出されます。 コロコロの体型で転がるように走っていたんですよね〜。


成長とともに表情も豊かになっている!
幸せに過ごしていると表情に表れる (*゚▽゚*)

 

「お腹すいたよ〜!」 って伝えてくる姿は本当に可愛いんでしょうね。。。



2009年09月27日

雑種犬の里親募集

9月13日に茨城県内で生まれた雑種犬の里親さんを探すことになりました。 優しい犬好きな飼い主さんが見つかることを祈って・・・

雑種犬の里親募集


今回の里親さん募集を行うきっかけは先日のテレビ番組。 フジテレビのニュースJAPANの特集なんです。

同じ犬業界の知人と 「何かできることはないだろうか?」 と話をし、その知人の近所で生まれていた雑種犬の里親さんを探してみることにしました。


知人が住む地域では “野良犬” と呼ばれる犬たちがまだ多く、定期的に役所に捕獲されているのは以前から聞いていた。 そして先日も捕獲が実施されるというときに 「実は子犬が産まれている」 と知られてくれた人がいたんです。

旦那さんがアメリカ生まれ、仕事の関係でヨーロッパで過ごした期間が多いかた。 欧米のペット事情や日本のペット事情の話をしたり、何かできることはないのかなどの話をしました。


今回産まれた子犬たちと母犬はその家庭で今は過ごしています。


母犬は中型犬。
しっかりした体つきでしっかりと子育てをしています。 子犬たちもコロコロして発育状態も良好。


知人の知り合いである獣医さんにも協力してもらい、母犬・子犬のケアもしっかりと。



里親さんの出現を待ちたいと思ってます。。。

2009年09月24日

飼い主として・・・

メロディ・ママさんから電話が・・・

私は見れなかったのですが、昨日のニュースJAPANの中でショッキングな映像が放映されたようです。

ママさんはその映像がとてもショックだったようで・・・


犬を飼うってなんだろう?
私たちにとって犬の存在ってなんだろう?

そんな話をしました。


私たち飼い主がまずできる事ってなんだろう。
それは愛犬の一生に責任を持つこと!
それが第一歩でとても大切なことだと思います。


電話の向こうではメロディちゃんがママさんの膝の上でくつろいでいる (・∀・) そして、気が付くとお気に入りのイチゴ・ハウスからママさんの様子を見ていたり♪

メロディちゃんはママと暮らしているのが幸せでしょうがない!

ママが大好き♪


イタズラも、お転婆も、ワガママも、大好きなママだから甘えているんだと思います。 怒られるとシュンとして反省している様子も聞いているし・・・。



メロディちゃんとママさんだけでなく、家族として犬を迎えた飼い主さんはみんな同じ。 愛犬が頼れるのは飼い主さん。 一番信頼できるのは飼い主さん。 守ってあげられるのも飼い主さん。


無責任な飼い主が減れば犬を取り巻く環境も変わる。
私たちペット業界関係者の声よりも飼い主さんたちの声のほうが行政を動かす原動力になる。

そんな話もメロディ・ママさんとしました。


今回のニュースJAPANの報道を見て何かを感じた人って多いと思います。 でも、それが日本の現状。


補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬・・・)として私たちと密接な関係を築いてくれる犬たち。

もしかしたら今が何かを変えなきゃいけない時なのかも。。。



2009年09月23日

犬は笑う?

うちの子は笑うよ (・∀・)

そう思っている飼い主さんって多いんじゃないですか?
私もそんな飼い主の1人です。


犬も成長とともに表情が豊かになる。
一緒に暮らしていると愛犬の喜怒哀楽が理解できるようになる。

表情、そして目で犬は何かを伝えようとしてくる。
気が付くと愛犬にジッと見られていたなんてことがあると思います。
そして目が合うと何かを訴えてくる。


遊ぼう!の時は目がキラキラして笑っているような表情。

笑うモモ♪


怒られた時はシュンとしてゴメンナサイの表情。


笑っている、楽しそうな表情が多いのは幸せを感じてくれている証拠だと思います。

犬は笑う .。゚+.(・∀・)゚+.゚

犬も嬉しさや楽しさが自然と表情に表れるんですよね。。。

 



犬と猫の競り市

特集2日目のニュースJAPANの タイトルは 「子犬工場」

内容に関しての正直な感想は 「いろいろな局のいままでの特集とあまり変わらない」 だった。 「パピーミル」 と悪質なブリーダーをクローズアップしたり・・・

でも、その中で印象に残ったのは数秒だったが 「犬と猫の競り市(生体オークション)」 を報道したこと! “触れてはいけない場所” だったのか今までの似たような特集では報道されていなかったと思う。


イギリスの例が今回も出ていたが、イギリスと日本では生体(犬や猫)の流通の文化が違う。 国民の意識も違う。

日本の生体(犬や猫)の流通には競り市(生体オークション)が必要なのかもしれない。 ペットショップ(店舗)で子犬や子猫を探すのが定着しているため・・・。


この競り市(生体オークション)を否定するのではなく、まず売買される子犬や子猫の月齢について見直す必要があるのではと思います。

現状は 「生後35日未満」 が当たり前、これを 「生後8週齢未満は禁止」 に変えるだけで大きな変化が出てくると思う。

悪質なブリーダーが減るかもしれない。 育て方での成長状態に差が出るから!


最後にキャスターが言っていたが “日本は基準が曖昧”
多くのブリーダーだって今の売買されている月齢に疑問を感じている。 でも行政の基準が曖昧だから 「買い手(ショップ)」 の意向に合わせざる負えない。


まずは “売買の月齢規制”
政権が変わった今だから、見直すチャンスなのかもしれませんよね。。。

2009年09月22日

深夜営業の現状

フジテレビのニュースJAPANの 「時代のカルテ」 でペットショップの深夜営業などを取り上げていた。

その内容にちょっと驚き!
いままでの報道番組では触れないこと、はっきり意見を言わないことに対してはっきりとコメントしていた。

少し前のNHKクローズアップ現代のときは正直なところかなりガッカリした。 現場を見ないで教科書で番組をつくった感じで (`ε´)


今回のニュースJAPANではキャスターが現場に行き現状を見ている。 酔っぱらいが寝ている子犬を起こそうとしたり、子犬にちょっかいを出すお客さんに対して注意をしない 「見て見ぬふり」 の店員の態度にも触れていた。

そしてその時ペットショップにいた 「生後35日のダックスフンド」 の月例にも疑問をなげかけていた。

いままでの番組にはなかったこと・・・


以前にブログで書かせていただいた子犬や子猫の販売に対する月齢規制にも触れていた。

動物愛護管理法の改正時に 「生後8週齢未満の子犬や子猫の販売禁止」 の動きがあったが、ペット業界の猛反対で無くなったこと。

そのことをはっきりと言っていたし、環境省の職員(担当者)に対しての確認レポートも行っていた。


売る側だけでなく買う側、探す側も含めた全体の問題。
最近ではホームセンターなどの大型商業施設内のペットショップが急激に増えている。


今日は 「ペット業界の流通の闇」 というテーマらしい。
どこまで現状を伝えてくれるのかに期待をしてしまう。 無理だとは思うがペットショップなどの業者が利用するオークションにも潜入取材をしてほしい。 後ろめたさがなければ取材OKなんだろうけど・・・。


ペット業界から反発をされそうな内容。
そんな内容の特集をしたニュースJAPANに 「もっと頑張って」 と言いたくなってしまった。。。



2009年09月21日

柴犬の魅力

柴犬の魅力ってなんだろう?

飼い主さんにとっても忠実な性格や見た目の犬らしさかもしれません。
家の外で飼うイメージが強かった柴犬も、最近では室内犬として飼っているケースが増えている。 犬の飼い方も時代とともに変化しているんですよね。


赤(茶)の毛色のイメージが強い柴犬。 黒や白の毛色も個性的で可愛いんです (*´∇`*)

ソフトバンクのCMの影響(登場している北海道犬)で白柴の人気が上昇している。 黒柴は以前から根強い人気がある。

黒柴です♪

でも、出生数は圧倒的に赤(茶)が多いんです。
柴犬のブリーダーさんの中には 「柴犬は赤(茶)!」 ということも多い。


ちょっと頑固なところも柴犬の特徴。

その頑固さも可愛いって思わせる魅力があるんですよね。。。

 



2009年09月17日

やめてもらいたいこと・・・

また見かけてしまった (≧ヘ≦)


所用でみなとみらいに行き、車を停めて時間調整をしていたら自転車に乗って愛犬を引っ張っている飼い主さんが!

自転車の飼い主さんは愛犬のほうを見ていない。 愛犬(トイ・プードル)は一生懸命に走っている。 信号で止まらなければずっと走り続ける勢い。

もし愛犬が自転車のスピードについて行っていなかったらどうするんだろう? 「大丈夫」 の勝手な考えが愛犬を引きずってしまうかもしれない。

犬は大好きな飼い主さんについて行こうと一生懸命。 でも、犬だって疲れるしずっと走り続けることはできない。


もしあなたが 「運動は大切だから」 とロープでバイクに引っ張られたらどうだろう? あなたの意思に関係なく運転している人の気分で走り続けるとしたら。


事故は思いがけない時に思いがけない要因で起きる。

このような飼い主さんは 「何かがあったとき」 に自分の行動を反省するのか? それとも他に原因をつくるのか?


自転車に乗って愛犬を引っ張る。
その前に自分自身がロープでバイクに引っ張られて 「引っ張られる者の気持ち」 をあじわってほしい!


本当にやめてもらいたいと思ってしまうことなんです。。。

2009年09月16日

少しずつ慣れさせてあげる

首輪やリードを選んだり、愛犬に似合いそうな洋服を選んだり・・・
犬を飼う、家族がふえる楽しみの1つだと思います。

私もモモが我が家に来るまであちこちのショップで “お散歩グッズ” を見てまわりました。


子犬を迎えたときに間違ったことをしてしまうと子犬にストレスを与えてしまう。 これから子犬を迎える予定の飼い主さんには知っておいていただきたいこと。


犬はもともと裸族?
首輪をつける習慣も洋服を着る習慣も無い。 子犬が来てすぐに首輪をつけたり洋服を着させるとストレスになってしまうことが多い。

家に家の雰囲気に馴染んで落ち着いてきたら少しずつ慣れさせてあげる。 最初は嫌がるかもしれないので無理やりはダメ!

無理やりだと 「嫌なこと」 になってしまうかもしれない。
スキンシップをとりながら 「イイ子だね〜!」 と最高の笑顔で誉めながら少しずつ。 最初はつけさせてくれたら(洋服を着たら)誉めてあげて少ししたらとる(脱がす)。

慣れてきたらつけている(着ている)時間を長くする。


以前にこんなことがありました。

子犬を迎えて、寝ているとき寒くないように洋服を着せたまま就寝。
翌朝、子犬が疲れ切った様子でぐったりしていた。 うまく脱げていない洋服が体に巻きついた状態で・・・

連絡をいただいたのですぐに動物病院に行くようにお話しして無事に元気になったので一安心。 獣医さんも 「洋服を脱ぎたくてずっともがいていたんだと思うよ」 との言葉。


最近はついつい人間と同じようにと考えてしまう傾向があるけど、やっぱり犬の習性(習慣)を頭に入れて接することが重要!

私たちが飲んでいるミネラルウォーターも犬の体質には合わないものがある。 犬にチョコレートがダメなように・・・。



少しずつ慣れて楽しい(嬉しい)ことになると首輪も洋服も気にならない。 「洋服を着てオシャレをするとママがとっても喜ぶんだ!」 って愛犬が思ってくれるように感じさせるのもコツ!


メロディちゃんはオシャレも大好き♪

メロディちゃんのオシャレ♪


もしかしたら 「ママ今日はどの洋服を着させてくれるのかな?」 なんて考えているのかもしれない。


急にはダメ! 無理やりはダメ!

もしも自分がって考えてみるのも良いかも知れません。。。



2009年09月15日

伝えたいこと・・・

もうすぐブログの記事数が1,000になるんです w(゚o゚)w オオー!

よく続いたなぁ・・・


最近ではメインサイト(ワンダーランド)よりも訪問者数が多いことも。
ブログに遊びに来ていただいたみなさま。
本当にありがとうございます .。゚+.(・∀・)゚+.゚


振り返ると同じようなことを何回も書いている。
その頻度が高いほど伝えたいことなんだと思う。


子犬見学のときに 「ブログ読んでますよ」 と言われると実は嬉しいんです。 業界の隠された本当の事や “常識” だと思われている犬の飼い方を否定?してしまっているのに 「信用してくれたんだな」 と感じてしまうんです。

“ウソ” は書きたくない。
“誇張” もしたくない。


これからも思ったことや真実を書いて行こうと思います。。。



子犬の広場へようこそ!



<< 店長のお店 >>
ブリーダー直譲子犬販売
“ ワンダーランド ”
↓  ↓  ↓



アンケートにご協力ください♪
↓  ↓  ↓

リンク集




ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」


あなたを犬に例えると?
↓  ↓  ↓
犬診断(いぬのきもち)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


モモ&モカも参加中です♪♪♪
  ↓  ↓  ↓
deco_blog_with2_net-5

コメントをご紹介♪
愛犬を登録しよう!



以前の記事
子犬の広場モバイル
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)