2010年01月

2010年01月31日

犬を飼う! さがし始める時期は・・・

私がオススメする子犬をさがし始める時期は

「いつでも犬を迎えられる準備が整っているとき」

です。


その理由は

出会いはタイミングが大切!

だからです。


人との出会いもそうですよね。 例えば 「1年後に理想の人に出会いたい」 と思っているのに今日出会ってしまったら・・・。


人間も犬もそれぞれ個性がある。 見た目も・・・。
国籍と犬種を同じように考えてよいかはいろいろな意見があると思いますが、日本人でもいろいろな顔つきがあるし体型もある。 犬の世界で考えると、例えばトイ・プードルでもいろいろな顔つきがあるし体型もある。


理想の相手に出会ったらすぐに行動が起こせるとき!

子犬探しでよいと思うタイミングもそのときだと思います。


では、子犬を探す方法は・・・
ペットショップで、ブリーダーから・・・

インターネットを利用しての探しかたもさまざま。
通販もあれば子犬を直接見れる販売サイトもある。

ブリーダーの中には自分自身で販売を行う人もいればワンダーランドのような販売窓口をおく場合もある。 ブリーダーから子犬を迎えたい時はペットショップとの違いを理解して接すると良い情報やブリーダーならではのアドバイスを聞ける。


次回は子犬を探す方法についてちょっと紹介したいと思っています。

2010年01月28日

犬を飼う! 犬種は・・・

「犬が飼いたい!」 と思ったら自分が愛犬と一緒にいる光景を想像してみてください。 あなたのそばにいる犬種は?

人気とか流行りとか飼いやすさとかじゃなくて好みの犬種!
その犬種を飼うのが良いと思います。

いろいろな条件で無理な場合もあるかと思いますが、人間関係と同じで好きな犬種なら許せることも、好みでない犬種だと (≧ヘ≦)  となってしまう可能性があります。


飼いたい犬種が決まったらその犬種を飼っている飼い主さんのブログを読む! 今は多くの飼い主さんが愛犬との生活をブログで紹介しています。

ミクシィなどを利用しているのならその犬種のコミュニティをのぞいてみる。 つくられた情報じゃなくて “生きた情報” をたくさん知ることができます。


いろいろな飼い主さんの発信する情報を知ると、つくられた情報の 「ウソ」 が見えてきます。 日々の犬との暮らしかた、苦労したこと、楽しいこと・・・。 犬との暮らしかたは千差万別なんです。


ペットショップは売りたい犬種をススメテくる、ブリーダーは自分の繁殖している犬種をススメテくる。 ススメタイ犬種のことを 「飼いやすいですか?」 と聞いて 「おススメできません」 と答えることはほとんど無い。


飼いたい犬種の成長した姿を確認する。 ドッグランでもお散歩中の姿でも良い。 ペットショップをまわって子犬ばかりを見るのではなく成長した姿をしっかり確認する。

売りたいための体重のウソがわかるし、実際の大きさと体重の関係も確認したほうが良い。 そして体型で体重は違ってくるのもわかる。 アンガールズ系だと体は大きくて体重が軽い、スポーツ選手系だと見た目より体重は重い。


「飼いたい犬種」 の本当の情報を多く得ることが大切です!


そして・・・
例えばキャバリアだと心臓系の疾患などを気にする人が多い。 でもこれって 「日本人は〇〇〇病になることが欧米より多い、欧米では△△△になることが日本人より多い」 というたとえに似ている。 ポメラニアンやプードルの膝も同じ。

気になるのであれば負担が無いように太らせないとか日々の生活でケアをすればよい。

我が家のモモも生後3カ月頃にある動物病院でいろいろなことを言われた。 マイナス思考のアドバイスで不安にさせられた。

今の仕事をする前だったのでとても心配になった。 でも、今は 「通院させるための手段」 だったのかなと冷静に振り返れる。



迎えたい犬種が決まったら次は探し始める時期。
そのタイミングは次回に。。。

2010年01月25日

初心忘れるべからず

今の仕事 「子犬販売業」 を始めたきっかけは何だったんだろう?

「犬と暮らす楽しさ」 を伝えたい。 ペットショップ以外で子犬を探す手助けになれば。 子犬を探す人とブリーダーの橋渡し役に。


ペット業界の仕組みを知り、いろいろなブリーダーと接し、多くの獣医から普通では聞けない話を聞き・・・。


自分なりに蓄えた知識や経験を伝えて、何らかのヒントにしてもらわなきゃとここ数日考えていました。


私の考えが絶対ではない。 正解でもない。
でも、一つの考え方として参考にしてもらえれば役に立つかもしれない。


このブログも毎日多くの人が訪問してくれている。 たまたま行き着いたという人も多いと思うが、「こんな考え方もあるんだ」 と思ってくれると良いのかもしれない。


これから犬を飼おうと思っている人、子犬探しをしている人の参考になるように私の考えを数回に分けて紹介していこうと思っています。。。



2010年01月24日

シェルティのバイブルーって?

HPに掲載しているシェルティの中で毛色がブルーマールの女の子。 毛色の中に茶が無いので “バイブルー” とよばれるんです。

ブルーマールの毛色の多くはタン柄(眉)やアゴ、胸のあたりに茶の部分がありますが、その茶が無いのがバイブルー。
シェルティのバイブルー 

トライカラーとバイブラックのような関係ですが、ちょっと違うのは血統書上の毛色はブルーマールとなるところ。

ブルー系は好みが分かれてしまう毛色ですが。。。


まだお鼻にピンクのところがあって色素が完全に出ていませんが、成長とともに黒い部分が増えて行き 「黒いお鼻」 になるんです。

ふさふさのブルーマール・シェルティ!
カッコ良くて優雅なイメージなんですよね。。。

2010年01月23日

伝えなければいけないと思う

仲の良い同業者から

「ワンダーランドって自分の不注意で飼っていた犬を亡くし、ペットロスになったことをHPにのせちゃってるよね」

と〇〇〇さんが言ってたよと教えてもらった。


子犬販売という場で自分の不注意を公表したり、 “犬の死” に関することを伝えるのはタブーなのか???


私は自分の犯した不注意を伝えることで同じようなことが起きないようにしてもらえればと思うし、犬を飼うにあたっては 「愛犬との別れ」 が来ることをしっかり受け止めてほしいとも思う。


「ペットロス克服」 というキーワードでおどろくくらいのかたが当HPへアクセスしてくれている。 ペットロスを克服するための絶対の方法なんてない。 でも、私の経験談を読んでいただき、なにかを感じてくれたりなんらかのヒントになったりしてもらえればと思う。


子犬販売業、子犬を飼い主さんにお渡しする者は良いこと楽しいことばかりじゃなくて伝えなければいけないことは他にもある。


以前にある消費者センターのかたが言っていた。
「犬を製品のように考えているケースが増えている」


先日のテレビタックルで 「子犬のリサイクル販売」 と称してある販売方法を取り上げていた。 この販売方法に関しては私も2〜3年くらい前かな・・・ 銀座で飲食店を経営する知人から聞いていた。


子犬販売者(譲渡者)が伝えなければいけないこと、ペット業界の知られていない隠された部分を伝えること・・・


たくさんあるペットショップ、ネットでの子犬販売店、ブリーダー・・・

何を伝えようとしているかや重視しているかを注意して見ると面白いかもしれませんよ。。。



2010年01月20日

眉毛ちゃん登場!

今回更新した子犬情報の中でとっても個性的な子をご紹介 .。゚+.(・∀・)゚+.゚

フレンチ・ブルドッグの眉毛ちゃん!

眉毛ちゃん(フレンチ・ブルドッグ)


成長とともにもう少し眉(黒い柄)がくっきりしてくるんじゃないかと思います。
癒されちゃいますよね!

2010年01月10日

最近のモモの体調は

昨年末に初めての入院を経験したモモ。
そしてモモの体調管理に対しての責任を痛感したワタシ・・・。

ペットブームと言われた時期から愛犬と暮らし始めた飼い主さんは 「愛犬の加齢にともなうケア」 を考えているケースも多いのでは。


現在の我が家ではモモの体重管理と関節痛のケアを重視しています。

体重に関しては摂取カロリーに注意すること。 そして適度な運動。
関節痛に関してはサメ軟骨の粉末を手作りおやつに振りかけて摂取させることによりケアしています。

モモの関節痛にサメ軟骨は効果がありました。
動きが軽快になり、散歩での様子も大きく変化しました。


加齢にともなう機能低下や体力低下。 運動能力の低下。
マイナス思考でなくうまく付き合って行くプラス思考。 愛犬だって自分と同じように歳をとっていることを忘れない。


モモの体調は安定しています。 でも、若い頃にもどるわけではない。


モモの体のことを考えながら暮らしている最近は、モモとの距離が今まで以上に近くなった感じがするんです。。。

2010年01月05日

自分以外の存在に対しての考え方

この人は犬が好きか嫌いか・・・

犬ってこれを感じとる能力があるんだなって思うことがある。


散歩中のモモを見ていても感じる。

初対面の人に向かって急にシッポをふって近づいて行く。 近寄ると 「こんにちは。 私も犬を飼っていたのよ」 なんて話しかけてくれて、以前に飼っていた愛犬の話を聞かせてくれる場面ってけっこう多い。

逆に、モモを見てちょっと避けるような行動をとられた時にはモモも私を壁にするようなポジションをとる。


動物に接する姿を見ていると何となくその人の本当の姿を見れてしまうのかもと思うこともある。

「自分以外の存在」 に対しての考え方があらわれる瞬間がある。

嫌いと苦手も違う。


ついつい本当の姿が見えてしまう瞬間。

気になる人がいたら動物に関わる話をしたりすると、その人の本当の姿のヒントがわかるかもしれませんね。。。



2010年01月04日

低血糖症のこわさ

子犬の時期の低血糖症・・・。

ストレスや疲れから起きることが多い症状。 病気とはちょっと違うんじゃないかと思う。

環境の変化や寝不足、遊びすぎの体力低下で食欲がなくなる。 子犬の時期は食べないと体力が低下し低血糖症を起こすことが多い。

ある程度成長していれば体力のたくわえがあるが、子犬の時期はまだたくわえていることができない。 食べたエネルギーは次の食事まで。 車に例えるとガス欠で急にエンジンが止まってしまう感じ。

最近のショップさんでは当り前のように幼齢での仕入、販売を行っているが・・・。


低血糖症は素早い対応が大切!
子犬を迎える時はそのことを頭に入れておく必要があるんです。 どんなに元気でも、健康でも可能性はある。 子供が遊びすぎて疲れて熱を出すようなイメージ。


低血糖症は命にかかわることもある。

嘔吐などその症状は伝染病に似ているため安易に伝染病と診断する動物病院も多い。 パルボなどと診断され1週間くらい(1週間以内)で退院できるケースが多いようだが、パルボはそう簡単には治らない。

低血糖症と判断できない動物病院が増えている?
獣医さんの経験不足?


低血糖症を起こすと体力低下で体内の機能低下や菌のバランスも崩れる。 子犬の時期の不安定さを知っている獣医さんは適切な処置とアドバイスをしてくれる。


注意しなくてはいけないのが、低血糖症は点滴やブドウ糖などの補給で回復することが多い。 でも、それは一時的なものでそれからの栄養補給が大切!

栄養価の高い缶詰でも良い。 とにかく食べて体力を回復するのが大切!


一時的な回復で安心してしまうとまた同じように低血糖症を起こしてしまう。


当店では特に小ぶりな子の場合は様子を見てお渡しを遅らせる。 普通よりも長く母犬と暮らし、しっかりと自分で食べるようになるのを確認してお渡しする。 それでもお渡し時には低血糖症のことを必ずお話しして注意してもらう。


ショップさんなどで幼齢の子犬を迎える場合は低血糖症のこわさを頭に入れて接してあげてください。 先天的な疾患は? ワクチン接種の有無は? 健康状態は? そのことばかりで低血糖症のことは頭に無いことが多いように思います。

本当にこわいのは・・・


小ぶりな子、元気な子は特に注意してくださいね。。。

2010年01月02日

ダイエットがんばろうね!

まゆ・ママさんからまゆちゃんの近況のご連絡。
ダイエットが順調ということで獣医さんからも誉められたとのこと。

モモも見習わなければ・・・

まゆちゃん♪


心を鬼にしないと?なかなかダイエットは難しいと痛感している日々。
モモの体重が予定通りにはなかなか減らない大きな原因は私かもしれない。 ついつい・・・の積み重ねがダメだとはわかっていても甘やかし飼い主になってしまう。

モモも見習わなければじゃなくて、私がまゆ・パパさん、ママさんを見習わなければいけないんですよね (><)


1月末時点での目標体重。

目標達成がモモの健康につながるので頑張んなければ。。。

子犬の広場へようこそ!



<< 店長のお店 >>
ブリーダー直譲子犬販売
“ ワンダーランド ”
↓  ↓  ↓



アンケートにご協力ください♪
↓  ↓  ↓

リンク集




ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」


あなたを犬に例えると?
↓  ↓  ↓
犬診断(いぬのきもち)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


モモ&モカも参加中です♪♪♪
  ↓  ↓  ↓
deco_blog_with2_net-5

コメントをご紹介♪
愛犬を登録しよう!



以前の記事
子犬の広場モバイル
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)