2011年03月

2011年03月27日

被災地のモモちゃん

被災地で暮らすモモちゃんの記事。


毎日新聞 3月27日(日)9時36分配信

被災地のモモちゃん


津波で自宅を失った岩手県大槌町桜木町の無職、大平トワさん(66)は避難所の駐車場で車中泊を続けている。避難所にペットを連れ込むことはできないため、愛犬のマルチーズ、モモ(雌、5歳)と一緒に寝泊まりすることを選んだ。「つらい体験や避難生活でも、モモは私を支えてくれている」と話す。

1人暮らしの大平さんは外出先で地震に遭った。激しい揺れに驚いて帰宅。留守番をしていたモモと、足が不自由な隣家の高齢女性を軽乗用車に乗せ、高台を目指して逃げた。

 命からがらたどり着いた避難所で、日中に作業を手伝い、食料などの物資を受け取っている。「モモちゃん、お仕事だからお留守番しててね」。車を離れるときは必ず声を掛ける。

 モモとの散歩は運動にも気分転換にもなる。エコノミークラス症候群を予防するため、医師に相談して体調管理に気を配る。「仙台市に住む長男が(モモを預かりに)来るまでは一緒にいたい」

 ペットを心の支えにする被災者は少なくない。近くの建築資材会社「南部屋産業」は、被災者が自宅の片づけをする間などの短時間に限りボランティアでペット犬を預かる。小笠原正年代表取締役(64)は「『ペットは手放せばいいじゃないか』と言う人もいるかもしれないが、1人暮らしのお年寄りらにとっては大きな存在」と話している。【福島祥】



モモちゃんは今おかれている状況をしっかりと理解し、今できる精一杯のことをしているんだろう。 犬たちは与えられた環境の中で精一杯生きて行く。

そして、被災した飼い主さんやまわりの人たちに癒しを与えてくれていると思う。


「頑張れ!」って言っちゃいけないといわれるけど、「モモちゃん頑張れ!」と言ってあげたい。。。

2011年03月26日

飼い主と愛犬の絆を感じる

震災の報道で・・・。
愛犬と一緒に救出される様子を見たり、愛犬を探す様子を見たりする。私はどうしてもそのような記事が気になってしまう。 もしも自分が・・・ もしもモモが・・・ と考えてしまう。


読売新聞 3月26日(土)13時57分配信 の記事より

震災記事


東日本巨大地震による大津波で壊滅的な被害を受けた岩手県宮古市で、愛犬に命を助けられた女性がいる。

 津波襲来までの30分間、愛犬は興奮した様子で女性を高台にぐんぐん引っ張り、安全な避難所に導いた。

 女性は、海岸から約200メートルの同市田老川向(たろうかわむかい)に住んでいた赤沼タミさん(83)。メスのシーズー犬「バブ」と自宅の居間でくつろいでいるときに地震に襲われた。蛍光灯が消えると、バブはせわしなく走り回り、尾を強く振って鼻をクンクン鳴らしたという。

 赤沼さんが「散歩の時間にはまだ早いのに」と思いながら、玄関先で首にリードをつけていると、防災無線が大津波警報の発令を知らせていた。

 田老地区で900人以上の死者・行方不明者が出た1933年の昭和三陸地震を体験した赤沼さんが「避難しなきゃ」と玄関を開けると、バブも勢いよく飛び出し、いつもの散歩コースと逆の高台へ向かった。

 赤沼さんの歩みが緩むと、バブは振り返って歩みを促すようなしぐさを見せ、追いつくと勢いよく前へ出た。それを繰り返すうちに、自宅から約1キロ離れた避難所への急坂を一気に上りきっていた。

 振り返ると、歩いてきた道は津波にのみこまれ、自宅も濁流の中に。普段は散歩も嫌がるバブの行動に、赤沼さんは「津波を予知してたのかも」と不思議がる。

 バブは今、近隣地区の集会場で赤沼さんら住民約60人と避難生活を送る。12歳の誕生日にあたる23日には、お気に入りのピンクの服を洗ってもらい、うれしそうなしぐさを見せたという。(浅見徹)




飼い主と愛犬との絆。

お互いを思う気持ちを感じます。。。

水のお話し

地震の影響で飲料水の問題が報道されている。
その報道後にミネラルウォーターが品切れになったり・・・。

ミネラルウォーターなら何でも同じなの???

硬水とか軟水とか、含んでいる成分量の違いとか、同じ“ミネラルウォーター”とよばれる飲料水にも違いがある。

ある番組で言っていたが、乳幼児には好ましくないミネラルウォーターもあるらしい。それで粉ミルクなどを溶かすのは好ましくない。含まれている成分量が乳幼児には好ましくないらしい。


愛犬へ飲ませる水も同じ。

ミネラルウォーターの中には犬には好ましくないものもある。でもあまり知られていない。愛犬のためにと思う気持ちがかえって健康を害してしまう可能性もある。


今回の飲料水の問題のような放射能の問題は別として、ただ水道水はちょっと・・・ と思うなら、水道水を沸騰させて常温まで冷ましたものを愛犬に飲ませるのが簡単。

夏場などに冷蔵庫で冷やした水を愛犬に飲ませるのもNG!
飲ませるのは常温です。



ちょっと余談ですが・・・

移動などで疲れた犬にポカリスウェットを飲ませることはあるんです。いつもじゃなくて、疲れていそうなときには・・・。



“良いだろう!”の思い込みはちょっと危険なこともあるんですよね。。。

2011年03月21日

忘れてはいけない

テレビで震災に関する報道が減って、地震前の番組構成にもどってきている。お店での品揃えが通常にもどり、ガソリンスタンドでの給油待ちが無くなれば、私の住む地域はほぼ地震前の生活にもどるだろう。

忘れることはないだろうけど、復興支援などに関しての気持ちが今よりも薄れてしまわないように・・・。



大きな被害を受けた提携犬舎はなかったけど、水不足や電気の不安定さはまだまだ。ブリーダーたちは自分の生活とともに犬たちの生活も守っている。

地震前に出産をした母犬と生まれてきた子犬たち。出産を控えた母犬たち。その様子を聞き、なにか手伝えることがあればと思ってしまう・・・。


あまり報道されないが、被災地ではペット問題も起きる。例えば、犬や猫を飼っている人たちは仮設住宅などに入居できるのか?被災地には犬や猫が苦手な人も多くいる。


何ができるのか?

何かできることがあれば小さなことでも行う気持ちを持ち続けることを忘れないようにしなければ。。。

2011年03月19日

帰ってきた日本男児

パパさんの仕事の関係で長くアメリカで暮らしていたジュリアス君が日本にもどってきた。それを知ったのはジュリアス・ママさんからの帰国予定のご連絡で。

帰国前にいただいたご連絡の中にとっても興味深い出来事があった。

それは・・・

帰国目前のジュリアス君が突然怯えはじめ、キュンキュンと泣きはじめたらしいのです。そしてその直後にママさんが日本での大震災のことを知った・・・。

私はジュリアス君は故郷でこれから起こることを察知したんだと思いました。遠いアメリカの地で。


ここからは私の勝手な想像ですが。

我が家のモモも地震発生前に今までにない行動をした。迫ってくる見えない恐怖に怯えるように。

ジュリアス君もモモも茨城県出身。
地震の被害が自分の生まれた地に及ぶことを察知したのかもしれない。



犬の感じる能力と言ってしまえばそれまでだが、私は故郷を心配する行動だったと思いたい。生まれた犬舎、お世話になったブリーダーさん、生んでくれた親犬や犬舎の仲間・・・。

心配と不安から来た行動だと・・・。



ジュリアス君の生まれた犬舎、モモの生まれた犬舎は大きな被害がなかった。電気や水道の不便は数日あったようだが。



報道で見た救出現場の場面に愛犬を抱いている人がいた。
「こんな時に犬のことなんて」って思われてしまうかもしれないが、同じ命。被災した犬たちもかなりいるだろう。

災害現場で愛犬を探し、見つけだした飼い主さんの姿もテレビで見た。その時の飼い主さんに抱かれた犬の安心しきった様子は忘れられない。




帰ってきた日本男児。

その笑顔と愛嬌で多くの人たちを幸せな気持ちにしてくれるだろう。
こんな時だから、動物たちの癒しパワーが必要なのかもと勝手に思ってしまう。。。

2011年03月17日

違和感を感じた日

横浜市内に住む私の地震発生後の生活はどうだろう?
そして、仕事で神奈川県内を動き回って見て感じた様子は?

モノ不足?
食料品、ガソリンがなかなか手に入らない。でも、そのモノ不足は本当に量が不足して手に入らないのか???


私はペット関係の仕事と同時に、運送の仕事も請け負っている。
某大手の会社の企業の向け商品の配達。企業向けといっても生活関連全般の商品を届けている。今日はその配達の仕事をしながらちょっと違和感を感じた。


今日届けた商品は地震発生後に注文を受けたもの。
今日は特にトイレットペーパーやペーパータオルなどの紙関係の消耗品と飲料水関係が多かった。余震に備えての備蓄なのか?

大量に届けた企業(法人)がいくつもあった。倉庫に入りきらないので仮置き場に置く。どう考えても1ヶ月以上はもつんじゃないかと思うような量。

そして・・・

「品切れになるんじゃないかとダメもとで頼んだんだよ」 って言われながらお届けした大量の飲料水。

多くのお客さんが言っていた 「今の在庫が無くなったら次回の入荷は未定です」 って聞いたから多めに注文したって言葉。



被災地では物不足が深刻だと報道で知る。
物流の関係でうまく届かない地区もあると聞く。


神奈川県内の多くの場所では万が一に備えて?多くの場所でモノが余っている。。。


配達を請け負って、それで賃金をもらっているのに違和感を感じてはいけないのかもしれないけど何かが変。 同じように感じている同業者も多くいた。



ガソリン不足も・・・。

地震発生後の交通量はそれ以前より少なく感じる。でも、ガソリンスタンドは長い行列だったり品切れ閉店だったり。



計画停電で多少不便を感じてしまうが、被災地の人たちの状況と比べれば恵まれている。 そんな地区で過剰な備蓄が加速しているように感じる。

仕事を請け負っていながらこんなことを言うと怒られてしまうかもしれないけど、その会社も在庫を普通に販売するのではなく注文個数の上限を設定し、多少でも被災地に送って役立ててもらうなどの発想は無いものなのか???



私が勝手に感じた違和感。

被災地の報道を見るたびに・・・。

どうしてもブログに書きたくなってしまった。。。

2011年03月15日

何ができる?

連日の被災地の報道。
自分ができることはなんだろう?
節電は自分たちのため?

被災地の人たちに対して何かできることは?
できることは・・・ 募金しか思いつかなかった。。。


私の募金額は微々たるものかもしれないけど。
支援の一部にでもなればの思い。



計画停電に対しての報道内容は批判めいたものが多いように思う。
某番組のタレントコメンテーターなどの発言はあまりにも自分本位に思えた。

被災地の人たちは地震や予想をはるかに超えた津波の被害を受けている。 停電になるはずがならなかったで怒っているのが私は受け入れられない。 「停電にならなくてすんだんだ」 と思えないものか。。。


電車が動いていない。
会社に行けない。


怒る理由かもしれないけど、いま日本がどのような状況にあるのかをもっと考えたほうが良いのではないかと思ってしまう。。。

2011年03月13日

地震発生 〜 その後

子犬の問い合わせをいただいていたみなさま、子犬をご予約いただいている飼い主様へ。 しばらくの間は当店からの連絡をひかえさせていただこうと思っています。

当店に関してはみなさまからのご連絡に対して対応できる状況にありますので、お気軽にご連絡ください。



地震発生時、私は川崎の埋め立て工場地帯にいた。運送の仕事で、ちょうど荷物を積んでいた時。 立っているのがやっと、まわりの倉庫がキシミ、大型のトラックが跳ねるような動きをしていた。

頭をよぎったのは “地割れ” 、地面が波打ったように動いているのと埋立地だからという理由から。 余震も続き、予定の配達も中止に。


電話はつながらない。家のことが心配なので帰宅したかったが大渋滞。テレビで情報を収集しながら不安な時間を過ごす。

ようやく電話が通じたのが19:00頃。家に大きな被害がなかったことを確認できてホッと・・・。 「モモは大丈夫?」 と聞くと 「モモは地震の少し前から落ち着きがなくて、何かに向かって吠えてたんだよ! 地震直後はショックだったみたいで呆然としていたけど、今は落ち着いてベッドで寝てる。」 とのことでまた安心。

川崎から横浜の自宅に帰るまで6時間以上。




昨日は配達の仕事に出たが、街は正常にはもどっていなかった。。。





2011年03月11日

話しかけることも大切・・・

犬って人間の言葉をある程度は理解してくれると言われている。
幼稚園児くらいに例えると良いとも言われる。


一方通行かもしれないけど、愛犬に語りかけることって大切だと思う。。。


でも、ちょっと間違えると大変なことに!
愚痴やイライラを愛犬にぶつけると、愛犬たちは言葉や飼い主さんの表情、雰囲気から多くのことを察してしまう。
愛犬にストレスを与えてしまったり、マイナスの影響を与えてしまう (>_<)



私はモモに語りかける時間をつくっている。
それは就寝前。

リラックスして無防備に寝ているモモの横に寝転んで、お腹を撫でてあげたりしながら一方的に話をする。

今日も満足


「今日はお利口さんだったね!」
「足は痛くない?無理するなよ!」
「明日は天気が良かったらちょっと遠い公園までお散歩に行こうか」

などなど・・・。

笑顔で、私もリラックスしながら。


疲れていつの間にか寝てしまった翌日は

「昨日はゴメンネ。ちょっと疲れてて寝ちゃったよ。」

なんて謝ったりもする。


愛犬とのコミュニケーション。
犬たちは言葉、表情、雰囲気などから多くのことを察する。その能力は人間以上だと思う。


愛犬に話しかけてあげること。
一方通行のようだけど、愛犬たちはしっかりと理解してくれている。


絆を深める、信頼関係をつくるためにも大切なことだと思います。。。



2011年03月06日

2年ぶりに再会

昨日、モモの薬をもらいに動物病院へ。
椅子に腰かけて待っていると、クリーム色のダックス君が見えた。パパさんに甘えている懐っこくて元気なその姿は見覚えが・・・。

確信がないのでそのまま座っていると 「ワンダーランドの大和さんですよね」 とパパさんから声をかけてくれた。 「ご無沙汰しています。ライムです。」


2年ぶりにパパさん、ライム君に再会。

2年前は片手でヒョイと持ち上げられるくらいの大きさだったライム君。立派に成長した姿を見て嬉しさが!

懐っこい元気印は相変わらず (^_^)


「久しぶり!覚えている?」 と手をのばすとペロペロと舐めて返事をしてくれた。



病院の外へ出て話をしていると院長先生も合流。
その時のライム君の姿がとっても印象的だった。

お座りの体勢でシッポを振りながら院長先生を見つめている。ライム君にとって院長先生は信頼できる人なんだと感じた。

「僕の体をしっかり診てくれる、優しい先生」

家族とは違った信頼感なんだろう。



我が家のモモは・・・。

まだまだ病院が苦手 (>_<)

院長先生を見ると緊張しちゃうんですよね。。。

子犬の広場へようこそ!



<< 店長のお店 >>
ブリーダー直譲子犬販売
“ ワンダーランド ”
↓  ↓  ↓



アンケートにご協力ください♪
↓  ↓  ↓

リンク集




ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」


あなたを犬に例えると?
↓  ↓  ↓
犬診断(いぬのきもち)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


モモ&モカも参加中です♪♪♪
  ↓  ↓  ↓
deco_blog_with2_net-5

コメントをご紹介♪
愛犬を登録しよう!



以前の記事
子犬の広場モバイル
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)