2012年03月

2012年03月26日

トイ・プードルのブラックは写真写りが・・・

ブラックやシルバーのトイ・プードルの子犬は画像で顔がわかりにくい場合が多くなってしまう (>_<) 今回HPに掲載したブラックの女の子も・・・。

子犬の撮影って本当に難しい。
その子その子の本当の可愛い姿を伝えなきゃって気持ちでいつも撮影するのですが。。。

トイ・プードル


強い光をあてると顔ははっきりするけど、その被毛の感じとかが伝わりにくくなってしまう。 子犬の時期は被毛の状態でも成長状態や栄養状態がわかる。 それを伝えるか、それとも顔だちを伝えるか・・・。

子犬の時期にもう1つわかるのが頭(顔)のかたち(骨格)。
細身の顔立ちか丸顔か。


モコモコしてからでは被毛の感じでわかりにくくなるし、被毛の手入れの仕方で雰囲気を変えられる。

今回掲載した女の子は丸顔系。 お鼻は成長とともに伸びてくるけど、頭のかたちは変わらない。


トイ・プードルの場合、レッド系よりもブラックやシルバー、ホワイトのほうが被毛の巻きが強い傾向にあると言われます。 でも最近は毛色の組み合わせを考えない繁殖も増えているから一概には言えないのかな・・・。

トイ・プードルのブラックとシルバーを生まれて間もなく判別するのも難しい。 親の組み合わせによってブルーと登録される場合もある。 狼爪の処理も最近はブリーダーによって・・・。


トイ・プードルの場合、いろいろとあるので信頼できる販売者(ブリーダー)を見つけてくださいね。。。




2012年03月20日

犬はどんなときでも頑張ってしまう

モモの足はまだ少し痛そう。
でも、痛い足をかばいながらいつものように動こうとしてしまう。

「モモ、ジッとしてていいから」
と言ってもついてくる。まとわりついて甘えてくる。遊びたそうに訴える。


犬って元気なときの自分の動きを一生懸命しようとしてしまう。
例えば、低血糖をおこした時もふらふらしながら一生懸命歩こうとしたり起き上がろうとしたり。


飼い主の役割は・・・。
様子を見てなるべく無理をさせない。
できるケアを適切にしてあげる。


モモの膝関節痛とはこれからもうまく付き合っていかなければいけない。
無理をさせないように。。。

2012年03月19日

モモと膝関節痛

一昨日の朝、モモの様子がおかしかった。
いつもは朝の挨拶をするとまとわりついてくるが、寝たまま顔だけを向けてくる。少しして水を飲みに動き出したモモは左後ろ足を曲げたまま3本足で動いている。

モモの膝関節は軟骨がすり減ってしまっている。11歳。加齢にともなうどうしようもないこと。
ポメラニアンだから?
そんなことは無い!人間だってそうなるでしょ。


モモの膝関節痛の対策として「犬用のサメ軟骨サプリメント」を与えている。粉末なので食事にふりかけて。
でも、これは治療ではないのでやはりたまに痛みがくるらしい。

そんな時は家の中でゆっくりさせてあげる。
私は手術という選択肢は今のところ選んでいない。
手術、入院で受けるモモの心のダメージがこわいから。


加齢にともなう体の不具合は犬にだってある。
それを忘れちゃいけない。

モモは膝関節痛、私は腰痛 (>_<)



今日はだいぶ痛みが薄れてきたようでいつもの動きに近くなった。
左後ろ足も地面につきはじめた。

膝関節痛




これからもこの膝関節痛とはうまく付き合っていかなければならない。
モモの飼い主として、いろいろなサポートをする。
その時その時で最善と思えることをこれからもしていかなきゃ。。。




子犬の広場へようこそ!



<< 店長のお店 >>
ブリーダー直譲子犬販売
“ ワンダーランド ”
↓  ↓  ↓



アンケートにご協力ください♪
↓  ↓  ↓

リンク集




ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」


あなたを犬に例えると?
↓  ↓  ↓
犬診断(いぬのきもち)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


モモ&モカも参加中です♪♪♪
  ↓  ↓  ↓
deco_blog_with2_net-5

コメントをご紹介♪
愛犬を登録しよう!



以前の記事
子犬の広場モバイル
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)