2012年06月

2012年06月25日

愛犬の体調管理

チョコ・ママさんからいただいた相談。
チョコちゃんのちょっとした変化。

いつも一緒にいるから気付く微妙な変化。
飼い主さんだからこそ。



ネットなどで調べるとどんどん悪い方向へ考えがむかってしまうことが多い。 愛犬のことを知っている人に参考意見を聞くことも大切。

チョコちゃんは適切なケアをすれば大丈夫(^_^)

心配そうなママの顔より、笑顔のママの顔がケアの1つにもなるんですよネ。。。

2012年06月22日

勘違いをしていた (^^ゞ

モモが服用して膝関節痛が緩和されたサメ軟骨のマイクロパウダー。
東日本大震災のときに工場が被災し海にも影響が。

生産ができなくなってしまったと勘違いしていた。
震災前の生産量までは復旧していないが、今も生産されていた。

マイクロパウダー


このマイクロパウダー。
サメ軟骨成分由来のコンドロイチンは効果・吸収の面でとても優れている。
コラーゲンやカルシウムも含んでいるので、加齢ともなう犬の膝関節痛にとても良い。

犬の体に良い成分だけを含んでいるのと、パウダー状なので吸収されやすい。
動物病院で膝関節痛のケアにも使われている。


モモ(ポメラニアン)は8歳くらいの時に膝関節痛の症状が見られた。
軟骨がすり減ってしまい、足をついたり伸ばしたりすると痛みがあるようだった。

すぐ “手術” をすすめる動物病院も多いが、私は加齢にともなうものなのでできる限りのケアをしてあげることにした。 手術でのモモの体への負担。 そして、それ以上に心配だったのは入院することでの精神的な悪影響。


人間と同じで犬だって加齢にともなう体の痛みなどが出る。
犬だとすぐに手術をすすめられるが、私たち人間の場合はどうだろう? 

膝関節痛や腰痛など、多くの人がなるだろうが手術をすぐにするだろうか?
その度合いにもよると思うが、多くの場合はケアをして生活すると思う。

犬の医療も進歩し、犬の体に合ったサプリメントなども多くなった。

すぐに外科的な手術・・・。
少し前の時代ならそうなるかもしれないが、今は変わってきていると私は感じます。。。

2012年06月20日

途中経過を見てほしい

子犬譲渡の月齢規制に関してのアンケート。
途中経過は「生後90日未満禁止」を支持するかたが一番多い。



ペット業界では「生後8週齢」の基準で議論されることが多いが、もしこの問題が社会で大きく取り上げられたなら「生後90日未満禁止」もあるかもしれない。


このアンケートを始めて良かった(^_^)

そして・・・

動物愛護管理法に関わる役所の人たち、月齢規制に反対いているペットショップの組合の人たち、犬に関わる有名な某団体の人たちに見てもらって何かを感じてもらいたい。。。

2012年06月18日

チワプー?かわいいミックスちゃん

チワワとトイ・プードルの間に生まれた子犬ちゃん (^_^)
ミックス犬にはいろいろな呼び方をつけることが最近多いが、そのような呼び名をつけるとしたらこの子犬は “チワプー” になるんだろう。

顔つきや体つきはチワワ。
でも成長とともに被毛にウェーブが出てきた。

ミックスちゃん1


父犬であるチワワ・ロング君の毛色はブルー&タン。母犬のプードルちゃんはレッド。
子犬の毛色はチョコレート&タンなのは、おそらく父犬君のキャリー(持っている毛色の遺伝子)なんだと思います。

ミックスちゃん2


口まわりの被毛がプードルのように伸びるかは成長してみないと断定できないのですが、どちらにしても可愛くなると思います。 両親の犬種のかわいい部分が良い意味でミックスされている。


この子のような1代ミックス(両親犬ともに純血種)はその両親犬の特徴のバランスで見た目が変わってきます。 成長とともにその見た目の変化を楽しむ。

そんな気持ちがミックス犬を迎えるには必要だと思います。
「成長後はどんな感じになりますか?」
ミックス犬だけに予想は難しい。
でも、なんとなくの予想はできるのでお伝えするようにしています。

あくまで絶対ではないことをご了承いただいて。。。

2012年06月15日

これはNGだと思う

ワンダーランドはペットタクシーなどのことも考え「軽貨物運送業」の届け出をしている。
今は某大手運送会社から企業向けの配達を請け負ったりしている。

その運送会社の倉庫でこの話題になった。
「本当かな?」
「やらせ?」

今日のラジオでもこの話題が取り上げられていたようで・・・。




宅配って大変!
手伝ったこともあるが、日中はほぼ不在。
日にち指定されていても、時間指定されていても不在。

配達って1個配っていくらの仕事。
不在で配達できないとお金にならない。
不在で2回、3回同じ場所に行くと時間もガソリンも。。。


この記事のように荷物を置いて行きたい気持ちはわかるけど、でもこれはNGだと思う。 配達先と約束ができているなら別かとも思うが、勝手にこのように置いて行くのは会社の信用問題にもなるんじゃないか・・・。

「荷物=お金」
もしも荷物が無くなったらなんて考えないのかな?


「1回で受け取るのがエコです」 だったかな?
この会社のトラックにたまに貼ってあるステッカー。

勝手に荷物を置いて行くのはエコじゃないのでは。。。

まったくモモは・・・

散歩から帰って満足そうにヘラヘラしてるけど。



散歩の途中で会ったウエスティちゃんに相変わらずビクビク(>.<) シッポを振りながらも腰が引けていた。

ビビリのモモ。
内弁慶なところもカワイイのですが。
(^_^;)))

2012年06月14日

犬同士の関係

多頭飼い。
多くの場合は先住犬がいる環境に子犬を迎える。

ついつい失敗してしまうご対面方法は?
子犬を抱っこして先住犬に見せてしまうこと・・・。

初めてのご対面の方法を間違えてしまうと先住犬が警戒してしまう。
“ライバル登場” になってしまうんです。
人間の考え方ってときには犬にとって逆に思えてしまうことがある。


犬の行動やキモチを考えて飼い主さんがサポートする。
ご対面が成功すると、時間がかかる場合もあるが先住犬が子犬の面倒を見る。 子犬は先住犬を見ながら真似しながら家のルールを覚える。 上下関係がしっかりできる。


お兄ちゃんになったぽん太君 (^_^)

お兄ちゃん


もうすぐ家に来る弟を心待ちにしているかな?
おそらく飼い主さんの様子や子犬用のサークルなどでもう何かを感じている。

しっかり者のぽん太君がいるから弟君は安心してのびのびしそうな感じ。。。


2012年06月13日

参考になります

アンケートの途中経過はとても参考になります。
そして、コメントをいただいたことに感謝しています (^_^)

母犬


“子犬の譲渡に関する月齢規制” に関するアンケートをつくったときは、正直なところ 「必要ない」 の割合がもっと多くなると思っていました。 そして、 「生後90日未満禁止」 の割合はもっと少ないと思っていました。


この途中経過を見て思ったのは、
「この問題が社会で大きく取り上げられればペット業界は変わる」
ということ。

でも・・・
この 「取り上げられる」 ことが難しいんですよね (>_<)


役所の人の言葉を思い出す。

「なにか大きな事故や事件が起きないと規制は難しいのが現状・・・」

と言っていたことを。。。



2012年06月10日

厳しい目で見られる業界に

NHKの 「ダーウィンが来た!」 を見ていたら、自然界のレッサーパンダは生後3か月くらいまで生まれた子供を巣の中で育てると言っていた。

自然界では外敵などの要因もあるとは思うが。。。


犬の場合はどうだろう?

犬種によって多少の違いはあるけど、やっぱり短くても生後50〜60日くらいは母犬の存在を確認できる環境にいたほうが良いと思う。 子犬はいつまでも母犬に母乳をねだるが、母犬は子犬に歯が生えてくるくらいから拒否するようになってくる。 離乳食が始まる頃。

ブリーダーさんはその様子を見ながら子犬の成長に大切な栄養素を含んだ離乳食を用意する。

離乳食を食べるようになったからといって母犬の役目が終わったわけじゃない。 子犬たちも離乳はするが、母犬の温もりを感じて眠ったり、母犬の存在が確認できる場所で遊んだり喧嘩してみたりする。

子犬同士の喧嘩も見ているとドキッとするがとっても大切なこと。 数秒で終わり、その後は何もなかったかのように遊んだりする。 この数秒を経験することで多くのことを学んでいるんだと思う。 あまりしつこかったりすると母犬が怒ることもある。


ブログに設置したアンケートの結果を見ても幼齢期の過ごしかたを大切に思う人の割合が多いんだと感じる。 でも、今のペット業界では軽視されている。

ヨーキー


この週末は同業の多くの仲間といろいろな話しをした。

共通した考えは 「もっと厳しい目で見られるような業界」 にするように情報を発信していこうということ。 業界外では知られていないことが多すぎる。


ペットショップのHPでは生後50日未満の子犬情報なんてあたりまえ。
ブリーダーのもとにいる情報じゃなくて仕入れた(お店にいる)情報なのに、ブリーダーのもとにいる子犬の情報とネットで見ると同じに見えてしまう。

ひどい場合は、例えば関東で生まれた生後50日未満の子犬が遠くの地区の店舗の情報として掲載されている。 逆に、関東以外で生まれた子犬が関東の店舗の情報として掲載されている。 


お店間の移動もよく考えると・・・ (>_<)
例えば、私が住む横浜の店舗に行って 「埼玉の店舗の子犬が見たい!」 と言ったら横浜の店舗に移動してくれちゃったりする。 これってよく考えるとサービスじゃなくて子犬の受けるストレスを無視したお店の行動。

でも 「すごく親切でサービスも良い」 ってことになっているのが業界の現状。


なにかが違う気がする。。。


2012年06月07日

変な方向にすすむ国?

スカイマークの苦情に対する対応に関しての報道があったが・・・。
「安い運賃で乗せてやってるんだからありがたく思え」 って感じに思えてしまう。

デフレ脱却なんてメディアで言ってる人が多いけど、実際はどんどんモノの価格が、何かに対しての対価が下がる一方。 安さ歓迎? 多くの人は 「自分の仕事(自分が収入を得ること)」 に関しては対価が上がってほしいと思っているんじゃないかな・・・。


犬の業界はどうだろう???
犬を繁殖する、育てるってお金がかかる。


犬の業界でもスカイマークのようなペットショップ、ブリーダーが (>_<)
それを見分ける方法は?


“安い” や “無料” はその理由をしっかり確認すること!
これってどの業界でも一緒ですよね。。。


子犬の広場へようこそ!



<< 店長のお店 >>
ブリーダー直譲子犬販売
“ ワンダーランド ”
↓  ↓  ↓



アンケートにご協力ください♪
↓  ↓  ↓

リンク集




ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」


あなたを犬に例えると?
↓  ↓  ↓
犬診断(いぬのきもち)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


モモ&モカも参加中です♪♪♪
  ↓  ↓  ↓
deco_blog_with2_net-5

コメントをご紹介♪
愛犬を登録しよう!



以前の記事
子犬の広場モバイル
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)