2012年09月

2012年09月28日

ごめんねモモ

今回の内容は「犬バカ」としての感覚なので???と思われてしまうかもしれない。 「勝手に犬を擬人化してしてるだけじゃない」と言われるだろう・・・。


昨晩、モモがトイレでウンチをしていた。
ちょっとやわらかめだったけどあまり気にせず。

ところが何かいつもと様子が違う。 寝転んでテレビを見ているといつもなら「遊ぼう!」と仕掛けてきたり、近くで同じようにゴロゴロしていたりするのだが・・・。

気になってモモを見ていると台所付近でウロウロしている。
そして台所マットの上でウンチの姿勢。

慌てて近寄ると、モモは上目づかいで申し訳なさそうにウンチ。 そして逃げるようにサッといなくなった後には下痢のウンチが。 「しょうがないないぁ〜」と思いながらその場所を掃除をしているとちょっと離れてモモが見ている。

モモはトイレの場所はしっかり把握しているのでこんなことは珍しい。 掃除が終わってモモを探すと暗い玄関のマットの上で申し訳なさそうに伏せの姿勢。 「モモどうした?」と近寄るとシッポは嬉しそうに反応しているのがわかるが動こうとしない。

その場を離れテレビを見ながら寝転んでもモモはこない。 いつもなら様子をうかがうように近寄ってくるが、まったく近寄ってくる気配が無い。 気になって見に行くと暗い玄関のマットの上で同じ姿勢。



モモは申し訳ないという気持ちでいっぱいだっんじゃないかと反省。 ウンチを片づけ掃除する時にもっと違う接しかたをすればよかった・・・。 モモに気をつかわせてしまった自分が情けない。



今週は家族の緊急入院などでバタバタしていた。 モモも何かいつのと違う空気を感じ、いつも一緒にいる家族がいつもと違う雰囲気で出かけたまま帰ってきていないことが気になっていたんだろう。

やっぱり家族の一員。 そのこともあってお腹の調子が崩れたんじゃないかな。


仕事に出かける前の今朝のモモもまだちょっと様子違った。

病院に行くこともあっったので早めに帰宅し、モモと遊ぶ時間をつくった。 笑顔で、いつもよりちょっと過保護にやさしく接して。 やっといつものモモにもどってくれた (^_^)


秋





感情があるのは人間だけじゃない。
家族として、人間の暮らしにとけこみ暮らしていると犬だって家族(仲間)のことを心配する。 犬なんだけど人間(飼い主)と同じように暮らそうと思っていると思う。 大の字でお腹を出して寝ていたり、急に起き寝ボケて失敗している姿を見ると強く感じる。



モモは話しかけると人間の言葉では返事はしないが、何を言っているのか何を伝えたいかは言葉や表情、雰囲気であるていど理解しているんだと思う。


飼い主として、モモのリーダーとして反省の出来事でした。。。  

2012年09月23日

子犬見学のマナー

最近は10年くらい前と違い、ネットの普及もあってブリーダーさんのもとで暮らす子犬の情報を得ることもできるし直接譲り受ける(購入する)ことが身近になった。

wwp-12


しかし、ここにきて一般の飼い主さんには直接譲渡しない(販売しない)ブリーダーさんが増えている。 業者(生体市場なども含め)にしか譲渡(販売)しないのだ・・・。

その理由の一番が子犬見学のマナーにある。

ブリーダーさんが親犬たちを育て、生まれた子犬たちを育てる犬舎はペットショップの店舗とは違う。 ブリーダーさんはペットショップの店員さんとは違う。 でも、同じような感覚で子犬見学に訪れる人たちが増えた。

衛生管理は? 伝染病は大丈夫?
などと言っているのに子犬に勝手に触ろうとする、子犬を勝手に抱こうとする、子犬に遊びをしかける。

もしも、ペットショップに立ち寄ってからブリーダーのもとに行く人がいたとする。
ペットショップで子犬を抱っこし手を舐めさせたり。 もしも何らかの感染源を抱っこした子犬がもっていたら人間を介してブリーダーのもとにいる子犬たちに感染する。 手を洗ったから大丈夫? そんなことはない、服や靴などで感染源を持ち込むことだってある。


子犬を触らせてくれない! 抱っこさせてくれない! いちいち消毒させられたり、触ったり抱っこするのに条件を出される! これって不親切なブリーダーさんなのか? 私は危機管理のしっかりしたブリーダーさんだと思う。


犬舎って子犬を販売したり見学させたりを目的としていない。 育てる場。
1日のスケジュールだって子犬の飼育を考えてつくっている。 販売が目的のペットショップと全く違うのだが、最近は同じように考える人が多い。



先日あった知り合いの同業者の本当の話し。
約束していた待ち合わせ時間(見学予定時間)を大幅に遅刻。 当初は30分くらい遅れるとのことが結局は2時間以上の遅れ。 その間に見学予定の先方からは連絡ナシ。 同業者が確認の電話をして遅れがわかる感じ・・・。

ブリーダーさんに事情を説明。 見学時間って子犬の食事時間などを避けて設定しているので犬舎のスケジュールも大幅に遅れてしまう。

やっと到着し見学が始まると。 子供たちが子犬たちを触りまくり、ちょっかいを出しまくり、抱っこさせてと猛アピール! そして、今日は家族全員で来れなかったから見るだけと帰宅。 家族全員で見学できる日だと決めた日だったのに・・・。

その後もこの人からの連絡はナシ。 犬舎をペットショップや犬のいるテーマパークと勘違いしているのか? ブリーダーさんとしては家族の休日のレクリエーションの場にしてもらっては大迷惑!!!



ブリーダー訪問のマナー、子犬見学のマナー。
それを強く発信していない我々にも問題があるのかなと反省してしまいます。。。








2012年09月19日

子犬がウンチを食べちゃう・・・

「うちの子が自分のウンチを食べちゃうんです (>_<) 」
ってご相談をよくいただきます。

先日お渡ししたキャバリアちゃんも食べちゃってママさんがビックリ・・・。

我が家のモモはウンチは食べないけど、おしっこをした後のシートをペロペロ舐める (^^ゞ
子犬の頃はしなかったけど最近になって・・・。


ウンチを食べちゃいけない!
ってもしかしたら人間の感覚。

子犬ちゃんはなにやら臭いがするのでクンクンと嗅いでパクリ。
これってけっこう多いことなんです。


食べることが習慣になったりすると、のちのちの散歩などで知らない犬がしたウンチを食べちゃうことにもなりかねないので少しづつ慌てずに 「食べちゃダメ」 って教えてあげる。 怒るんじゃなくて、ウンチをした時にすぐに食べないでクンクンするのでその時にサッとかたづけ食べないように邪魔をする。

その後で 「食べなかったね!イイ子だね!」 と大げさに誉めてあげる。
シツケは現行犯の時に! 食べてしまった後で怒っても子犬は何に怒られたか???

ダメなことを教えるのは食糞だけでなく他のことも現行犯で。



母犬は生まれた子犬たちの排泄をサポートしたり、ウンチで体が汚れないように子犬がしたウンチをサッと食べてしまう。 母犬は子犬の陰部を、体を舐めて清潔に保つ。 子育て上手な母犬が産んだ子犬たちは体がとってもきれいだ!


もしかしたら自分がしたウンチを母犬が食べていたのをなんとなく子犬は覚えているのかもしれない?って考えることもある。



うちの子はウンチを食べちゃったから変?

そんなことはありません! 犬の世界では。
でも、一緒に暮らすルールとして “食べちゃダメ” って教えてあげる。


焦らずに! 時間をかけて。。。






2012年09月17日

秋を感じてる

モモは和室の窓から入ってくる風を感じながらボンヤリ外を眺めているのが好き。



今日は少し強く風が入ってくるが、心地よい涼しさに目を細めている。

日差しは強いけど、確実に季節が変わっていることをモモは感じているんだろう。


そんなモモを見ていると癒される。
モモも私もリラックス(^_^)

2012年09月09日

夏バテ気味なのは・・・

9月になって急に疲れが・・・。
朝は起きれないし・・・。

朝晩は涼しくなってきたので気がつくと居眠りzzz
そして気がつくと近くでモモも居眠りzzz

夏バテ


モモが寝ている姿を見ていると癒される。
犬なの?って聞きたくなる。

寝やすいようにクッションや枕を器用に配置して。
そして仰向けになって。


近づいても動かすのは目だけ。
横目で見て 「何か用?」 って感じ。

モモも涼しくなって嬉しいんだろう。
夏バテをしているのはモモも私も同じなのかもしれない。。。

2012年09月02日

モモがいない家は・・・

家に帰って玄関に入っても・・・。
部屋に入っても・・・。

いつもならシッポを振ってまとわりつくようにしてくるモモがいない。
家の中の空気も動きが止まったかのようで。

今日はモモの検査の日だったので、約半日くらいモモのいない生活。
病院にモモをあずけて帰宅した時にさみしさを感じた。

検査終了の連絡を待つ間は何度時計を見たことか。
あたりまえのようにモモと暮らしていたが、その存在の大きさをこんな時に感じる。



検査終了の連絡を受けて病院へ向かい、モモとのご対面前に検査結果を診察室で聞いていると奥からモモの声。 入院して迎えに行った時もそうだったが、私の気配を感じると落ち着きが無くなるようだ。 飼い主としては嬉しいけど・・・。

モモの検査後


家にもどるとあっちこっち歩き回り、私が動くとそのあとをくっついてくる。 遊んであげるとモモがいつも以上に笑っているように見えてしまう。


犬って病院やペットホテルに預けられたりすると不安になるんだと思う。
「なぜ?」 と犬たちにはその理由がわからないから。


ペットホテルの裏側などの話しを聞く機会がある。 どの業界でもあるような裏話。
飼い主さんがいなくなるとまったく食べなくなってしまう犬が多いらしい。
ペットホテル側は 「元気にお利口にしてましたよ」 と飼い主さんを安心させるが、実は何も食べなくてスタッフは苦労したという話は当り前のようになっている。 

ひどいときは精神的なショックから警戒心が強くなり、無邪気さが無くなってしまう場合も。



昔の “番犬” の感覚から “家族の一員” に変わってきた愛犬の存在。
もし事情があって預けることになったら愛犬の精神的なケアが必要! 


幼児を知らない場所で知らない人に数日間預ける。
私はそんな例えをすることがある。


もしも私が・・・。
前ぶれもなく突然知らない場所に連れて行かれ、知らない人たちに監視されながら部屋に閉じ込められたとしたら・・・。 現状を理解しようとしたり、そこにいる人がどんな人だか解らないので警戒したり。。。



モモは頑張った。
頑張った後はいつも以上に接する。
多少のワガママもOK (^_^)

でも調子にのり過ぎたら怒ります。。。



 



子犬の広場へようこそ!



<< 店長のお店 >>
ブリーダー直譲子犬販売
“ ワンダーランド ”
↓  ↓  ↓



アンケートにご協力ください♪
↓  ↓  ↓

リンク集




ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」


あなたを犬に例えると?
↓  ↓  ↓
犬診断(いぬのきもち)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


モモ&モカも参加中です♪♪♪
  ↓  ↓  ↓
deco_blog_with2_net-5

コメントをご紹介♪
愛犬を登録しよう!



以前の記事
子犬の広場モバイル
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)