2012年12月

2012年12月25日

“番犬”から“家族へ”

今日はペット保険のアニコムさんの担当のかたと会いました。 定期的に実施する保険代理店の点検作業。 ペット保険が損害保険の扱いになって数年、ペットと呼ばれる動物たちの環境も大きく変わった。

「子犬販売」の仕事を始めて10年以上、始めた当時はペット保険の認知度や必要性は今のように高くありませんでした。 動物医療の進歩とともにその必要性も高くなった気がしますし、犬を飼う飼い主さんが “番犬” から “家族” という対象と見るようになったのも大きな変化の1つなんだと思います。

blog-pose-223


我が家のモモも大切な家族 (^_^)
病気もするしケガもする。 「モモは犬だ!」 ということは重々承知しているが、やっぱり大切な家族の一員なんですよね。 モモの調子が悪かったりすると外出していても心配になる。 入院した時は退院するまで常にモモのことが気になった。

犬バカ? そんな風に言われることもあるけど、犬バカであることに誇りを持っています。。。

2012年12月20日

祝!12歳になりました♪

12月20日はモモの誕生日 (^_^)
今日でモモは12歳になりました。

いつも行くタロイモさんでトリミング。 ちょっと太り気味なのと、12歳になっても寒い時期はモコモコになる被毛でシルエットはまん丸・・・(^^ゞ

モモ12歳


モモにとっては誕生日なんてわかっちゃいない。 だぶん 「今日はやけにニコニコして優しいな」 くらいに思っているんだろう。 でも、私にとっては本当に嬉しい日。

初めてモモと会った日のことなどを思い出す。 ブリーダーさんから譲り受けて帰宅する途中に車に酔ってしまったモモ。 家に着いてサークルの中で遊び始め、始めてのゴハンを食べてしっかりウンチをしてくれたときはホッとした。


2回目のワクチンの時に 「モモちゃんは膝が弱いから早めの手術をおすすめします」 と当時行っていた動物病院で言われて心配した。 その時は今の仕事をしていなかったので信じ込むところだった・・・。

モモは手術なんてしていません! 加齢にともなう膝のケアをしてあげているので今も元気いっぱいです。 避妊もしていないけど乳癌にはなっていません。 


まぁいろんなことがありましたが、そんなことはあたりまえ。 だってモモも私たちと同じで生きているんだから! ケガだってするし病気になる可能性だってある。 飼い主として精一杯のケアをすることが大切なんですよね。


余談ですが・・・。
モモのダブルコートの被毛は寒い時期はモコモコ。 でも、育て方や暮らす環境ではダブルコートの被毛もシングルコートのようになってしまうことがあるんです。 自分での体温調整や体の免疫力、犬だって過保護にし過ぎるとその体の機能が低下してしまうことがある。

温度変化の少ない環境なら体温調整の必要や被毛で体温を保護する必要性が少なくなる。 良い意味で雑菌に触れる機会もあったほうが良い。 お散歩や日向ぼっこなんかも必要!


あっという間だけど濃い12年間。 これからもモモと過ごす時間を大切にして行こうと思います。。。

2012年12月06日

どこが違うのか???

少し前の「ダックスフンド放置」との違いはなんなの?

blog-pose-221


.<動物愛護法違反>和泉の犬屋敷摘発 敷地内に161頭
毎日新聞 12月5日(水)18時28分配信

 ミニチュアダックスフントなど犬161頭の世話をしなかったなどとして、大阪府警生活環境課などは5日、元ブリーダーで無職、石井典子容疑者(43)=同府和泉市東阪本町=を動物愛護法違反(虐待)と狂犬病予防法違反(予防注射未接種など)の疑いで逮捕した。延べ100平方メートル2階建て民家で飼っていた犬の大半が衰弱していた。

 逮捕容疑は先月7〜21日、ミニチュアダックスフントやチワワなどに餌や水を与えず、うち1頭に狂犬病の予防注射をさせなかったなどとしている。石井容疑者は、「餌を与えなかったことはない」と容疑の一部を否認している。

 府警などによると、石井容疑者は07年5月、ブリーダー業を始めた。当初は約20頭を飼育していた。鳴き声や異臭の苦情を受けた府が何度も改善指導し、今年2月に業務停止命令。3月に廃業した。府警が先月に家宅捜索した際、17頭が死んでいた。

 犬は現在、府犬管理指導所などで保護されているが、石井容疑者は犬の所有権を放棄していない。府は新たな飼い主を探すため、放棄するよう求めている。【服部陽】



何度も改善指導しとあるが、もしこの人が全く違う地で犬たちを放置していたらどうなったんだろう? やっぱり少し前の「ダックスフンド放置」の時と同じ対応をしていたのか?

「ダックスフンド放置」の件は終わってしまったことなの?
なぜ放置した人間を真剣に探さないのだろう?


今回の動物愛護管理法の改正でブリーダーを廃業するかもという話を多く聞く。 現場の考えと役所の考えが全くかみ合わないのも要因の一つじゃないかな。 従来のペットショップを守ろうとし過ぎてブリーダーさんたちのことを置き去りにしているところがある。

真面目に一生懸命犬の世話をして、犬舎で生まれた子犬を可愛がってもらいたいとブリーダーをしている人ってとっても多い。 でも、今回の報道などでブリーダーの印象が悪くなる。 


今回保護された犬たちがどうなったのか。 そこまでしっかり報道してくれるのか?

まさか保健所なんてことのないように祈ってしまう。。。 

子犬の広場へようこそ!



<< 店長のお店 >>
ブリーダー直譲子犬販売
“ ワンダーランド ”
↓  ↓  ↓



アンケートにご協力ください♪
↓  ↓  ↓

リンク集




ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」


あなたを犬に例えると?
↓  ↓  ↓
犬診断(いぬのきもち)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


モモ&モカも参加中です♪♪♪
  ↓  ↓  ↓
deco_blog_with2_net-5

コメントをご紹介♪
愛犬を登録しよう!



以前の記事
子犬の広場モバイル
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)