2013年01月

2013年01月30日

「体罰」って・・・

「体罰問題」に関しての感じかたって本当に人それぞれかもしれない。
年代によっても違うだろうし・・・。

ココからはあくまで私の個人的な考えです。。。

私自身は体育会系の高校に通っていたので 「体罰」 と思ったことは無かったが、痛い思いをしたりいろいろな光景を見てきた。 “縦社会” の構図が高校内にあったし、それが伝統のようになっていた部分もあった。

私は 「自分がやられて嫌だったことは下級生にしない」 って感じだったので “甘い” なんて思われてもいた。 でも、私はそんな伝統的な “伝えかた” が嫌でした。。。


「犬のシツケ」、「訓練」 にも同じようなことがあるように思う。
言葉が通じない “犬” だからこそその人の考えが出るのかもしれない。

私は以前、不安から暴れ出した柴犬を押さえつけた経験がある。
柴犬の本気の力はかなり強力! 噛まれないように気をつけながら体重をかけ、柔道の袈裟固めのようにして柴犬を押さえた。 そして柴犬の目を見て 「大丈夫!大丈夫だから!」 と言い聞かせるように言い続けた。

少しして落ち着きはじめ、大丈夫だって感じた時にかけていた体重をゆるめ、柴犬の体をさすりながら 「大丈夫だから!怖かったか?」 なんて目を見ながら話す。

言葉は通じなくても、目をしっかり見て態度で示すと何となく感じてくれる。 「暴れるな!」 なんてたたく必要もない。 たたけば恐怖が増すかもしれない。


モモに怒る時も・・・。
たたいたことは無い。 モモは小さいから両手でモモの動きを止める。 ジタバタして嫌がっても逃がさない! コワイ顔でモモの目を見て低い声で 「ダメ!」 と言う。 モモの目をコワイ顔でジッと見ているとモモが反応する。 「ごめんなさい」 って言っているような表情をしたり・・・。

最近は怒られるとわかるとモモは目を合わさない。 モモの目を追うと目が合わないようにモモは顔を動かす。

自分がダメなことをしたことにモモも気づいているんだろう。


“痛さ” で教えなくても通じる。 と私は考える。。。


本当の良い関係って “痛さ” ではなかなかつくれないような気がする。
その痛さに相手が “愛情” を感じてくれるケースは少ないような気がする。


私はモモと良い関係でいたい。

blog-pose-228


“痛さ” ではなくても気持ちが通じる関係に。。。


2013年01月21日

犬の相性って判断できる?

やっと光回線が復活 (^^ゞ
いつものPCもやっと使えるようになりました。


もうすぐ5歳になる弟コトリ君。
お顔の白がチャームポイントでルビーの毛色のキャバリア君。

ブレンハイムの毛色で優しいお顔のお兄ちゃんニコ君の存在もあってのびのびヤンチャに暮らしているそうです。 ニコ君はお兄ちゃんとしての風格 (^_^)

blog-pose-227


たまに 「今飼っている愛犬との相性を見て子犬を迎えたい」 と相談を受けますが・・・。

例えば子犬見学に愛犬を連れて行き相性を見ようってのはほとんど無理だと思います。 犬舎にその犬舎外で暮らしている犬を入れるのがそもそもブリーダーとしては (>_<) これは危機管理の面で業界では禁止事項。

それに、もしご対面できたとしても連れて行った愛犬にとってはアウェイの場。 やっぱり我が家にいるときとは心理状態が違ってしまいます。


多頭飼いのとき、弟犬や妹犬を迎えたときに大切なのは飼い主さんの態度。
そして先住犬をしっかりケアすることが重要。

ついつい新しく家族に加わった子犬にかかりっきりになったりしてしまいがちですが、先住犬が安心できるようにふるまうのが飼い主さんの役目。 ちょっとした気遣いの積み重ねが仲良し兄弟への近道。



今では仲良し兄弟のニコ君&コトリ君も最初のご対面のときは・・・。
いまでも思い出します (^_^)

自分の家に突然現れたコトリ君に対してニコ君が逃げ腰?
興味はあるけど・・・。 ちょっと離れてコトリ君を見ていました。

コトリ君はニコ君を見つけ 「遊びたい!」 とサークルの中で猛アピール?



それからのパパさんとママさんの接しかたを見てニコ君は 「弟が来たから僕はお兄ちゃんとしていろいろ教えなきゃ!」 と感じ、コトリ君はニコ君が自分のお兄ちゃん(リーダー)だと理解した。

時間とともにその絆は強まるんですよね (^_^)


お兄ちゃんの風格が出たニコ君はコトリ君にとって頼りになる、そして安心できるからいるまでもヤンチャできるのかな・・・。




2013年01月17日

まさかの原因で・・・

インターネットが見れなくなったのはパソコンの不具合だと決めつけていたが・・・。

原因は先日の雪で光ケーブルが断線?だったことが判明 (^^ゞ 家の外で垂れ下がる光ケーブルと電柱の上であきらかに変な格好をしているボックスを見つけた。

家に入り電話を確認すると発信は無反応。 自分の電話番号にかけたら故障のNTTのアナウンス。 すぐにNTTへ電話したらやはり14日のお昼くらいから故障らしきのデータがとれたそうだ。 


我が家は横浜市内でも山の上?に位置する。 家に近づくと最寄り駅付近とはあきらかに違う気候に・・・。 家の近く200mくらいから雪深くなる (+_+)

たまたまその日のお昼頃に撮影した我が家のまわり。

DSC_0093


まだまだ道に沢山の雪が残っている。


原因がわかってホッとしているが・・・。 自分でパソコン本体かセキュリティソフトの関係と決めつけ、パソコンを買い替えるくらいのつもりで設定をいろいろいじくってしまった (>_<)

後悔。。。

2013年01月16日

トラブル発生 (+_+)

一昨日、いつも使っているパソコンが突然インターネットにつながらなくなった。

たまにこんな状態が起こるので、「またか・・・」と思いながら1日経過・・・ 今回は何をしても復活しない (>_<) 以前にいろいろなサポートセンターに電話もしたが原因不明? おそらくウィルス対策ソフトの悪さだと思うが・・・。

トラブル解決法もネットが使えないと調べられない???
急きょ違うパソコンを取り出してネットにつなげたが、いろいろなデータを移すのが面倒。 仕事も忙しくなかなかジックリとトラブル解決に向き合えないのでしばらくはこのままで。。。


久しぶりのパソコンに懐かしのモモの画像。
この楽しそうに走っているモモの姿はお気に入り (*^_^*)

DSCF0053


便利な生活をしているといつの間にか慣れて当たり前になってしまう。
ネットができないだけで大騒ぎ・・・。

ひと昔前ならこんなにネットに依存していなかったな。。。

2013年01月13日

勝手にメルマガ登録されるのは迷惑

今日も2件のメルマガ購読の登録完了メールが来た。
また勝手に登録された (>_<)

ホームページでメールアドレスを公開しているのも理由の1つだと思うが・・・。
集客法やビジネス・コンサルティングなどに関わるものが多かったが、最近は全く違う分野のものも増えてきた。


「登録した覚えが無い場合は下記アドレスで購読解除を・・・」 なんてメールには記載があるが、正直なところコワクテそんなアドレスをクリックできない。 今日来たモノの1つは有名なメルマガサイトからだったので解除をしてみたが。。。

blog-pose-226



本当に迷惑な行為。

アドレスのリストが簡単に手に入ってしまう世の中。
それをビジネスになんて販売するほうもどうかと思うが、それを買ってビジネスに利用しようって思うほうもどうかと思う。。。

2013年01月09日

やっぱり付加価値を大切にしたい

仕事で使う物を昨日ネットで注文した。
大手ショッピングサイトで購入したが、最安値のショップではないショップで購入。
その理由は安心感。

商品は型番などで同じだし実物も知っているのだが、最安値のショップでは購入する気持ちになれなかった。 やっぱり私は値段だけじゃなくて付加価値、今回の場合は “安心感” という付加価値を重視した。


最近は 「デフレ脱却」 という言葉を頻繁に聞くようになったが、まだまだ “価格勝負” が続く感もある。 テレビを見ていても、夜の報道番組では 「デフレ脱却が重要な・・・」 なんて司会者とコメンテーターが話していても、数時間前の番組では 「なんと〇〇〇が△△△円で!」 なんて激安特集をやってたりする。


営業マン時代にドラッグ戦争と当時呼ばれていた地域を担当していた。 化粧品でもシャンプーなどの生活用品でも近くの店より1円でも安くの競争だった。 他店の価格を見ながら価格を変える、本当に消耗戦 (>_<) こうなってしまうと適正な利益の出る価格には戻せなくなってしまう。。。


私が関わっている 「子犬販売」 の業界も価格競争がある。 子犬の場合はその犬種の子犬(毛色や性別など)の “相場” がある。 でも、業者向けのオークション(生体市場)では血統や犬質などの付加価値ってあまり重視されない。 犬質って??? それはコロコロ丸々と育っているかなの発育など多くの要素。 これってけっこう重要で、丁寧に子犬を育てているかなどで差が出る。

でも、今の生後40日くらいで取引される業者向けのオークション(生体市場)ではまだ解りずらい月齢。 本当に育て方で差が出てしまう生後50日前後には多くの場合ペットショップにいるか飼い主さんのもとに子犬はいる。

結局、ペットショップに仕入れられる月齢では付加価値なんて関係なく “人気” だけで価格が決まり、大量仕入れるペットショップチェーンなどによって価格が左右される。 子犬の成長で本当に不安定で大切な生後40〜50日くらいの世話をしなくて良いのだからと安価で業者向けのオークション(生体市場)で子犬を販売するブリーダーが増える。 「子犬の健全な成長」 より 「ペットショップが喜んで買ってくれる月齢」 が重視され、ペットショップも安く買えるから喜んでその月齢で子犬を仕入れる。

ブリーダーとしては多少安くても本当に世話が大変で神経を使う月齢前にペットショップが仕入れてくれるのだから手間やリスク、経費などの部分で納得できてしまう。

ペットショップの考えは 「幼い子犬をお店で見せたほうがお客さんが喜ぶし来客数も増える」 。 譲渡の月齢規制がなかなか施行されないのもこも部分でのペットショップ業界からの猛反対が。 事実、 「譲渡の月齢規制に反対」 の署名をペットショップ業界は一生懸命行っていた。

子犬販売業界のデフレの構造。



今回自分自身でも感じた 「付加価値の重要性」 。
様々な要素で納得できればその価格が “適正価格” なんだと思う。

これも ↓ ↓ ↓ ちょっと高かったけど幸せな気分になれて納得 (^_^)

130108-blo-11


今年は子犬販売に関わる新しいことに挑戦しようと思っている。
“安心” という大きな付加価値を感じてもらえるように頑張らなければ。。。
 



2013年01月06日

モモの膝関節と私の腰

犬の仕事をしていると、いろいろな場面で???と感じることがある。
それは犬たちの体のことに関して。

例えば、犬や猫のオークションに来ているペットショップの社員獣医さんが生後40日くらいの子犬を見て 「股関節があまい」 なんて言ってブリーダーに価格を値切ってきたりする場面は当り前のように多い。 親しいブリーダーはそんなことを言われると無理して子犬を渡さない。

ケチをつけられてしまった子犬。 「この子はこんなことを言われてさ」 と何度も元気な子犬をブリーダーから見せてもらったことがあるが、まぁ全く問題は無いんだろう。 だって犬の生後40日を人間に例えると3〜4歳児。 骨の形成だって骨格だってしっかりして行く過程だ。

「アスリートのような体格の幼稚園児って見た事ありますか?」 ってそんな獣医には言ってあげたい。


子犬をお渡しした飼い主さんがワクチン接種の時に獣医からいろいろ言われることも多い。 私は飼い主さんから相談されるとその動物病院と獣医の名前を聞き、飼い主さんの了承を得て直接電話をする。

電話をしてそのことについて質問すると 「今は大丈夫ですが、その可能性があるって飼い主さんに言っただけです」 と答える場合がほとんど。  「可能性じゃなくて今現状はどうなんですか?」 と聞くと 「今は大丈夫です」 となる。

可能性の話しをして飼い主さんを心配させる手法が本当に増えている。。。



私は情けない話だが数日前にギックリ腰に (+_+)
私は腰痛持ちなのですが、疲れていたりなんかのキッカケでギックリ腰になることがある。

でも、この腰痛に関して私の両親は幼少期に行っていた病院の先生を責めたりしない。 「なんでこの子が腰痛持ちになるって解らなかったんですか!」 なんて。

私も骨格が完璧ではないけど、そのことで私の両親が責められることも無い。


モモの膝関節痛。 そのことでブリーダーを責める気も全く無い。
心配だしケアも必要だが、それってモモの一生をブリーダーから受け継がせてもらった私の責任。 何よりモモと出会えたこと、我が家に来てくれたこと、家族の一員として成長してくれていることが感謝なんです。



モモも私も体のケアがますます必要になる。

130105-momo

でもそれはモモも私もロボットではなく生きている証拠、同じものの無い1つの命だから。

もうすぐモモが我が家に来て12年。
お互い歳をとりました・・・(^^ゞ

2013年01月05日

何かがおかしい気がする

この記事をネットで見た時にがっかりした。
線量の問題で住み慣れた土地を離れて生活している人たちはショックだろう。 当事者でないとどこか “お仕事” になっていてポーズだけで動いてしまっているんじゃないか・・・。

blog-pose-225


手抜き除染、夏から苦情殺到 環境省、対応おざなり
朝日新聞デジタル 1月5日(土)7時38分配信

東京電力福島第一原発周辺で「手抜き除染」が横行している問題で、住民から環境省に除染作業への苦情が殺到していたことが分かった。ところが、環境省は苦情内容や件数を記録・分析して業者の指導に活用することをしていなかったという。住民からの苦情に場当たり的な対応を重ねたことが、手抜き除染を見逃す一因になった可能性がある。

除染事業の現地本部である環境省福島環境再生事務所によると、建物や道路から20メートル以内の本格除染を始めた昨夏以降、住民から「草がきちんと刈り取られていない」「洗浄に使った水が漏れている」といった苦情が多数寄せられるようになった。これらは環境省が定めた作業ルールに違反する可能性があるが、担当者の一人は「ひっきりなしに電話がかかってきて、いちいち記録をとっていられなかった」と打ち明ける。

同事務所は朝日新聞の取材に「苦情があるたびに契約に基づいてきちんとやるよう作業現場に注意してきた」と説明。一方で具体的な内容や業者名、件数などは記録せず、苦情の多い業者を厳しく指導するなど効果的な対応をしていなかったことを明らかにした。個別の苦情にどう対応したのかは検証できないという。
.朝日新聞社



私が関わっているペット業界も環境省の管轄。
やっぱり小さな声は届かない。

大きな問題が起きてからはじめて動こうとするが時間がかかる。
そしていつの間にか動かないままその問題が薄れてしまう。
結果は何も変わらない。

ペット業界では 「譲渡の月齢規制」 の小さな声が出始めてから10年以上たってようやく法令化される。 それでもまだ完全施行まで猶予期間が5年くらいある。



震災からの復興、除染。
本気度が目に見える年になってほしいと個人的には思います。。。




2013年01月02日

モモのお正月

あけましておめでとうございます (^_^)

昨年は請け負った運送の仕事が忙しかったので犬の仕事がおろそかになってしまいましたが、今年は仲間とともに新しい犬の仕事の仕組みをつくって前進したいと思っています。


我が家のモモは新年を迎えたことって理解していないと思いますが、まとまった休日がある時はその雰囲気を察して少し喜んでくれているのかな (^^ゞ いつもより一緒にいる時間が多い、遊べる時間が多い。

お正月は遊びに来てくれる人が多いのも嬉しいようです。

玄関のチャイムが鳴るともう大変! シッポを振って玄関まで猛ダッシュ!
「モモちゃん」 と呼ばれるたびに嬉しさを全身で表現してしまう。。。


そんな1日が終わる頃にはモモは疲れモード。
心地よい疲れなんだろう。

blog-pose-224


イビキをかいて大の字で熟睡 (-_-)zzz
そんな姿を見て私は癒されちゃうんです。。。

子犬の広場へようこそ!



<< 店長のお店 >>
ブリーダー直譲子犬販売
“ ワンダーランド ”
↓  ↓  ↓



アンケートにご協力ください♪
↓  ↓  ↓

リンク集




ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」


あなたを犬に例えると?
↓  ↓  ↓
犬診断(いぬのきもち)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


モモ&モカも参加中です♪♪♪
  ↓  ↓  ↓
deco_blog_with2_net-5

コメントをご紹介♪
愛犬を登録しよう!



以前の記事
子犬の広場モバイル
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)