2013年06月

2013年06月10日

体のケアと心のケア

土曜日にモモが退院しました。
ホッとした反面、家に帰ってからはしっかりとモモのケアをしなければと自分に言い聞かせながら帰宅。

小さな体で大きな手術を頑張ったモモの体のケアはもちろんですが、約1週間の入院をしたモモの心のケアも大切だと思っています。 モモは家族の一員として12年強の時間を過し、家族と離れての外泊は1回しか経験が無い。 その1回の入院でも声が変わってしまったほどショックだったようです。

モモは何で病院に行くのかを理解していないだろう。 入院し、手術することも・・・。
おそらくモモは 「自分だけ残してみんな帰っちゃった」 、 「ここで一人ぼっちはさみしい」 、そして面会に行った時も 「一緒に帰れるんじゃないの!」 とまた一人で残されるショックがあっただろう。


やっぱり家に帰ってきたモモは安心したようにいつもの自分の場所でくつろいでいました。 まだ術後なので走り回ったりしませんが・・・。

「モモ、頑張ったね!」 と笑顔でモモを撫でてあげる。
モモはキョトンとしていますが、時間をかけてモモの心のケアをしなければ。




今回の件で私には大きな二つの反省点があります。

1つはモモの健康チェックを怠ったこと。

3月27日の記事で書いたように、その時に少しモモの体調に疑問があった。 その時の健康チェックでは問題が無かったが、本来であれば1ヶ月後にモモの体調チェックを行っているはずなのだが・・・。 仕事の忙しさを理由に怠ってしまった。

院長先生から言われていました。
「1ヶ月に1回の健康チェックが早期発見につながる」

手術を行うことは回避できなかったかもしれないが、モモがツライ思いをする日数は減らしてあげられたかもしれない。


2つ目はモモの肥満。

愛犬の肥満は飼い主の責任。 肥満は万病のもと。 「モモちゃんのことを考えるなら本気でダイエットしてください!」 院長先生から厳しく言われました。



新たな気持ちでのモモとの生活。

体力が戻ったら本気でダイエット!



2013年06月05日

家に帰ってもモモがいない・・・

朝起きても・・・
帰宅しても・・・
いつもの夜遊びの時間も・・・

モモがいない。。。
まだ3日目だけど家の雰囲気がまるで違う。


モモは今日手術をうけました。
病名は 「子宮蓄膿症」 です。

『避妊手術をしていれば防げるのに!』 と言われてしまうかもしれませんが。。。

私は体に問題が無いときにモモの手術をすることに抵抗がありました。 避妊のメリット・デメリットも業界にいるだけに多く知っている。 そして私の決断は “避妊手術は行わない” ということでした。

結果的には 「子宮蓄膿症」 を発症し手術をすることになりましたが、モモも私の判断を支持してくれていると嬉しいのですが。


モモがこんなに長く “外泊” をするのは初めて。
毎日病院に面会に行くのですが、帰るときがツライ。 毎回 「大丈夫!また明日来るからね!」 と笑顔を忘れないようにしている。 心配な雰囲気をモモに察しられないように。

今日は術後のモモに会ってきました。
まだ完全に麻酔から覚めていないモモ。 院長先生から 「麻酔が完全に覚めてしまうと興奮してしまうから早めに来ていただければ」 と言っていただき、モモの負担にならないように面会。

獣医


犬は 「痛い!」 とか 「ツライ!」 とか 「気分が悪い!」 と話せない。 飼い主がその様子を見て察してあげるしかない。 ある程度の年齢になったら定期的な健康チェックが大切だと思う。


早期発見。
適切なケア。

人間も犬も健康を維持するためには大切なんだとあらためて思いました。。。

子犬の広場へようこそ!



<< 店長のお店 >>
ブリーダー直譲子犬販売
“ ワンダーランド ”
↓  ↓  ↓



アンケートにご協力ください♪
↓  ↓  ↓

リンク集




ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」


あなたを犬に例えると?
↓  ↓  ↓
犬診断(いぬのきもち)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


モモ&モカも参加中です♪♪♪
  ↓  ↓  ↓
deco_blog_with2_net-5

コメントをご紹介♪
愛犬を登録しよう!



以前の記事
子犬の広場モバイル
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)