2013年07月

2013年07月09日

懐かしい夏の光景

2、3年前だったか・・・。
モモは猛暑のときはお風呂場のタオルの上で居眠りをするようになった(^^ゞ

お風呂場は風通しを良くしていて熱がこもってないのと、タイルの上はヒンヤリして涼しいことを部屋の中を探検して知ったのだろう。 水に濡れるのが嫌いだったモモはお風呂場にはなかなか近づかなかったが、あるときモモがお風呂場に入って蛇口の水をペロペロ舐めていたのを発見。

それからモモのお風呂場での居眠りが始まった。
そっと近付いてもカメラを向けると気付かれて 「なに?」 って見る顔が思い出される。


blog-pose-248



モモは夏場のクールマット、冬場のペットヒーターは全く使ってくれなかった。

まだ幼い頃にクールマットを買ってきたら・・・。
モモがガジガジ噛み散らかしてボロボロ (+_+) ボロボロになった破片をクチャクチャ噛みながらご満悦。 「ダメ!」 と怒ると楽しそうに逃げて行ったのを思い出します。

クールマットは破壊してしまうのでタイルを買ってきてモモの体に合わせた大きさに部屋に敷いてみたが全く興味を示さない。 その場所を避けてしまう。 結局、ちょっと暑いときは木の床の上、猛暑のときはお風呂場がモモの夏の定位置に。


冬は・・・。

ベッドの中にペットヒーターを入れるとベッドに寝てくれなかった。 微妙に寝心地が違ったのか・・・。 


モモはこんな感じで季節に合わせて過ごしていたので被毛の変化は大きかった。 夏はスカスカ、冬はモコモコ。 自分自身で季節に合わせた対策もしてくれていたんですよね。

そのかわり抜け毛は多かったですよ (^_^)
夏のモモの抜け毛は我が家の風物詩。

そんなモモの抜け毛を掃除したり、たまに洋服についていたりが懐かしい。 出先でモモの被毛がついているのを見つけたときは 「まったくモモは」 なんてモモのことを思い出す瞬間でもありました。


モモの抜け毛が部屋いないこと、洋服についてないことがちょっとさみしい。
モモが旅立ったことをあらためて感じるときです。。。

2013年07月08日

犬業界が変わる?

まだ体が暑さに慣れない (+_+)
仕事で都内に出かけたときに車の外気温表示が40度。 車の外気温表示なので正確ではないのだろうが、最高は41度まで上がった。


blog-pose-247


みなさまの、そしてみなさまの愛犬の熱中症対策はしっかりしてくださいね。


某生体オークション(業者向けの生体市場)からブリーダーに配布された資料を見せてもらった。 そこにはオークションに出す子犬の月齢に関することが記載されていた。

その月齢はまだ早すぎると個人的には思うが、今と比べると1週間から10日は遅くなる。

この日数って急成長期の子犬にとってとても大きい。 ブリーダーの負担も大きくなるし、しっかり管理しているかそうでないかで大きな差が出てしまう。

犬種にもよるが、犬が生まれて1ヶ月は人間の3歳、2ヶ月は5歳くらい。 多くの基本的なことを覚える時期だし感じる時期、そして体も急成長するので不安定さもある。


今回のこの月齢の変更は特に大型犬を繁殖しているブリーダー、そしてペットショップに与える影響が大きいのでは。 今のままのオークション価格ではブリーダーを続けることが難しくなったり、ペットショップは大型犬を仕入れなくなったり。 大型犬の体の成長は早いから。。。


犬業界の “早い” と “安い”。
早い月齢で安く仕入れて安く売る。 頭数を多く売ってワクチン費用や独自の有料生命保証などで利益をのせる。 なんて大手のチェーン店の意見が強く影響していた今までの業界。

その価格はそのままで月齢だけ遅くなるとブリーダーの負担が増える。
いろいろな変化がありブリーダーをやめてしまう人が増えている。


秋くらいから本当に変化が起きてきそう。

ペットショップさんたちはどう対応するんだろう。。。


2013年07月07日

モモの妹に・・・

偶然だけどついつい物語を考えてしまう・・・(^^ゞ

今はご自身で子犬を販売しているのでご無沙汰していた埼玉のブリーダーさん。 モモのことも知っているのでご挨拶がてらモモのことも報告しようと訪問。 そして、ポメラニアンが生まれたら迎えさせてほしいことも言わなきゃと思っていた。


到着し、雑談の中で 「ポメラニアンが生まれたら・・・」 と伝えると、 「ちょっと待ってて」 と犬舎の中へ。 もどってきたブリーダーさんの手の上にチョコンと子犬が乗っていた。

「この子が生まれてるよ」 見せてくれたのがクリームの女の子。

blog-pose-246


出会いは運命なので 「この子を迎えさせていただきたい」 と伝え誕生日を聞くと6月20日。

モモが旅立ったのが6月18日、荼毘に付したのが6月19日、子犬が生まれたのが6月20日。

なんだかモモが我が家に来ることをこの子にバトンタッチしてくれたように思った。


順調に育てば子犬を迎えるのはモモの四十九日の翌週くらい。

モモは自分がいなくなった後の家族を心配して妹に 「頼むよ!」 って託してくれたのかな・・・。

そんな物語を考えてしまった。


でもモモの生まれ変わりだとは思わない。
モモはモモだから!

モモは子犬の順調な成長と、家族みんなの心の動きを見守ってくれている。。。




2013年07月04日

家族なんだってあらためて感じた

サボり気味だったブログの更新頻度が増えた。

モモのことをブログで書いているとなんだか落ち着くのもあるし、愛犬との別れでツライ思いをしている飼い主さんたちの何らかのキッカケになってくれればとの思いもあります。


動物病院の診察券やトリミングサロンの施術内容など記された用紙などに書かれた我が家の苗字がついたモモの名前。 それを見るたびになんとなくはモモが家族の一員だってことを嬉しく思っていた。

それがなんとなくでは無くて、本当に嬉しく実感したのが先日。

モモを個別火葬で送り、収骨を終えて骨壺を封印したとき。 我が家の苗字とモモの名前がしっかり記された。 悲しくてツライのですが、モモが我が家の家族の一員として一生を送ったことが認めてもらえたような、うまく言葉では表せない嬉しさのような安堵の気持ちがあった。



飼い主の責任は愛犬の一生をしっかりと見守ること。
楽しいことばかりではなく、怪我や病気もあるだろうし予想外のハプニングもある。

そのモモの名前を見ながら問いかけちゃいます。
「モモから見たらどんな家族だった?」

最後まで気を使う優しいモモだったので 「最高に楽しかったよ!」 って言って安心させてくれているような気がしています。。。



2013年07月03日

犬の熱中症は飼い主が防げることが多い

暑くなってきました。

日差し対策・暑さ対策をしっかりした飼い主さんが愛犬を連れてお散歩なんて光景を今日も見てしまった。 愛犬は・・・特に対策なし。

何度かブログにも書きましたが、散歩に行く前に自分でアスファルトに寝転んで暑さを体感してほしい!愛犬の顔に位置に自分の顔を持っていき5分くらいそのままでいてほしい!

犬ってハアハアと呼吸をしながら唾液を蒸発させて気化熱で体の温度を下げます。 しかし、蒸し暑い時期は唾液が蒸発しにくくなるので体の温度が下がりにくくなってしまう。


蒸し暑い時間帯の散歩もそうですが、買い物などのときに車内で留守番させるのも危険。
赤ちゃんは? と考えてみてください。 犬も同じなんです。


蒸し暑い時間帯は散歩をしない。

車内で留守番させない。

家で留守番させるときは蒸し暑くならないように工夫する。


犬の熱中症は飼い主が防いであげられることがほとんど。
逆に言うと、多くの場合が飼い主さんの不注意!


愛犬は飼い主さんとのお散歩やお出かけは楽しい。
暑いと思ったって飼い主さんとの楽しい時間のために頑張る。 


飼い主は愛犬をコントロールしなければならない。 それがシツケかも・・・。
お散歩に行きたがっても暑い時間帯は我慢させる。 1回でわかってもらえなくても繰り返しダメだと伝える努力をする。



私はモモに教えられた。
モモが嬉しそうだからついつい食べ物を与えてしまった。
それが結果的にモモの寿命を縮めてしまった。
モモは命を持って飼い主の責任を私に教えてくれた。


愛犬のために心を鬼にすることも大切なんです。。。

2013年07月01日

モモの部屋

モモの部屋ができました (^_^)
なんか節目になったような気がしています。

「お骨は動物霊園などで供養しなきゃダメ」 という意見が多いと思いますし、私もそう考えていました。 しかし、モモに線香をあげながらいろいろ考えていたら変わってしまった。


ポケットの場合は生まれて2か月強で旅立った。 人間社会に馴染む前に、母犬や兄弟たちと過ごした時間がほとんど。 『仲間のもとに』 との気持ちが強く共同供養塔に納骨した。

モモは・・・。
12年強の時間を我が家で家族の一員として過ごした。 どちらかというと内弁慶でお家が大好き。 散歩に行くと犬が好きそうな人を見つけるとシッポを振って近寄って行く。 でも、犬友達は本当に少なく、自分から近寄って行くことが苦手だった。

そんなモモのことを思ったら動物霊園に納骨・供養するよりも、大好きだった家で供養したほうが安心するのではと思ってしまった。 家族にそのことを話すとみんな賛成、モモの部屋をつくってあげることに決定。


本当は材料をそろえて自分でつくろうと思ったのですが、なかなか希望に合った材料が見つからないので断念。 そしていろいろ考えてさがしてモモの部屋になったのが・・・。


blog-pose-245


お線香をあげるときはドアを開けて、スイカ模様の花壇のようなところにお線香。 おやつやお花、水などのスペースもできました。

この部屋から家族の様子を見て、ゆっくり休んで。


家の中での “モモの場所” ができたことでなんかホッとしました。
これからはモモに心配させないように気持ちを切り替えて行かなきゃ!

モモが、ポケットが教えてくれた犬と暮らす楽しさを継続するためにも、モモの弟になるか妹になるかわかりませんが 『新しい家族』 を慌てずにさがそうと思います。。。



ちょっと複雑な心境

モモが旅立って2回目の週末。
モモがいないさみしさはあるのだが、そのことに慣れてきた自分がいる。

「ペットロス症候群」 のことを考えると良い方向なのかもしれないが、どこか複雑な心境になってしまう。 仕事柄多くの飼い主さんにペットロスを克服するにはという話しをさせていただいていたので、今は自分自身でそのことを行っている。


いつも遊んだり一緒にマッタリしていた時間にお線香をあげる。
その時にモモに話しかける。

モモは我が家の一員になって喜んでくれていたと思っている。
思い出される1つの光景は熟睡しているモモの姿。

お腹を出して熟睡zzz
警戒心や不安な要素があったらそんな姿は見せてくれなかっただろう。

blog-pose-244


モモは安心できる家で今も微笑んでくれている。
私も笑顔でモモに話しかけないと。。。
 

子犬の広場へようこそ!



<< 店長のお店 >>
ブリーダー直譲子犬販売
“ ワンダーランド ”
↓  ↓  ↓



アンケートにご協力ください♪
↓  ↓  ↓

リンク集




ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」


あなたを犬に例えると?
↓  ↓  ↓
犬診断(いぬのきもち)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


モモ&モカも参加中です♪♪♪
  ↓  ↓  ↓
deco_blog_with2_net-5

コメントをご紹介♪
愛犬を登録しよう!



以前の記事
子犬の広場モバイル
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)