2015年03月

2015年03月30日

日に日に甘えん坊に・・・

モカがこんなに甘えん坊になるとは思っていなかった(^^ゞ

とにかくベタベタくっついてくるし一緒に遊びたがる。 モモは一人遊びを楽しんでいたりしたが、モカはオモチャを咥えて “遊ぼうよ!” とアピールしてくる。

今の我が家にとってはこのモカの甘えん坊度がちょうど良いのかもしれない。 もしモカがいなかったら本当に静かな家になっていると思う。 


モカのえらいところは家族の生活リズムをしっかり把握して、本当にダメな時や就寝の時間になるとサークル内の自分のベッドへもどってゆっくりするところ。 家の中のくつろぎスペース。

モカの場合はサークルが自分の部屋になり、その場所は自分だけの場所になった。 これからもサークルはそのままに使用するつもり。

blog-pho-056-2
 


モモの場合はイタズラが落ち着いた頃にサークルをしまってしまった。 寝る場所は和室の落ち着く場所に。 家の中の同じ場所ですが、モモの場合はのんびり外を眺めるときのお気に入りの場所だった。

blog-pho-056-1
 


同じポメラニアンの女の子。 もともとの性格の違いもあると思いますが、家族の接しかたやそのときの環境が性格形成に大きく影響する。

モモとの違いを感じながらモカの成長を見ているのは幸せ。
最近またまた家族の会話にモモの名前が出ることが多くなりました (^_^)






店長も経験したペットロス。
ペットロスについて真剣に考えます。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村 

 

2015年03月28日

伯父さんと父とモモの笑顔

先日、伯父さんが他界したと連絡がきた。 仕事が終わってすぐに長野へ。

父と仲がよく、とてもお世話になった伯父さん。 斎場には思い出の写真が飾られていた。 その中には我が家に遊びに来てくれたときの写真も。 写真には伯父さんと父とモモが、そして伯父さんとモモ。

伯父さんと父とモモの笑顔。 その写真を見ていたら 「遺影はこの時の写真を使ったんだよ」 と教えてくれた。 うまく表現できない悲しみと違う気持ち、伯父さんの楽しい思い出の中にモモがいたんだと知って。

080908-11



帰宅して父とモモに報告。

080910-11



これからはのんびりと。

父とモモに再会してくれたかな・・・。 






店長も経験したペットロス。
ペットロスについて真剣に考えます。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村 

 

2015年03月22日

モカの生まれた犬舎

昨日は子犬のお渡しもあってモカの生まれた犬舎へ。 ブログでモカの成長を見て 「モカのようなポメラニアンを迎えたい」 とご連絡をいただき、生まれるまで半年くらいお待ちいただいた。 見学いただいてから半月ぶりくらいのご対面、まるまる元気に育った男の子の姿に喜んでくれている光景を見て、モカを迎えに来たときの自分とダブらせてしまいました (^_^)


モカも生まれてから約2ヶ月、犬舎でブリーダーさんやスタッフさんたちの愛情を受けて育った。 モカは一人っ子だったので、離乳した頃から同じくらいの時期に生まれたトイ・プードルたちと遊んだりと一緒に過ごす時間をもうけていただいた。 もしかしたらモカは自分のことをトイ・プードルだと思っていたりして・・・(^^ゞ 

一人っ子だったりすると生まれの近い子犬と一緒に遊ばせたりして初期の社会化期を過ごさせてくれる。 2ヶ月の短い時間ですが、ブリーダーさんの考えかたでその時期の過ごし方も変わる。 良いことばかり言って実は・・・ なんてブリーダーさんも多くいるのが現状。 信頼できるブリーダーさんと出会うのって意外と難しい。


モカは約2ヶ月、人間に例えると幼稚園入園前までの時期を犬舎で過ごした。 私も東京で生まれ、2歳くらいに神奈川に引っ越してきたので似ているかな。 正直なところ東京で過ごしていた時期のことはほとんど覚えていない。 なんとなく覚えているのは幼稚園に行っていた頃のこと。 モカも犬舎で過ごしていた頃のことってあまり覚えていないのかもしれない。

モカを犬舎に迎えに行ったときの記念写真。

blog-pho-055



いろいろことを感じ考えながら成長しはじめる時期に我が家にきたモカ。 モカのなんとなくの記憶の始まりは我が家に来てからなのかななんて自分にダブらせて考えてみたり。 昨夜は帰宅後にモカと遊びながらいろいろ思ったりしました。

モカが生まれた犬舎。 いまモカを連れて行ったとしても 「ここはどこ?」 って感じになるでしょう (^^ゞ ブリーダーさんやスタッフの人たちに会えば 「なんか知ってる匂いだけど誰だっけ?」 感じるだろうけど。。。






店長も経験したペットロス。
ペットロスについて真剣に考えます。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村 

 

2015年03月19日

三代目バナナと食事回数

モカを迎えるために用意した、咥えて振り回せるサイズのバナナのかたちをしたオモチャ。 ボロボロになってしまったので新しいものを。 三代目バナナが今日デビュー (^_^)

blog-pho-054-1



楽しそうに遊んでいるのを見てホッとしたのを思い出します。

blog-pho-054-2
 


成長した今もお気に入り (^◇^)

blog-pho-054-3
 


そんなモカはもうすぐ1歳9ヶ月。 少し前から朝のゴハンにあまり興味を示さなくなりました。 モカのゴハンは朝と晩の2回でしたが、一昨日から夜の1回にしました。 モモも同じくらいの月齢でゴハンは1日1回になったのを覚えています。

モモの時は少し心配だったのでおやつをあげたりしてしまい、その結果モモは美食家になりドッグフードより美味しいおやつを要求するように。 その結果肥満への道を・・・。 反省しています。



子犬の時期は食べたエネルギーを蓄えることができないので、エネルギーがなくならないように食事を1日に数回あげなければいけない。 成長とともにエネルギーを蓄えられるようになると食事回数を減らしても大丈夫なんですよね。

注意しなければいけないのは1日の食事量は減らさないこと。 1回の量は多くなってしまいますが、残すようであれば様子を見て減らしてあげる。 小型犬の場合は食べない日が出てきたり、食べる量にムラが出てきたりする場合も。 犬たちが自分で食べる量を調整することもあるんです。

心配だからとおやつをあげすぎると、それでお腹がいっぱいになりドッグフード離れにつながってしまうこともあるので要注意! モモが太ってしまったときに友人である獣医師に怒られたときの厳しい言葉。

「おやつは人間の感覚。 犬たちは食べるもの全て主食! 太ってしまったのはモモちゃんの責任じゃないんだよ!」



モモが教えてくれた飼い主としての甘い考え。 モカを太らせたらモモに怒られてしまう。

モカはおやつもご褒美もドッグフードを数粒。 ドッグフード以外知らないのでとても喜んで食べてくれる。 モカはそれを不満に思っているのか? モカはドッグフード以外を知らないので不満は無いと思います。


私たち人間も犬たちも食生活って大切!

甘い考えは・・・(>_<)






店長も経験したペットロス。
ペットロスについて真剣に考えます。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村 

 

2015年03月16日

モモは不器用な性格

最近、我が家に来てくれた人からモモの名前が出ることが多い。 モカを見ながら 「モモちゃんとタイプが違うね」 なんて話してくれる。

モカはとにかくパワフルで、遊びに来てくれた嬉しさを全身で表わしながら猛アピールする (^^ゞ それに比べてモモは嬉しいんだけど、どこか遠慮しながらシッポを振っている感じ。 今考えるとモモは不器用な性格だったのかもしれない。 本当はモカのように全身で嬉しさを表したいんだけど、自分もしっかりしなきゃの気持ちが邪魔をしたのかも。

モカと暮らすようになったことで、あらためてモモのことがわかったような気がしてます。

blog-pho-053
 


モカが天真爛漫に育ってくれているのはモモのおかげもある。 モモは自分が成長しながら家族みんなを飼い主として成長させてくれた。 



今でもモモのことを思い出すことは多くあります。 モモが旅立つ日の朝は心配をかけないように仕事へ送り出してくれたこと。 体調が悪いのにその朝はしっかりお座りして、薬を飲ませるときは力強く 「また薬なの〜」 みたいな仕草もしてくれた。

そのときに様子が変だったら不安なまま仕事に向かっただろう・・・。

最後までモモは不器用で、しっかりしなきゃの気持ちだったんだと思います。 




モモは家族みんなの心の中で、出会った多くの人たちの心の中で笑顔を見せてくれているんですよね。 モモのことを思い出しながら話していただくと、とても嬉しい気持になるんです。。。






店長も経験したペットロス。
ペットロスについて真剣に考えます。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村
 

 

2015年03月14日

何かが変わった・・・

モカは精神的な部分で確実に成長しているのを感じる。 一緒にいるときのちょっとした行動やコミュニケーションのとりかた。 微妙なたくさんの変化。

モモが落ち着いてからの生活が頭に残っていて、しばらくはどうしても比較してしまった。 モモの子犬の頃と比べてもあきらかにお転婆なので 「落着きが出るまで時間がかかるかも」 と心配にもなった。

最近は2歳を迎える頃が楽しみ。

でも、モカは “マテ” も “オスワリ” も何もできません (^^ゞ “ダメ!” と怒られる言葉だけはしっかりと覚えてくれたみたいですが・・・。 モモはいつ頃に “マテ” を覚えてくれたっけ。。。 



モカと早朝のお散歩。 帰宅してモカと遊んだあとにゴロゴロしていたらいつの間にか寝てしまって、気がつくと朝になっていてモカに起こされる。 こんな早起きをした時は早朝のお散歩へ。

今日は工事が終わったモカの大好きな公園に立ち寄ったり。 早朝は子供達も遊んでいないので、モカが立ち寄っても迷惑をかける心配がない。 モカは新しくなった公園を確認するようにウロチョロ。 花壇の花のイイ匂いがするのかしばらくクンクンしてました (^_^)

blog-pho-052-1
 
blog-pho-052-2
 


モカは春を感じているのかな。

帰宅してからも庭で花の匂いをかいだりジッと眺めたり。 

blog-pho-052-3
 


そんなモカを見ていて 「夏までには “マテ” を覚えてもらうのを目標にしようかな」 って思いました。。。







店長も経験したペットロス。
ペットロスについて真剣に考えます。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村  

 

2015年03月09日

犬は飼い主を見て育つ

モモとモカは同じポメラニアンだけど、やっぱりそれぞれ個性がある。 日本人の特徴があるといってもそれぞれ個性があるのと同じで、犬の犬種による特徴も同じだと思います。

何度かブログでも書きましたが、環境も犬の性格形成などに大きく影響する。  それも私たち人間と同じなんだと思います。


犬は飼い主を見て育つ。 モモとモカの違いを感じるたびに強く思うこと。

モモは本格的に室内犬と暮らすのが初めてだった家族を見ていろいろなことを感じながら成長した。 甘えてきたりもしたけど、モモの中には 「ワタシもしっかりしなきゃ」 ってのがどこかにあったのかなって思います。 それがモモのストレスになったりというわけじゃないと思うけど、振り返るとそんなことを思わせる行動が多かったように思います。


モカは。 モモとの暮らしで室内犬と暮らすことに慣れていた家族のもとに来た。 家族にはモモとの暮らしで学んだ経験があったので余裕をもってモカを迎えられた。

その結果、本当に甘えん坊で自由奔放に (^^ゞ

私の腕を枕にして寝たり、お腹の上で寝たり、とにかくベタベタ (^_^)

blog-pho-051
 


モモは私が寝転んでいると近くに寝転んで一緒にゴロゴロしていた感じ。 同じ空間にいるだけで安心しているような。 部屋の中にモモがいつも寝ている大好きな場所もあった。 その場所に寝転んで家族の様子を見ながらくつろいでいた姿が今でも思い出されます。


モカを迎えてしばらくはどうしてもモモと比べて、モモのようにってなってほしいとどこかで思っていたような気がします。 でもいつの間にかその思いはなくなりました。 モモはモモ、モカはモカ。


子犬販売の仕事をはじめて10年を過ぎると、愛犬との別れを経験して、やっぱりまた犬を迎えたいと相談を受けることが多くなりました。  “似た子を” の気持ちは私もすごくわかる。 でも、その気持ちが強すぎると迎える子の個性を否定してしまうことにもなりかねない。

旅立った子と一緒に迎える子の個性を楽しむ気持ちで。


今でもモモにお線香をあげるときに遺影にむかってモカのことを話します。 「お前の妹はお転婆すぎるぞ (^_^)」 とか 「今日はあの公園に行ってきたよ」 みたいに。

モモは 「ワタシが飼い主として成長させてあげたからモカのお転婆に対応できているんだよ!」 って笑いながら言っているかもしれません。。。






店長も経験したペットロス。
ペットロスについて真剣に考えます。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村 

 

2015年03月07日

相手があることだから

今日はモカといつもの2倍くらいの距離を散歩。

blog-pho-050-1
 

モカの歩くスピードは私の小走りくらい。 小さいけれど歩くスピードはモモ以上なのでコントロールしながら。 モカも私の歩く遅さがわかっているようで無理に引っ張るようなことは無い。


歩くスピードは速いけれど、止まる回数もかなり多い。 気になるものがあると納得するまでクンクンと臭いをかいだり。 目を離すと気になったものを口にしちゃう可能性があるので注意しながら。

blog-pho-050-2
 

今日は初めてのコースに行ってみたので初めて会う犬友達も。 モカはジッと見つめてシッポを振ったり、後ろ足で立ち上がって 「はじめまして!」 のアピールをするので相手にも挨拶したいことが伝わる。 ほとんどの場合は近寄ってきてくれて 「こんにちは」 と挨拶をさせていただき、友好的だけどちょっと腰が引けて挨拶しているモカを受け入れてくれます。

でも、やっぱりそんな交流を望まない飼い主さんもいる。 それは雰囲気でわかるし、近づいても私が挨拶しようとしても飼い主さんと目が合わない (^^ゞ 愛犬がってより飼い主さんが・・・って感じ。

良いとか悪いとかではなく、いろいろな考え方があると思うのでそれは相手に合わせないと。 モカの飼い主として相手のことを察した行動をしないとモカが悪者になってしまうかもしれない。



いつもの公園の工事が終わりましたが、子供たちが遊んでいたので今日は通過。 モカは 「新しくなったんだ〜」 って思ったのか? 立ち止まってジッと見ていました (^_^)

blog-pho-050-3
 


愛犬との散歩もいろいろなルールってあると思います。

自己中にならないように気をつけないと・・・。



公共の場でも同じだと思います。 すべての人たちが犬好きではない。 犬が苦手な人だってたくさんいる。 道路だって歩道だって犬の散歩専用ではない。

ルールというかマナー?

マナー違反じゃないかなって思う飼い主さんをたまに見かける。



最近は自転車問題がとりあげられることが多い。 ルールを守った “自転車愛好家” の人たちは迷惑しているかもしれない。 一部のマナー違反が全体に迷惑をかけてしまう。

散歩や愛犬とのお出かけも自己中に行動すると自分以外の愛犬家の人たちに迷惑をかけてしまう。 犬の責任じゃなくて飼い主の責任!


気をつけなきゃ・・・。







店長も経験したペットロス。
ペットロスについて真剣に考えます。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村 

 

子犬の広場へようこそ!



<< 店長のお店 >>
ブリーダー直譲子犬販売
“ ワンダーランド ”
↓  ↓  ↓



アンケートにご協力ください♪
↓  ↓  ↓

リンク集




ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」


あなたを犬に例えると?
↓  ↓  ↓
犬診断(いぬのきもち)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


モモ&モカも参加中です♪♪♪
  ↓  ↓  ↓
deco_blog_with2_net-5

コメントをご紹介♪
愛犬を登録しよう!



以前の記事
子犬の広場モバイル
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)