2006年06月17日

子犬価格の基準って・・・

子犬の価格はどのように決定されるの? 多くのかたが疑問に思っているのではないでしょうか。

最近はショップでの激安販売やネットでの安価販売、そしてネットオークションや個人売買など本当に多くの情報が氾濫しています。

価格には必ず理由があります。 それは子犬の場合だけではなく、売買されているもの全てそうではないでしょうか。

「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、犬の世界も例外ではありません。 しかし、犬の世界は「悪い」ではなく「理想とされる基準(犬種のスタンダード)と違っている」場合や「繁殖者の育てかたや環境がマイナス要素」などの場合が多くなります。

 

子犬の価格は

□犬質(犬種のスタンダードを基準とした評価)

□人気(犬種、毛色や性別など)

□希少性

□血統(血筋)

□ブリーダー(犬舎)の実績、評価

□流通方法(流通経費)

等の要素で決定されます。

 

例えば人気のチワワやダックスフンド。 ペットショップ等が多く利用している業者が売買する生体市場では犬質や条件によって同じ犬種でも数千円〜数十万円まで差が出ます。

また、血統(血筋)などにこだわる場合はこのような場での売買は少なく価格も全く違ってきます。 

店舗販売の10万円と当店のようなブリーダー直譲店での10万円では価格の内容が全く違ってきます

店舗販売の場合は店舗維持の家賃や人件費等の経費がかかってしまう、また店舗販売のほとんどは子犬の仕入れが先行するためロスも出てきます。

仕入れた子犬が全て販売できるとは限らないので店舗販売の価格は経費やロスを考えた価格設定となります。

犬の業界だけでなく他の業界でもトラブルにはほとんどの場合「安かった」というキーワードが出てきます。 耐震偽装の問題もそうでしたよね・・・

子犬価格 = 子犬の評価額

価格だけで簡単に判断するのではなく、価格の内容を把握することが子犬探しにも大切です。

 



wanderlandwan at 03:36コメント(0)犬関連の記事  この記事をクリップ!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
子犬の広場へようこそ!



<< 店長のお店 >>
ブリーダー直譲子犬販売
“ ワンダーランド ”
↓  ↓  ↓



アンケートにご協力ください♪
↓  ↓  ↓

リンク集




ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」


あなたを犬に例えると?
↓  ↓  ↓
犬診断(いぬのきもち)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


モモ&モカも参加中です♪♪♪
  ↓  ↓  ↓
deco_blog_with2_net-5

コメントをご紹介♪
愛犬を登録しよう!



以前の記事
子犬の広場モバイル
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)