2006年06月19日

ホワイトじゃないけれど

きれいなクリームのダックスフンド、ホワイトという毛色がない犬種ですがホワイトって言いたくなるくらいです。

0617-11画像のダックスフンドは小ぶりな感じの女の子と人気の条件がそろっている。 そして、お鼻や足裏のパットが真っ黒と色素もバツグン!

やっぱり好条件がそろった子犬は価格も安くありません。

子犬の毛色はブリーダーの判断で登録されますが、高く売りたいためにゴールドっぽい場合もクリームにしてしまうブリーダーやショップの判断で登録毛色を変更してしまう場合があります。

0617-22これが子犬販売の世界の裏側、表示の毛色だけでなく実際の毛色を確認することも大切なんです。

ダックスフンドだけでなくプードルなども同じ、「えっ」と思う毛色で登録され店頭やネットで表示されているのを多く見ます。

良いといわれている条件と健康状態は全く別です。 例えばクリームのダックスフンドで色素が弱くても健康状態にはほとんど関係ありません。

しかし、価格を設定する上では安くなる要因の1つになります。

価格が決まる基準や要素を知っておくと氾濫する多くの情報に惑わされないかもしれません。

 



コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
子犬の広場へようこそ!



<< 店長のお店 >>
ブリーダー直譲子犬販売
“ ワンダーランド ”
↓  ↓  ↓



アンケートにご協力ください♪
↓  ↓  ↓

リンク集




ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」


あなたを犬に例えると?
↓  ↓  ↓
犬診断(いぬのきもち)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


モモ&モカも参加中です♪♪♪
  ↓  ↓  ↓
deco_blog_with2_net-5

コメントをご紹介♪
愛犬を登録しよう!



以前の記事
子犬の広場モバイル
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)