2007年02月22日

なぜポメラニアン

モモ(ポメラニアン)が我が家にやってきたのは約6年前。 その頃私は美容関係の営業マン、まだ子犬販売の仕事は始めていませんでした。

070221-01モモはスピッツ顔で白と茶の混じった毛色、評価の高いポメラニアンの姿からはちょっと離れていますがそれもモモの個性。 私はそんなモモが大好きなのです!

なぜポメラニアンを飼うことを決めたのか・・・

私は幼い頃からポメラニアンの活発な性格とフワフワした被毛の感じ、そして立ち姿が大好きで「いつかはポメラニアンを飼いたい」と思っていました。

「ポメラニアンを飼いたい」という気持ちだけでなかなか前に進まないときに出会ったのが友人の飼っていたリッチ君(ポメラニアン)。

どう接したらよいか戸惑っている私にシッポを振って近寄ってくれて、ペロペロと舐めながら挨拶をしてくれる。 そして楽しそうに動き回る姿や甘えん坊な様子は私にきっかけを与えてくれました。

よく「犬を飼うと別れ(亡くなったとき)が辛い」と言うかたがいますが、愛犬って人間より短い一生を一生懸命生き、飼い主さんに多くのものを与えてくれて旅立って行くのだと思います。

私も前愛犬ポケットを亡くしたときは本当に辛くペットロスになってしまいました。

070221-02でも、そんな精神状態から復活させてくれたのがモモ。 モモを我が家に迎えることが決まったことと、迎えてからの天真爛漫さが私を救ってくれたんです。

旅立ったポケットもモモを迎えたことを喜んでくれていると思います。 自分が旅立ったことで私がペットロスに陥っていることは望んでいなかったと思うし。

なによりモモを迎えたことでポケットの思い出がより強くよみがえって来た。 良い意味で違いを比べることで「悲しい記憶」が「楽しかった思い出」に変化をしたんです。

いつかはやってくる愛犬との別れ。 でもそのことを考えてしまったら犬を飼うことはできないと思います。

ロボットやシュミレーションゲームで「犬を飼っている疑似体験」をするのも良いと思いますが、実際に犬を飼うって全く違う。

犬を飼うことは苦労や悲しみもありますが、それ以上の喜びや楽しい日々を愛犬はもたらしてくれると思うのです。

 



コメント一覧

1. Posted by のり   2007年02月22日 10:12
初めまして☆
私はペットの専門学校に通っているものです。
ペットとの別れ(死)が辛いから飼いたくないという人いますよね。
でも、別れの瞬間が一番感動的で今までの思い出がよみがえってくると思います。映画のエンディング、ドラマの最終回も感動的のように(。。>∩<)
ペットは癒しや安らぎを与えてくれます。そして、命についても考えさせてくれます。
最後の別れの時まで大切に飼いたいですよね。
長々とすみませんでしたm(__)m
モモちゃん可愛いですね♪
私もポメ大好きです(-^〜^-)
2. Posted by 店長   2007年02月23日 04:07
のりさんはじめまして。
犬って人間社会で最近忘れかけている大切な何かを思い出させてくれるんですよね。
「この飼い主さんに迎えられて幸せだった!」って思ってくれるように愛犬と暮らすのがお互いに幸せなのかもしれません。。。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
子犬の広場へようこそ!



<< 店長のお店 >>
ブリーダー直譲子犬販売
“ ワンダーランド ”
↓  ↓  ↓



アンケートにご協力ください♪
↓  ↓  ↓

リンク集




ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」


あなたを犬に例えると?
↓  ↓  ↓
犬診断(いぬのきもち)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


モモ&モカも参加中です♪♪♪
  ↓  ↓  ↓
deco_blog_with2_net-5

コメントをご紹介♪
愛犬を登録しよう!



以前の記事
子犬の広場モバイル
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)