2011年09月18日

早いものでもう5年

動物取扱業登録の更新の連絡が来た。
動物愛護管理法の改正にともなって登録してからもう5年。

この5年間で何が変わった???

ここからは私の個人的な意見。

良い方向へすすんだと思うことはほとんど無かった。幼齢販売は改正当時と比べて変わっていない。もしかしたら悪く(ますます若い月齢で取引されている)なっている。日本で主流の店舗販売(子犬や子猫を仕入れてお店で展示して販売する)を保護して行くと思われる内容も多いので、自身では販売しないで生体オークショーン(業者が売買する市場)を利用するブリーダーが増えた気がする。


インターネットがこれだけ普及しても、ネットを利用し子犬情報を提供し、実際に子犬を犬舎で見ていただく販売方法はインターネット通販のくくりに入れられてしまう。 生まれた犬舎で子犬を見てもらって、生まれた犬舎から飼い主さんのもとへの流れは日本ではなかなか受け入れられない。


“譲渡の月例規制を!” っていったい何年前から言われ、何年前から問題視されているんだろう?


5年の更新時期。
ここまで何も変わらないとは当時は想像していませんでした。。。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
子犬の広場へようこそ!



<< 店長のお店 >>
ブリーダー直譲子犬販売
“ ワンダーランド ”
↓  ↓  ↓



アンケートにご協力ください♪
↓  ↓  ↓

リンク集




ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」


あなたを犬に例えると?
↓  ↓  ↓
犬診断(いぬのきもち)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


モモ&モカも参加中です♪♪♪
  ↓  ↓  ↓
deco_blog_with2_net-5

コメントをご紹介♪
愛犬を登録しよう!



以前の記事
子犬の広場モバイル
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)