2013年01月30日

「体罰」って・・・

「体罰問題」に関しての感じかたって本当に人それぞれかもしれない。
年代によっても違うだろうし・・・。

ココからはあくまで私の個人的な考えです。。。

私自身は体育会系の高校に通っていたので 「体罰」 と思ったことは無かったが、痛い思いをしたりいろいろな光景を見てきた。 “縦社会” の構図が高校内にあったし、それが伝統のようになっていた部分もあった。

私は 「自分がやられて嫌だったことは下級生にしない」 って感じだったので “甘い” なんて思われてもいた。 でも、私はそんな伝統的な “伝えかた” が嫌でした。。。


「犬のシツケ」、「訓練」 にも同じようなことがあるように思う。
言葉が通じない “犬” だからこそその人の考えが出るのかもしれない。

私は以前、不安から暴れ出した柴犬を押さえつけた経験がある。
柴犬の本気の力はかなり強力! 噛まれないように気をつけながら体重をかけ、柔道の袈裟固めのようにして柴犬を押さえた。 そして柴犬の目を見て 「大丈夫!大丈夫だから!」 と言い聞かせるように言い続けた。

少しして落ち着きはじめ、大丈夫だって感じた時にかけていた体重をゆるめ、柴犬の体をさすりながら 「大丈夫だから!怖かったか?」 なんて目を見ながら話す。

言葉は通じなくても、目をしっかり見て態度で示すと何となく感じてくれる。 「暴れるな!」 なんてたたく必要もない。 たたけば恐怖が増すかもしれない。


モモに怒る時も・・・。
たたいたことは無い。 モモは小さいから両手でモモの動きを止める。 ジタバタして嫌がっても逃がさない! コワイ顔でモモの目を見て低い声で 「ダメ!」 と言う。 モモの目をコワイ顔でジッと見ているとモモが反応する。 「ごめんなさい」 って言っているような表情をしたり・・・。

最近は怒られるとわかるとモモは目を合わさない。 モモの目を追うと目が合わないようにモモは顔を動かす。

自分がダメなことをしたことにモモも気づいているんだろう。


“痛さ” で教えなくても通じる。 と私は考える。。。


本当の良い関係って “痛さ” ではなかなかつくれないような気がする。
その痛さに相手が “愛情” を感じてくれるケースは少ないような気がする。


私はモモと良い関係でいたい。

blog-pose-228


“痛さ” ではなくても気持ちが通じる関係に。。。


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
子犬の広場へようこそ!



<< 店長のお店 >>
ブリーダー直譲子犬販売
“ ワンダーランド ”
↓  ↓  ↓



アンケートにご協力ください♪
↓  ↓  ↓

リンク集




ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」


あなたを犬に例えると?
↓  ↓  ↓
犬診断(いぬのきもち)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


モモ&モカも参加中です♪♪♪
  ↓  ↓  ↓
deco_blog_with2_net-5

コメントをご紹介♪
愛犬を登録しよう!



以前の記事
子犬の広場モバイル
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)