子犬の情報

2014年11月20日

ブルーマールのボーダー・コリー

HPに掲載予定のボーダー・コリー、毛色はブルーマール。

濃淡の毛色が混じったボーダー・コリーでは珍しい毛色。 ブルーマールのシェルティはたまに見かけますが、お散歩しているボーダー・コリーのブルーマールはまだ見たことがない (^^ゞ

ダックスフンドだと “ダップル” って表現する感じの毛色。 シルバーダップルとかチョコダップルとか。



柄の感じは本当にみんな違って個性的ですが、掲載予定のボーダーちゃんのお顔はこんな感じ (^_^) 眼はブルーアイ。 目の色を気にする方もいますが、健康や生活には問題無いのであくまで好みの問題。

blog-pho-034-1



体はこんな感じ。 フルカラーで上品な雰囲気。 フルカラーとは首のまわりの白い柄の部分が切れて無くつながっていること。 ぐるっと首まわりを一回りしていることなんです。 人気の要素の一つになります。

blog-pho-034-2




元気で懐っこかったですよ! なかなかジッとしてくれないので抱っこした状態の撮影。 体の丸々した感じが画像で伝わればよいのですが。 ずっしりとした重量感もあって元気いっぱい。



希少なブルーマールなのでペットショップさんからも狙われている(>_<) その期日が迫った時期での撮影になってしまいましたが、迎えてくれる飼い主さんが現われてくれるのを待つばかり。 当店のような形態の同業者さんも情報を出しているので、できれば直接飼い主さんのもとに行ってもらいたい。

ペットショップに仕入れられるとどこの店舗に行くかわからない。 関東以外の場所かもしれない。 今は犬舎でお腹いっぱい食べているのにショップに行ってしまうとそれも制限されてしまう。 チェーン店ならお客さんが 「見たい」 と言えば転々と店舗を移動させれれてしまう。


市場(オークション)の雰囲気やペットショップでの生活は覚えなくても、経験しなくても犬たちには全く問題無い。 できれば知らないほうが良いのかもしれない。

我が家のモカはそんな多くのストレスを知らないのでノビノビしすぎですが (^^ゞ



まだまだオークションを経てペットショップへ行き飼い主さんに迎えられる子犬のほうが圧倒的に多いのが日本の現状。 犬業界はこの昔ながらの流通を見直そうって雰囲気が全く無い。 中途半端な譲渡の月例規制ができたから市場(オークション)では当たり前のように生年月日が偽装された子犬たちが取引されている。 でも、その偽装を第三者が証明することは困難。 生まれた正確な日はブリーダーしか知らない。

仕入れるショップさんは大歓迎。 小さいからお客さんに喜んでもらいるし、偽装の責任はブリーダーだから疑問に思ったとしても知らん顔で仕入れられる。 ブリーダーは世話する日数が減るし小さいほうが高値がつく。



「証拠もないのに嘘ばかり書くな!」 って言われちゃうかな・・・。

各地で開催されている業者向けの生体市場(オークション)をオープンにすれば白黒はっきりすると思いますが。 絶対に無理でしょうね。。。






店長も経験したペットロス。
ペットロスについて真剣に考えます。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村



wanderlandwan at 00:55コメント(0) この記事をクリップ!

2014年11月10日

片パンチ、可愛いパイドの女の子

モカが生まれた埼玉県の犬舎へ。 約束をして向かったのですが、ブリーダーさんが風邪による体調不良だったのでお願いした子犬の撮影をしてすぐに帰宅することに。(お願いした子犬以外も2頭撮影しましたが・・・) 生年月日などの詳細は後日確認することを伝え、ゆっくり休んでいただくようにとお話ししました。

私も風邪が治ったばかり。 体調不良のときにいろいろ話すのってやっぱりツライと思うので。

モカが生まれた埼玉の犬舎の子犬情報はネットには出ていません。 少し前までは当店がネットに掲載させていただいていましたが、いろいろと話して今はお問い合わせがあったときにご希望の子犬が生まれていれば撮影して見ていただくかたちに。 そして後日子犬見学で実際に確認いただく。


ネットの情報を見てアポイントなしに直接犬舎に向かうかたが増えたのも要因の1つ、犬舎の作業に支障が出たりしてしまったんです。 インターネットの普及で、自身でネットを通じて子犬を販売するブリーダーも増え、当店のような販売店を窓口にするブリーダーも増えましたが、インターネットには出ない子犬の情報のほうがまだまだ多い。

ブリーダーの中にはペットショップの店舗に行くような感覚で犬舎を訪れる人が増えたため、子犬を探している人へ直接販売することをやめてしまった人も多くいます。 子犬たちはオークション、そしてペットショップの店舗を経由して飼い主さんのもとへ行くようになってしまった・・・。



モカが生まれた犬舎(ブリーダーさん)はインターネットが普及する前から犬の繁殖を行っているので業界での信頼も厚い。 ペットショップの店舗を経由する場合もありますが、店頭での価格は当店が掲載した場合の2〜3倍くらい (^^ゞ でも、すぐに飼い主さんが決まってしまうみたい。

昨日はキャバリアの撮影が目的でしたが、せっかくだからと体調不良にもかかわらずフレンチ・ブルドッグとボストン・テリアを撮影させていただけました。 フレンチ・ブルドッグは人気で希少の片パンチの女の子。

141108-fre-pam-11



フレンチ・ブルドッグに関してはお顔の柄が左右非対称でもカワイイと人気がある。 でも最近は左右対称のととのった柄が多い感じがする。 パンチをされて目のまわりが黒くなったような感じ (^_^)



多くのかたにお待ちいただいているモカのようなポメラニアンのクリームの女の子はいまだ生まれず。 オレンジのポメラニアンは生まれているので画像のお届けができたのですが・・・。

生まれてみないと性別や毛色はわからない。


ぱっぱり便利に家の近くで今すぐとなるとペットショップの店舗で子犬を探すってなってしまうのかな。。。






店長も経験したペットロス。
ペットロスについて真剣に考えます。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村



wanderlandwan at 09:00コメント(0) この記事をクリップ!

2014年10月22日

少し小ぶりな感じの男の子

今日は子犬の撮影を行いました。

撮影したのはミニチュア・ダックスフンド、ペキニーズ、フレンチ・ブルドッグ。 これから画像の編集をしてHPの更新作業・・・。 明日の朝までには更新作業が終わるかな・・・(^^ゞ


画像は掲載予定のフレンチ・ブルドッグの男の子。
可愛らしいお顔で少し小ぶりな感じ。

blog-pho-028



母乳をたっぷり飲んでスクスク育っているので体は丸々して元気いっぱい♪
子犬の撮影のときには体つきなどをしっかり確認します。



今もあるのかな? 「子犬の探しかた」 みたいな本。

私も初めてポメラニアンをさがす時には買って一生懸命読みましたが、今思うといい加減なことばかり書いてあった(+_+) 実際に多くの子犬を見て、ブリーダーや獣医師などといろいろな話しをしたりて自分なりに勉強?してみると気がつく。


そのような “良い” とアピールされている基準は子犬を仕入れて店舗などで販売するペットショップが良いとアピールする基準と似ている。

今は子犬の探しかたが大きく変わった。 でも、ペットショップはその基準に合わせるように仕入れた子犬たちを育てる・・・。 ブリーダーがどれだけしっかり育てても、仕入れられた後の育てかたで変わってしまう。 とても大切な時期なのに、健全な成長よりも販売が優先されるのが日本のペットショップの現状。


悪い方向に進んでいる? 10年くらい前よりも、オークション(生体市場)などを経由してペットショップに仕入れられる子犬たちは幼齢で大切な時期に過酷な環境で育っている気がします。。。






店長も経験したペットロス。
ペットロスについて真剣に考えます。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村



wanderlandwan at 23:45コメント(0) この記事をクリップ!

2014年10月09日

母犬が丸刈りでビックリ!?

ブリーダーのもとで子犬見学をすると親犬を見ることもできる場合がある。 親犬が見れるから安心ってわけでもないし、見れないから不親切ってわけでもない。

父犬は違うブリーダーのもとにいる場合も多いし、母犬は産後のデリケートな時期だし体型も変わっているので、ブリーダーによっては子犬をしっかり見る見学になることもある。

大切なのは子犬をしっかり見ること! なぜか「親犬が見れると安心」って思われているかんじですが、ブリーダーが子犬情報を出している某サイトでも「親犬が見れるから安心ってわけではない」と記載されている。 これは本当にそのとおりだと思います。

中には“安心させるための偽の母犬”を見せるブリーダーもいる。



母犬を見れた場合も、丸刈りの姿だったてことも。 お産や子育てを考えて被毛を短くすることも多い。 今の我が家のモカみたいに (^^ゞ

先日も子犬見学のときに母犬を見ていただきましたが丸刈り。 見ていただく前にお話しはしたのですが、ちょっとビックリされていました。


昨日掲載したビションちゃんのママも短毛に。

q-141008-bis0910who-21



母犬には子育てに専念できるように。 ブリーダーさんっていろいろ考えて親犬たちを育てているんですよね。

子犬見学のときに母犬が丸刈りでも驚かないでくださいね。 それには意味があるんです。。。






店長も経験したペットロス。
ペットロスについて真剣に考えます。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村




wanderlandwan at 15:43コメント(0) この記事をクリップ!

2014年10月02日

初めて犬を飼うなら安心かも

初めての子犬探し。 イメージするのは生後2ヶ月くらいの子犬の姿。

生後2〜3ヶ月くらいは赤ちゃん体型で可愛らしいけど、まだまだ不安定な時期でもある。 注意するポイントをしっかり守れば問題は無いのですが、ちょっと不安に感じてしまう場合もあるんじゃないかと思います。

そんな場合は少し成長した子犬を迎える方法もあります。 でも、探そうと思うと意外と情報が少なかったり。 タイミングもあるんですよね。


家の雰囲気に慣れたらお散歩デビューがすぐにできるような月齢。 無理してお散歩デビューしなくてもよいし、なにより体調面の不安定さが少ないので、初めて犬を飼う場合は安心かもしれません。

そんな月齢のヨークシャー・テリアとトイ・プードルの撮影を今日行いました。

blog-pho-023



とにかく元気 (*^_^*) 画像はヨーキーちゃんですが、ブリーダーさんのもとでのびのび育っているのでシッポふりふりで愛嬌タップリ! 基本的なシツケをブリーダーさんが行っているところも安心材料。


モカがこの場にいたら一緒に楽しそうに遊ぶだろうなって思いながら撮影。

ブリーダーさんのもとで仲間たちと暮らしているので犬同士のコミュニケーションもしっかりできている。 楽しそうに動き回るヨーキーちゃんたちを見ていたら、幼少期を過ごす環境の大切さをあらためて感じました。。。







店長も経験したペットロス。
ペットロスについて真剣に考えます。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村



wanderlandwan at 00:05コメント(0) この記事をクリップ!

2014年09月21日

そろそろ寒さ対策が必要に

朝晩はちょっと肌寒くなってきました。

これからの季節、子犬を迎える予定がある飼い主さんは寒さ対策を考えてあげてください。 生後2ヶ月くらいで迎える場合が多いと思いますが、その月齢はまだまだ自分自身での体温調整が苦手な月齢。 肌寒ければ母犬に寄り添ったり、兄弟たちと重なり合って暖をとる月齢。

ペット用ヒーターは汚れたときに洗いやくす、コードの部分がしっかり保護されているものがオススメ。 コードのヒーター部分に近いところが保護されていると、イタズラでガジガジ噛んでしまっても安心です。


ヒーターがちょっと暑いと感じれば子犬はそれを避けて寝る。 でも、暖かい場所があると覚えると寒くなった時にはヒーターの上で寝てくれます。 サークルの中で暖かい場所をつくってあげるのはこれからの季節は大切! 風邪をひかないように気をつけてあげてくださいね。

あと、サークルから出て遊んでいる時にフローリングの上でお腹を床につけて寝てしまったりすると、お腹が冷えて体調を崩してしまうこともあります。 最低でも生後4ヶ月くらいまでは注意してあげたほうがよいと思います。



我が家のモカは2度目の寒い季節。 昨年はペット用のヒーターを使ったり、サークルの中のベッドをフカフカで体を包み込んでくれるようなものにしました。

blog-pose-262




今年は暑さ寒さにも対応できるようにあまり過保護にし過ぎないように1年を過ごしたので、ペット用のヒーターは使わないかもしれません。 でも、モカが暖をとれる場所はちゃんとつくってあげるつもりです。

モカのお転婆でボロボロになった畳の上にはカーペットを敷く予定。

blog-pho-019-2



おかげさまで反抗期のような “オシッコを畳の上でして逃げる” こともなくなりました (^^ゞ

blog-pho-019-1




季節に対応できる体にが理想ですが・・・。 それはある程度成長してから。

成長記の不安定な時期はしっかりケアしてあげることが大切です。。。






店長も経験したペットロス。
ペットロスについて真剣に考えます。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村



wanderlandwan at 23:55コメント(0) この記事をクリップ!

2014年09月18日

画像だと大きく感じちゃう!?

子犬見学で実際に子犬とご対面いただくと、その小さくて丸々した体を見て「思っていたより小さいし、体がふっくらしていてカワイイ」と感想をいただくことが多い。

画像のビーグルちゃんも、大きさを例えると体長は500mlのペットボトルくらい。

q-140917-big0820btm-21



テレビなどで見ている有名人に実際に会うと、思っていたより小柄に感じることが多いのと同じかな。。。





店長も経験したペットロス。
ペットロスについて真剣に考えます。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

wanderlandwan at 20:18コメント(0) この記事をクリップ!

どっちに似ても可愛らしい

8月23日に生まれたミックス犬の情報をHPに掲載しました♪

まだあまり動きの無い月齢で目もぼんやりですが、母乳をしっかり飲んでまるまる育っている感じは伝わるんじゃないかと思います (*^_^*)


父犬はマルチーズで母犬はポメラニアン。 お顔の感じは今のところポメラニアンっぽい感じですが、よく見るとマルチーズの雰囲気も。 毛色はクリームっぽい子とウルフセーブルっぽい子。

マルチーズの場合もこの月齢の頃は白い濃淡があるのですが、生まれている子犬はホワイトというよりもクリーム&ホワイト。 成長とともに被毛が生え変わるともしかしたら単色のようになるかもしれません。

140917-mix0823cro-11



140917-mix0823crm-12



ウルフセーブルっぽい子は成長とともに黒い差し毛が無くなって行くので、全体的にもっと明るい感じの毛色になると思います。 口まわりや耳のふち、シッポの先などに黒い差し毛が残りそう。

140917-mix0823seo-12




マルチーズとポメラニアン。 どっちの特長が出ても可愛くなりそう!

成長が楽しみです。。。






店長も経験したペットロス。
ペットロスについて真剣に考えます。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村



ポメラニアンが大好きなんです♪
ポチッとクリックでモモ&モカを応援してくださいね o(^-^)o
  ↓  ↓  ↓
deco_blog_with2_net-1




wanderlandwan at 10:00コメント(0) この記事をクリップ!

2014年09月12日

何かを感じる!?

ワンダーランドはブリーダーのもとで育っている子犬の姿を見ていただき、お渡しが可能な月齢でお迎えいただく。

多くの場合はお渡しまで少しお待ちいただくことに。

PSX_20140820_170024



お渡し方法はブリーダーのもとにお迎えに来ていただくか、ご自宅等までお届けをさせていただくかを選んでく。 当店の場合はお届けが8割くらい。


基本的には私自身がお届けする。

生まれ育ったブリーダーのもとを離れるときのちょぴり不安そうな様子。 移動中は寝てしまう子犬がほとんどですが、寝るまでの様子はいろいろ。

不安で落ち着かない感じの時は、子犬が少しでも安心してくれればといろいろ話しかける。

まぁ理解はできないだろうが、「心配しないで大丈夫♪」の雰囲気になるように。 まわりから見ると笑ってヒトリゴトを言いながら運転しているアヤシイオジサンかもしれない(^^ゞ


寝ていた子犬って、不思議と飼い主さんが待つ“我が家”が近づくとソワソワし始める。 何かを感じるのかな?


私は子犬の期待に満ちたソワソワを見るのが好きだし、なんか嬉しくなる(*^.^*)

この週末も、こんなソワソワを見ながら幸せな気持ちになれそう。

そして、ピカピカの自分の部屋(サークル)の中で、ちょっと緊張しながら探検?する姿も大好き。


沢山の幸せパワーを子犬たちからもらってます♪






店長も経験したペットロス。
ペットロスについて真剣に考えます。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

wanderlandwan at 19:37コメント(0) この記事をクリップ!

2014年08月21日

ブルーとイザベラ

犬って犬種によって代表的な毛色と珍しい毛色があったりします。 毛色って目安はありますが、絶対的な色見本があるわけではなく、微妙な場合はブリーダー(登録者)の判断。

迷った場合などは血統書の発行団体にアドバイスをもらったりする場合も。

毛色は血統書発行後も変更ができる項目なので、微妙な場合にペットショップが高く売れる毛色に変更するようブリーダーに要請することも少なくない。

迎える子犬は自分でしっかり見るのが大切。。。



今回ホームページに情報を掲載したブルー&タンとイザベラ&タンのダックスフンドちゃんも珍しい毛色♪


ブルー&タンは、イタリアン・グレーハウンドのブルーよりは濃い感じでタン柄(眉)は薄茶。

q-140820-dak0725bum-13



イザベラ&タンはチョコのようなカフェオレのような・・・タン柄(眉)は薄茶。

q-140820-dak0725izo-21



どちらも光の加減で受ける雰囲気がちがう微妙な毛色。 好き嫌いがはっきり別れちゃうかな(^^ゞ


雰囲気の違うダックスフンドちゃんもカワイイてすよ (*^.^*)






店長も経験したペットロス。
ペットロスについて真剣に考えます。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

wanderlandwan at 15:38コメント(0) この記事をクリップ!
子犬の広場へようこそ!



<< 店長のお店 >>
ブリーダー直譲子犬販売
“ ワンダーランド ”
↓  ↓  ↓



アンケートにご協力ください♪
↓  ↓  ↓

リンク集




ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」


あなたを犬に例えると?
↓  ↓  ↓
犬診断(いぬのきもち)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


モモ&モカも参加中です♪♪♪
  ↓  ↓  ↓
deco_blog_with2_net-5

コメントをご紹介♪
愛犬を登録しよう!



以前の記事
子犬の広場モバイル
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)